3000円台、逆さに開くから濡れにくい! 二重傘「サーカス」

雨に咲く、デキる大人の二重傘
逆さに開く二重傘「Circus(サーカス)」


 逆さに開くから収納時に濡れない二重傘「Circus(サーカス)」がアスキーストアで販売中です。

 Circus(サーカス)は、畳むと雨に濡れる面が内側にくるので、ズボンや車のシートが濡れにくい傘です。

 電車で周りや自分が濡れないように気をつかうことも減ります。ベルトをしていない状態だと傘全体が自立するので、そのまま置けるのも便利です。二重構造で傘骨が露出せず、差したときに内側で髪の毛が挟まる心配もありません。

 長さはおよそ80cmで、重量はおよそ500g。カラーはベージュ×ブラック、ストライプ×ブラック、ネイビー×ブラック、ブラック×レッドに、新色のブラック×ブラックも用意しました!

 アスキーストアでは価格3780円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。


逆さに開く二重傘「Circus(サーカス)」


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

ワンボードマイコンでプログラムを走らせてみました

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-
第98回

2017年10月22日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

マイコンから始まってマイコンに戻ってきました

 初めて自分のコンピューターを持ったのは1977年。小6でした。当時はまだパソコンなんていう言葉もなくマイコンだった時代。NECのTK-80などマイコンキットが各社から出ていたものの高くて買えず、自作品です。自作と言ってもマザーやグラボを買って来て組み立てるのではなく、LSIやIC、抵抗、コンデンサーといった電子部品を基板にハンダ付けして作ります。

 基板も専用のものではなく規則的な穴がたくさん開いたユニバーサル基板で、ワイヤーラッピング用の細い線で配線していきました。CPUはZ80。日立製の互換品で1万2000円だったのを覚えています。

 操作パネルにあるのはトグルスイッチとLEDだけ。入力も出力も二進数です。プログラムの入力は、メモリーも少なくプログラミング能力もなかったワタシにできることといったら四則演算ぐらいなもの。つまりは、パチパチと入力してRUNボタンを押すと結果が表示されるという、デカくて高価でデキの悪い二進数電卓です。表示された数字を見て合ってる合ってるとほくそ笑むという、今思えば意味不明な趣味でした。

 その後、アドテックシステムサイエンスのOrangeという完成品を買い、MZ-80K2、PC-8001、FM-7などと進んで、PC-9801F2でMS-DOSに触れました。FM-TOWNSやX68000にも手を染めつつPC-98シリーズを使い続けていたんですが、あるとき急に思い立ってMacintosh Quadra 700を購入。以降はMac一筋でWindowsから離れていましたが、98ノートで復活。以降はMacとWindowsを併用しています。

 そして一周回ってワンボードマイコンです。前回も書いたとおり、ハムフェアでKENTAC 800Z mk2というプログラム教育訓練用のマイコンをゲットしました。使い道なんて特に思いつかないんですが、なんせ子どものころの憧れの品なので、とにかく買うことが重要なのです。とはいえせっかくなので、動作チェックを兼ねて、プログラムを走らせてみます。難しいのは作るのも入力するのもムリなんで、超簡単な8ビット加算だけやってみました。




この連載の記事

アルコールガジェット「TISPY」で、翌日見越した飲酒ライフを!

アナタの酔いをコントロール大人の新習慣
学習型アルコールガジェット「TISPY」


 酔いをコントロールできる学習型アルコールガジェット「TISPY」がアスキーストアで販売中です。

 TISPYはアルコールセンサーとメモリーカードを組み合わせて、体内のアルコール濃度を測定してデータを蓄積する学習型のアルコールガジェットです。使えば使うほどパーソナライズされます。

 さらに無線LAN機能付きのSDカード「FlashAir」を本体にセットすればスマートフォンとの無線接続が可能です。ウェブアプリと連動してより詳細な設定をしたり、データを確認したりできます。

 使い方は、お酒を飲む際にTISPYに息を吹きかけて、呼気中アルコール濃度を測定してデータの蓄積を開始します。翌日「二日酔いになったかどうか」を入力すると、TISPYが自ら学習してパーソナライズされます。

 次回以降は、二日酔いになる前にお酒を抑制するアラートや酔いがさめるまでの時間を予測してくれます。

 飲み過ぎて次の日に影響が出てしまう前に、学習型アルコールガジェットTISPYで大人の新習慣を始めてみませんか。

 アスキーストアでは1万3500円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。


学習型アルコールガジェット「TISPY」


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

8000円台のスリングバッグ、スキミング対策や盗難防止機構付き!

