残業時間の減少で変化する「人材の長期育成」と影響が見られない「社員の士気」

 ヴォーカーズは、「10万人の社員クチコミによる『働き方改革』検証」と題した調査結果を10月19日付で公表した。

 調査は、同社が運営するサイト「Vorkers」に投稿された回答時現職の社員による残業時間10万3136件(集計期間は2014年1月~2017年10月)ならびに、2014年と2017年に同サイトへ投稿された会社評価レポート1万2104件をもとに集計したもの。なおVorkersが取得している残業時間は、企業が計測している残業時間ではなく、社員自身が認識している残業時間となるため、サービス残業が含まれたものとなっている。

 月間の平均残業時間については、2017年が32時間。2014年以降は継続して減少傾向が続き、2014年の44時間と比較すると月間12時間の減少となっている。

平均残業時間推移
平均残業時間推移

 残業時間が減少し始めた2014年から2017年の間に、「10時間以上残業が削減できた企業」と「残業が削減されなかった企業」における、残業時間削減による就業環境の変化も比較。「人材の長期育成」の指標においては、10時間以上削減できた企業が6.2%で、削減できなかった企業が1.6%と、評価の上昇率に大きく差が見られる結果となった。これについて同社では、長時間労働の是正により、社員の会社に対する「長く働いていける」という感覚を高めたことが評価につながったものと分析している。

残業時間削減による就業環境の変化(全体)
残業時間削減による就業環境の変化(全体)

 さらに女性からの評価に絞った場合、人材の長期育成に加えて「風通しの良さ」でも大きく差が出る結果となった。社内の風通しと長く働いていけるという感覚においては、10時間以上の残業時間削減が女性に与える影響の大きさが伺えるとしている。

残業時間削減による就業環境の変化(女性)
残業時間削減による就業環境の変化(女性)

 また、残業時間の減少によって、人材の長期育成と風通しの良さについてはポジティブな変化がみられたという一方で、やる気を示す「社員の士気」においては明確な影響が見られず、単に残業を減らすだけでは、社員のモチベーションアップにはつながらないことが伺えるとまとめている。

「経営層が必要性を感じていない」–中小企業の働き方改革の実感に世代差

 ビジネスチャット「LINE WORKS」を展開しているワークスモバイルジャパンは、10月19日付で「中小企業の働き方改革意識・実態調査」と題した調査結果を発表した。対象としたのは、18~59歳の中小企業に勤める正社員で、9月15日から10月2日までインターネット調査を実施。サンプル数は825(男性539名、女性286名)としている。

 中小企業の約4割が働き方改革や、それに類する取り組みをしていると回答。取り組む目的は「長時間労働の是正」が66%でトップ。「社員のスキルアップ」(39.6%)、「労働生産性の向上」(32.8%)、「社員間コミュニケーションの円滑化」(31.3%)と続いている。

働き方改革の目的
働き方改革の目的

 具体的な取り組み内容としては、「時間外労働の上限設定」が46%でトップ。続いて「社員のスキルアップ施策(資格取得奨励制度、勉強休暇制度)」(31%)、「多様な勤務時間の導入(朝方勤務、時短勤務、フレックスタイムなど)」(26.1%)と続いている。

具体的な取り組み内容
具体的な取り組み内容

 効果の実感については、「効果を実感している」は38.2%、「どちらでもない」が39.9%、「効果を感じていない」27.3%という結果に。また働き方改革の効果を最も実感しているのは、社会人経験3年から5年未満の社員で、44.7%が「効果を実感している」と回答。最も効果を実感していないのは、社会人経験30年以上の社員で、86.4%が「どちらでもない、効果がないと感じる」としており、世代によって分かれている。

働く方改革の効果の実感
働く方改革の効果の実感
社会人経験年数別の効果の実感値
社会人経験年数別の効果の実感値

 また働き方改革やそれに類する取組みを「していない」と回答した中小企業の社員に対して理由を調査すると、43.9%が「経営層が必要性を感じていないから」という結果になったとしている。