スキミング、スリ、ひったくりから身を守る
AJAX スキミング防止スリングバッグ「Windy Corner」


 スリングバッグ「AJAX 『Windy Corner』」がアスキーストアで販売中です。

 AJAX Windy Cornerは、様々な防犯機能を盛り込んだスリングバッグです。クレジットカードやSuica、PASMOなどの「スキミング防止機構」や、スリ防止の「ファスナーロック」、ひったくり防止の「安全ストラップ」を備えます。

 バッグには刃物でも簡単に切れない、シートベルト用の素材を使用しています。また、生活防水に対応するので、軽い雨なら荷物を濡らす心配がありません。安全性能だけではなく、実用性も兼ね備えました。

 本体サイズは幅19×奥行き9×高さ33cmで、重量およそ330g。カラーバリエーションには、ブラックとグレーを用意しました!

 アスキーストアでは価格8800円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。


AJAX スキミング防止スリングバッグ「Windy Corner」


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

片掛け・手提げでも使える2WAYトートバッグが2万円台

【限定柄・ブラック迷彩登場】日本製×本革
2WAYセットアップトート「LG-14」


 ハイブリッドバッグシリーズ「2WAYセットアップトート『LG-14』」がアスキーストアで販売中です。

 2WAYセットアップトート「LG-14」は、肩掛けや手提げで使える2WAYタイプのトートバッグです。各所には、使うほど深みが増す本革を使用し、裁断から裁縫・仕上げまで、職人によって製作された“メイドインジャパン”の高い品質が特徴です!

 大小様々なポケットを機能的に配置することで、ユーザーは荷物を効率的に収納して持ち運べます。ノートパソコンに専用充電コード、マウスや周辺機器はもちろん、手帳やペン、スマートフォンやモバイル機器もきちんと仕分けられる構造です。このほか、脱着可能なキーリングホルダーも備えました!

 本体サイズは幅40×奥行き11×高さ28cmで、重量およそ800g。収納容量は12Lです。カラーバリエーションには、ブラウン、ブルー、レッドに、限定柄のブラック迷彩を用意しました!

 アスキーストアでは価格2万5920円(税込)から販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。


2WAYセットアップトート「LG-14」


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

「FLIR ONE PRO」でスマホ・タブレットが赤外線カメラに!?

スマホやタブレットを赤外線カメラにする
FLIR ONE PRO


 スマホやタブレットを赤外線カメラにする「FLIR ONE PRO」をアスキーストアで販売中です。

 FLIR ONE PROは、-20~120°度の範囲内で任意の場所の温度を測定できるスマホ・タブレット接続の赤外線カメラです。温度差0.1度を検知可能で、肉眼では見えない熱の世界を見られます。


 家で使用すれば、暖かい空気や冷たい空気が漏れている場所を特定してエアコンの無駄なエネルギー消費を抑えたり、天井内、壁内、床下の水漏れ箇所などのカビが発生しそうな場所を見つけたりできます。また、引越しで住宅を内見する際にも窓や断熱材の熱放射状況、裸眼では見えない水分の集積状況をチェック可能です。

 LightningまたはUSB Type-C接続のスマホ/タブレットに対応しています。

 湿気が多いいまの時期や窓からの冷気が気になるこれからの時期にFLIR ONE PROで自宅のメンテナンスに役立ててみてはいかがでしょうか。

 アスキーストアでは5万1732円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。


FLIR ONE PRO


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。



カテゴリートップへ

レグザ視聴データとTwitter比較で見えた「アニメ視聴スタイル」

アニメ「第1話切り」の実態も“見える化”

2017年10月22日 12時00分更新

文● 編集●ASCII

マーケティングにも役立つ? アニメ視聴分析

 気付けば毎週50作品以上が放映されている、深夜アニメ。

 「ここまで多いと見切れない」「そもそも自分に合った作品はどれなんだ」と途方に暮れてしまう人も少なくないかもしれない。膨大な作品の中から、ヒット作の秘密を見つけたり、狙った趣向の視聴者に向けた別の作品を探していくにはどうすればいいか。

 そんな分析を進めているのが、東芝映像ソリューションの片岡秀夫さんたちだ。

アニメの見られ方のエロマンガ先生の項目

 レグザクラウドサービス「TimeOn/みるコレ」の責任者を務めている人物。片岡さん自身が、毎クール放送されるアニメのほとんどを観る、コアなアニメファンであることは、AVファンならご存知の通り。

 TimeOnのブログでは、これまでも「アニメ視聴分析」として、レグザの視聴データから毎クールごとに集計した“アニメの録画・視聴データ”を公開してきた。このデータは誰でも再利用が可能で、片岡さん自身も“アニメ視聴ログ分析ギルド”名義で、作品解説やファンならではの独自の視点を加えた、同人誌アニメの見られ方を頒布している。

 その内容についてはASCII.jpでも、坪井創吾さん、中村さやかさんを交えたインタビューなどを通じて紹介してきた。

 単にどの作品が支持されているかだけでなく、ウェブで公開しているデータの見方を加えることで、アニメがより多くの人に見られる手掛かりになればと考えているそうだ。8月に出た最新巻の話を中心に聞いていく。

アニメ視聴分析とは?

 レグザを使用しているユーザーの“録画予約”履歴や“視聴ログ”をもとに、“アニメの見られ方”を分析する取り組み。それが、東芝映像ソリューションのTimeOnブログで定期的に発表されている「アニメ視聴分析」だ。

 各クールごとにアニメ作品がどのようにユーザーに視聴されたかを浮き彫りにする。テレビの視聴率に近い“接触率”という数値の集計を各クールごとに続けている。夏発表のデータで、通算5クール目の集計になった。

2017年 冬アニメにおけるライブ+再生率のデータ

 特徴は10万台を超える「膨大な数」の機器から取ったリアルタイム視聴とタイムシフト視聴を合算した統計である点だ。直近の調査では、母集団が関東18万台(春)/15万台(冬)が対象だ。“ライブ+再生率”とはオンエアもしくは録画で作品を見たユーザーの割合のこと。テレビの“視聴率”をイメージすると分かりやすい。ただし、アニメ視聴分析の母集団は、視聴率調査より圧倒的に大きいため、通常は誤差となる数%の差も、より正確に計測できる。

同じく2017年 春アニメのライブ+再生率

 TimeOnブログでは当初、この“ライブ+再生率”を元に、各クールの人気作品を紹介したり、各話が継続してどのぐらい観られたか(残留率)といった情報を提供していた。

 一方、5クール目の分析となった、8月発表の「2017年冬アニメ」(1~3月期)、「2017年春アニメ」(4~6月期)のデータでは、○○の作品が好きな人は、××という作品も好む……など、趣向のグループ分けに注力している。これは、2016年秋クールの調査でも「ファン層分析」として取り組んでいたが、今回は「作品固有ファン層分布」として、よりいっそう深堀りした形だ。

 過去の分析結果とインタビューについては下記の記事でまとめているので合わせて読んでほしい。





複数のサービスを組み合わせられる「Microsoft Flow」を活用するワザ

前へ
1 2
次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」
第262回

2017年10月22日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

 2016年11月、マイクロソフトは「Flow」というサービスをリリースした。様々なクラウドサービスを橋渡しするサービスで、単体のサービスでは実現できない機能を利用できるようになる。プログラミングの知識なしで、複数サービスを串刺しにして活用できるのがウリ。しかも、その後どんどんバージョンアップを重ね、現在は177種類(10月17日現在)のサービス、機能と連携できる。今回は、Flowを使って、超絶便利な合体機能を活用する技を紹介しよう。

Microsoft Flowで複数サービスを便利に連携活用しよう!

177種類のサービス・アプリを連携できる

 クラウドサービスやアプリの間を橋渡しし、複数の操作を自動化することで便利なワークフローを構築できる「Microsoft Flow」(https://flow.microsoft.com/ja-jp/)。2016年11月にリリースされ、約1年が経った。みるみると機能が充実し、利用できるサービスも増え、今や無視できないレベルに来たので紹介したいと思う。

 クラウドサービスを橋渡しし、処理を自動化してくれるサービスはほかにもある。「神アプリの説明書 第46回 複数SNSでプロフ画像などを同期できる神アプリ「IFTTT」を徹底解説」で紹介した「IFTTT」(イフト)や、「柳谷智宣のkintoneマスターへの道 ― 第24回 kintoneとZapierを連携してメール通知が届くようにしてみる」で紹介した「Zapier」だ。「Flow」はどんな感じなのだろうか。早速チェックしてみよう。



「Microsoft Flow」のウェブサイト マイクロソフトアカウントでサインインする


Flowにサインインできた! まずは「テンプレート」タブをクリックしよう

 「テンプレート」には複数のサービスを組み合わせた、便利なフローがテンプレとして登録されている。有志が作成したフローもあり、すでに約750個もラインナップ。様々なサービスの活用法が提案されている。まずは、面白そうなものを見つけて試してみよう。

 Instagramへの新規投稿の画像をDropboxに保存してくれるというテンプレートを見つけたので開いてみた。「サインイン」をクリックして、DropboxとInstagramにサインインすると、「続行」ボタンがクリックできるようになる。

 続けて、フローの編集画面が開く。プログラムっぽくなり、ちょっと何をしていいのかわからなくなりそう。とはいえ、テンプレートなら、個別の機能に関するところは触らなくていい。たとえば、Dropboxのどこに保存するかといった、ユーザーが選択する部分だけを見ればいい。その後、「フローの作成」をクリックすれば完了だ。ちなみに、ユーザーがなにも設定する必要がない場合、「続行」ではなく、いきなり「フローの作成」ボタンが表示される。

 何かInstagramに投稿すると、15分前後でフローが実行され、Dropboxの指定のフォルダーに写真が保存されていた。自動連係成功だ。



テンプレートからフローを選ぶ 各サービスにサインインして「続行」をクリック



Dropbox内のどこに保存するか選ぶ 「フローの作成」をクリック



フローが作成された Instagramに投稿する



15分後、自動的にフローが実行された Dropboxに写真が保存されていた!