働き方改革をしていない理由
働き方改革をしていない理由
働き方改革のために導入しているITツールについて
働き方改革のために導入しているITツールについて

顔の表情で動かせるロボティックボール「Sphero Mini」–開封からセットアップまで

スフィロは10月20日、無料のスマートフォンアプリ(iOS/Android)を利用して操作できるロボティックボール「Sphero Mini(スフィロ ミニ)」の販売を開始した。ピンポン玉サイズのロボットボールで、小さいが意外とハイテクなおもちゃなのだ。Spheroのプログラミングアプリ「Sphero Edu」 に対応し、科学・技術・工学・数学(STEM)教材としても使用できるのもポイントだ。

スフィロは10月20日、無料のスマートフォンアプリ(iOS/Android)を利用して操作できるロボティックボール「Sphero Mini(スフィロ ミニ)」の販売を開始した。ピンポン玉サイズのロボットボールで、小さいが意外とハイテクなおもちゃなのだ。Spheroのプログラミングアプリ「Sphero Edu」 に対応し、科学・技術・工学・数学(STEM)教材としても使用できるのもポイントだ。

PS VR用オープンワールドゲーム「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」が12月14日発売

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」スクリーンショット

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」スクリーンショット

 ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジアは、PlayStation VR(PS VR)用ソフト「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」を、12月14日に発売する。価格は5980円(税別)で、CEROレーティングはZ(18歳以上対象)となっている。

 本作は、オープンワールドゲームとして人気の「The Elder Scrolls V: Skyrim」をVR化したタイトル。ゲーム本編に加え、公式アドオンとなる「Dawnguard」、「Hearthfire」、「Dragonborn」が全て収録されているという。

(C) 2017 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. The Elder Scrolls, Skyrim, Bethesda, Bethesda Game Studios, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.

[ブックレビュー]五感を研ぎ澄まして“人間力”を鍛える–「人生100年時代の新しい働き方」

 言葉で説明するには非常に難しい能力を、よくここまで分かりやすい言葉にできたものだ。本書ではその能力を「ソフトスキル」と呼んでいるが、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚という人間の「五感」を使った能力のことだ。本書は、ITを駆使するとか、ツールを使うといった仕事の効率化スキルではなく、言わば「人間力」とでも言うべき、自身にもともと備わっている能力に気づき、それを高めるために必要なアドバイスをくれる。

 たとえば、「見た目」と直感で判断する視覚。人の話を先入観なく聴く聴覚。一見「うまい話」に見えても、「どこか怪しい」と感じる嗅覚。こうした感覚を無視してしまうのは簡単だが、それで何かが変わるだろうか。著者は、人生を変えていける「ライフシフター」になるために、五感を研ぎ澄ましておくことを勧めている。

 ほとんどの人にとって転職とは、人生の一大事だろう。そのため、慎重になったり臆病になったりするのも当然だ。とくに「安定している」と思われる道を選んだ場合はなおさらだ。しかし、30年後も同じ仕事をしていることが想像できるだろうか。30年間まったく変化なく安定した人生など、ありえない。であれば、どのようなことがあっても、柔軟に人生のかじ取りをして、荒波を乗り越えていける、しなやかな自分になっておく方が断然いい。

「怖可愛い」から分かるJKハロウィン仮装事情

 この時期の街を歩くと、ハロウィン一色だ。カボチャやコウモリ、魔女など、街中にハロウィンの飾りがあふれている。日本記念日協会によると、2016年のハロウィンの市場規模は1345億円で、1340億円のバレンタインデーを上回った。ハロウィンは同協会が推計している記念日の中でクリスマスに次いで2番目に高い金額だという。もはや完全に代表的な記念日として昇格したと言っていいだろう。

 ハロウィンとはもともと、古代ケルト人にルーツを持つと言われる10月31日に開かれるお祭りのことだ。秋の収穫を祝い悪霊を追い出すという目的があったが、最近は本来の意味とは無関係に仮装メインのイベントとなっている。

 ハロウィンの市場規模の拡大にともない、参加する人も増えている。特にハロウィン当日の渋谷の盛り上がりはメディアでも報道されており、若年層の参加者が増えているようだ。10代のハロウィン実態とSNSとの関係性について見ていきたい。

SNSが仮装のお手本、披露の場

 マイナビティーンズラボ × TesTee Labの若年層女性のハロウィンに関する調査(2017年10月)によると、2017年のハロウィンにおいてハロウィンにまつわることをする予定があると答えた割合は、10代女性が51.5%と半数以上だったのに対して、20代女性は23.0%と2割程度となった。10代女性のハロウィンへの参加率は非常に高いのだ。

 10代女性がハロウィンですることは、1位「お菓子を食べる」(50.8%)、2位「仮装をする」(45.9%)、3位「友人や家族とホームパーティーをする」(41.0%)となっていた。なお、彼女たちがハロウィンメイクのお手本とするのは、1位「YouTube」、2位「Instagram」、3位「ネット検索」、4位「雑誌」、5位「Twitter」だった。SNSが彼女たちに与える影響力の大きさを感じる結果となった。

 10代女子はSNSでハロウィン関連の情報を得て写真を撮り、SNSに投稿しているのだ。

「怖可愛い(こわかわいい)」が人気の秘訣

 YouTubeで「ハロウィンメイク」と検索すると約7万本の動画が見つかる。「オール100均」「ゾンビメイク」「傷メイク」「吸血鬼メイク」「魔女メイク」など、ホラーなメイクがずらりと並ぶ。かなりリアルで、まるで特殊メイクのように見える。ただ可愛いだけではない、いわゆる“怖可愛い”メイクも多い。メイク系YouTuberの中には、「かわいい編」「ホラー編」と分けて投稿している人もいる。かかる金額もそれほどではなく、本格的な特殊メイクが楽しめるという点がウケているようだ。


YouTubeでは本格的な「ハロウィンメイク」が人気

 たとえば傷メイクは、顔の一部を赤く塗り、その上に木工用ボンドを塗ってティッシュを貼り付けていき、貼ったティッシュを割いて傷のように見せている。その上に血のりを塗ったりたらしたりすることで、リアルな傷が演出できるのだ。カラーコンタクトをつけ、顔をダークカラーのアイシャドーなどで汚したりしており、プロ顔負けのメイクとなっている。

 動画配信系は軒並みハロウィン色が強まっており、LINE LIVEやSHOWROOMなどでもハロウィンメイクや仮装などをテーマにした配信が目立つ。LINEのタイムラインでもハッシュタグ「#ハロウィン」がついた公開投稿は増えている。

ソフトバンク、「iPhone X」の256Gバイトは約15万円

 ソフトバンクは10月20日、11月3日に発売予定の「iPhone X(テン)」の価格を発表した。一括購入した場合、64Gバイトモデルは13万1040円で、256Gバイトモデルは14万9280円となる。


「iPhone X」

 「月月割」を適用した場合の実質負担額は、64Gバイトモデルの24回払いでは、機種変更が6万3600円、新規契約と乗り換え(MNP)が5万4000円。48回払いで購入し、25カ月目以降に使っているiPhoneの下取りまたは機種変更で、残りの支払いが不要になる「半額サポート for iPhone 」を適用した場合は、機種変更が3万1800円、新規・MNPが2万7000円となる。

 256Gバイトモデルの実質負担額は、24回払いの場合、機種変更が8万1840円、新規・MNPが7万2240円。48回払いで半額サポート for iPhoneを適用した場合は、機種変更が4万920円、新規・MNPが3万6120円となる。


256Gバイトモデルの価格

 iPhone Xは、有機ELの全面ディスプレイを採用した5.8インチのモデル。従来機に搭載されていたホームボタンが非搭載となり、指紋認証のTouch IDも廃止。代わりに、顔認証の「Face ID」を採用している。

ソフトバンク、プリペイド携帯電話「Simply」–新料金「100MBプラン」対応

 ソフトバンクは10月20日、基本使用料無料で使いたい分の料金を前払いする「シンプルスタイル」向けのプリペイド携帯電話「Simply(シンプリー)」(セイコーソリューションズ製)を、11月下旬以降に発売すると発表した。

 カラーバリエーションは、レッド、ダークブルー、ホワイトの3色。

 Simplyは、「The 電話」をコンセプトに開発されたシンプルスタイル向けのプリペイド携帯電話。電話やメールなど必要な機能だけを搭載することで、分かりやすいメニュー画面を実現しているのが特徴。

 シンプルスタイルは、基本使用料無料で、使いたい時にチャージして利用できるプリペイドプラン。

 1770mAhの大容量バッテリを搭載したことで、長時間利用(連続通話時間/連続待受時間)が可能(FDD-LTE網:約600分/約500時間、W-CDMA網:約800分/約800時間)。

 搭載するカメラは、有効画素数約200万画素CMOSセンサを採用。microSDDHCカード(最大32Gバイト)にも対応するため、写真などを大量に保存できる。

 サイズは、約50mm×132mm×13.8mm。重量は約115g。

 また、Simplyの発売に合わせて、「シンプルスタイル」の4Gケータイ向け新料金プランとして「100MBプラン」(30日有効:300円)の提供も開始する。


レッド

ダークブルー/ホワイト

パナソニック村瀬氏×Cerevo岩佐氏が語る、大企業とスタートアップの関わり方

「100BANCH」立ち上げの動機は“危機感”

 パナソニック、ロフトワーク、カフェ・カンパニーらが、東京・渋谷にオープンしたワークスペース「100BANCH」が開始から約3カ月を迎え、10月6日にイベントを開催した。元パナソニックで現Cerevo代表取締役の岩佐琢磨氏とパナソニックコーポレート戦略本部 経営企画部長村瀬恭通氏が「次の100年の価値とは何か」をテーマにトークセッションをした。


Cerevo岩佐氏(左)とパナソニック村瀬氏

 岩佐氏は、2007年にパナソニックを退職し、2008年にCerevoを立ち上げた。一方、村瀬氏はパナソニックの経営企画部長で、100BANCHを担当する。トークセッションは「パナソニックにとっての100BANCHの意義とは何か」からスタートした。

 村瀬氏は「危機感からきている。パナソニックはハードメーカーで工業化した会社。均一化したもの大量に作り、販売することでやってきた。これまでの100年はそれでやってきたが、次の100年はこれだけでやっていけるのか。私たちの価値観だけでやっていけるのか、と考えた」と、100BANCH立ち上げの理由を話した。

  100BANCHは、35歳未満の若手リーダーが推進するプロジェクトを支援するアクセラレーションプログラム「GARAGE Program」を設け、100のプロジェクトを生み出すことを目的としている。岩佐氏をはじめとする21人のメンターがプロジェクトを採択しており、選ばれたプロジェクトメンバーはワークスペースを自由に使える。

 岩佐氏は、大企業とスタートアップのコラボレーションについて「スタートアップは、クイック&ダーティが得意で、大企業はそれが苦手。それはなぜかと考えると、大企業はスピードに対する評価がされにくいから。もちろん評価はされるが、問題が出たときの失点が大きい。信用問題になるので、失点が大きい理由もわかる。そういった部分を補える点でもコラボレーションが面白いと思う」とコメント。


パナソニックコーポレート戦略本部 経営企画部長村瀬恭通氏

 村瀬氏は「100BANCHは約8カ月というスピードで立ち上げた。これはパナソニックだけではできないこと。同様のことがテスラモーターズとのコラボレーションでも言え、こちらは約1年で電池工場を立ち上げた」とスピード力を評価。「以前は同じ価値観で生きることが非常に良いとされていたが、今は違う。パナソニックは均一化することにこだわってきた企業文化があったが、外と触れ合うことで違う価値観を築ける」と、コラボレーションの効果を話した。

 岩佐氏は「もっと100BANCHのような場所があればいいと思う一方、パナソニックはベンチャーを買収して、中に引き込んだ事例がない」と指摘。それに対して村瀬氏は「コラボの形はいろいろある。買収した瞬間にベンチャーの良さがなくなってしまっては意味がない。また、次の100年はモノだけではないとすれば、買収するとしてもハードを作っているところではなく、ソフトウェアを作っている会社になるかもしれない」と考えを示した。

スタートアップとの触れ合いはパナソニック側に刺激を与える

  GARAGE Programでの支援は、1つのプロジェクトに対し3カ月をめどにしており、メンターが延長を希望すれば、そのまま続けることも可能。7月7日のスタートから3カ月が経ち、”卒業”を迎えるプロジェクトも出てきた。


「GARAGE Program」のワークスペース

 メンターの役割も担う岩佐氏は「もう少しパナソニックの現場の人に入ってもらえたら、進むプロジェクトはたくさんあると思う。部品のリストやメンテナンスなどで悩んでいるスタートアップもいる。そういう部分はパナソニックの人がいれば、一気に解決できるし、パナソニックの人にとってもいい刺激を受けると思う」とリクエスト。

 村瀬氏も「まさにそう思う。実際に何人かはプロジェクトに参加している。ただ強制的に入ってもらうのではなく、社員自らが興味を持ち、プロジェクトに情熱をもって参加することが大事」とした。

 岩佐氏はパナソニック時代、社内にコラボレーションスペースを設置した経験を持つ。その経緯について問われると「2006年ごろ、オフィスの空いたスペースを活用して、部署内の誰もが使える場所を作った。机に向かって発想できることは限られていて、もう少しリラックスして仕事がしたかった」と当時を振り返る。


Cerevo代表取締役の岩佐琢磨氏

 さらに「当時は、話題の他社製品を使ったことがない人が社内にいて、その現状は問題意識としてあった。それを解消するためにも、最新のゲーム機や他社製品などを置いていた」とコメント。会場から、新スペースの設置をなぜ実現できたのかと質問が飛ぶと「わがままを言い続けるのは大事(笑)。あとは人材教育に生きる、事業に生かせるなど、人材の育成につながることをアピールした」と当時の状況を明かした。

 「今後、変えていきたいことは何か」というテーマについては、岩佐氏は「変えていきたいことはたくさんある。今考えているのはすべての人が同じような生活を送っていることを変えたい。例えば冷蔵庫は各家庭にあることが当たり前だが、持ってない人がいてもいい。全く違う服を着ている人がいてもいい。そういう時代にしていきたい。もう一つやりたいこととしては、人体の拡張性を向上していきたい。例えば視力が0.1を切っていると、時代によっては歩くのさえ難しいと思う。けれど、レンズをつけるだけで、目が見えるようになる。これと同様に人間の性能を上げていきたい」と思いを話した。

 村瀬氏は「100年後と考えるとかなり大きく変わっているのだと思う。日本を見れば、高齢化社会、過疎化などが問題になっている。普通に暮らす人々がこれらの問題にどう向き合っていけるか、どうインフラをつないでいくかを真剣に考えなければいけない。今後の100年を変えていくには、今を変えていかなければ、将来は決して変わらない」と締めた。

Tyffon、お台場にMRシアター「TYFFONIUM」を開設–最先端の“お化け屋敷”を設置

 Tyffonは10月20日、東京・お台場にあるダイバーシティ東京プラザにおいて、AR技術とVR技術の融合によるMR(複合現実)技術を活用した、MRシアター「TYFFONIUM」(ティフォニウム)を、10月28日からオープンすると発表した。コンテンツは、お化け屋敷をモチーフとした「Magic-Reality: Corridor」(マジックリアリティ・コリドール)を設置する。

「TYFFONIUM」イメージ
「TYFFONIUM」イメージ

 MRは、CGで作られた人工的な仮想世界に現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術。独自技術と工夫により仮想空間内に自分と同伴者の実際の姿が見えるという新しい感覚と、クオリティにこだわったCG制作による没入感を特徴とうたっている。

「マジックリアリティ・コリドール」イメージ
「マジックリアリティ・コリドール」イメージ

 マジックリアリティ・コリドールは、すでに廃墟になった洋館を舞台に、地獄へと続く回廊を手に持ったランタンの灯を頼りに2人1組で巡るホラーアトラクション。体験者は、MR用のヘッドマウントディスプレイを装着し、8.5m×4.5mの空間を最大2名で歩く。さまざまなモンスター・トリック・シーンに遭遇するという。

 発表にあわせて公式サイトを公開。事前予約を受け付けている。体験時間は10分で、料金は2000円。体験時間が5分のショートバージョンも用意されており、料金は1300円となっている。また対象年齢は13歳以上としている。

 Tyffonは、2014年に米国ウォルト・ディズニーのインキュベーションプログラムである「ディズニーアクセレーター」の第1回プログラムに選出され、シード投資を受けている企業。今後はコリドール自体のバージョンアップに加え、4Dの要素を取り入れることも検討しており、年内には、ファンタジーの海をテーマにしたMRアトラクションを同スペースにオープンする予定としている。