 ほかにもいくつか試してみる。Dropboxへファイルが保存されたら、OneDriveにバックアップするというもの。こちらも、両サービスにサインインし、フォルダーを指定するだけで、フローが完成。ファイルを保存して放置しておくと、自動的に「bacup from fropbox」というフォルダーにファイルがコピーされた。大手のクラウドサービスがいきなりなくなることはないだろうが、バックアップがあるのは安心だ。



「Dropboxの新しいファイルをOneDriveにコピーし、プッシュ通知を受け取る」を作成する チェックするフォルダーと保存するフォルダーを選択する。そのままだとルートフォルダーが選択される



ファイルをDropboxに保存する OneDriveにもコピーされた

 クラウドストレージは問題ないようなので、次はスケジュールを管理してみる。「第261回 2000万人が利用するToDo管理サービス「Trello」でタスクをスマートに管理するワザ 」で紹介した「Trello」に登録したら、Googleカレンダーにもイベントを作成するというものだ。

 こちらも、最低限の要素をプルダウンメニューから選択するだけで、フローが完成。問題なく動作した。



「Trello リストにタスクを追加したときに Google カレンダーに新しいイベントを追加する」を作成する 赤いコメ印のついている読み込むボードやリストID、カレンダーIDなどを選択する



Trelloでタスクを作成する Googleカレンダーにイベントが作成されると通知が来る


Googleカレンダーにイベントが作成されている

前へ
1 2
次へ




この連載の記事

世界初公開のPCケースに話題騒然のSilverStone新製品発表会

前へ
1 2
次へ

2017年10月21日 23時30分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

 Silver Stoneの新製品を紹介するイベント「SilverStone Expo 2017 Autumn」が、通運会館2階のイベント会場で開催された。年に2回開かれる恒例のイベントだ。



パソコンショップ アークの建物の2階で開催された「SilverStone Expo 2017 Autumn」 Silver Stoneのマーケティング・マネージャーTony Ou氏が来日し、新製品を紹介した



会場にはModderの関口徹氏が手がけたMOD PCも展示されていた。ASRockキャラクターが身に着けている鎧をモチーフに赤色の電源カバーを製作。鎧や武器から放たれる発光をアクリル板と冷却液で表現しているという

録画マシン用? 12個のストレージを搭載可能な
Micro ATXケース「CS381」

 今回のイベントの目玉は、世界初公開となるMicro ATXケース「CS381」だ。ホットスワップ対応の3.5インチドライブベイを8基備えるのが特徴で、PCケースというよりストレージケースに近い感じだ。

 ケースを開けると2.5インチシャドウベイが4基あるので、合計12個のストレージを搭載できる。サイズは398(W)×320(D)×232(H)mmで、容量は30リットル。参考出展のため、外観や仕様は今後変更になる可能性があるという。



世界初公開となるストレージケース「CS381」



3.5インチベイの上に、黒い2.5インチシャドウベイ×2を用意 左側面には120mmファン×2もしくは2.5インチドライブ×2を増設可能。赤枠の部分がそれだ


背面に120mmファン×2を搭載できる。電源はSFX-L規格に対応する

その他注目のPCケース



Mini-ITX対応スリムPCケース「SST-RVZ03W」。「RVZ03」のホワイトモデルで、500台の数量限定となる。27日発売予定で予価は税抜1万7000円



RAVENシリーズらしい外観のMicro-STXケース「RVZ04」。COMPUTEX TAIPEI 2017で展示されていたものだ。フロントのLEDは専用ソフトで好みの色に設定できる



「RVZ04」のサイズは238(W)×199(D)×81(H)mmで、容量は3.8リットル Micro-STXマザーにはMXM仕様のビデオカードを搭載できる。マザーの出荷に合わせて製品を発売したいが、まだマザーの発売が決まっていないとのこと



Thin Mini-ITXケースの「PT13-U3」。従来モデルU2からの主な変更点は、奥行きを延長したこと。11月発売予定で予価は税抜8800円前後

11月発売予定のATXケース「RL07」(写真左、予価1万7000円)と、「PM02」(写真右、予価2万円)。2つのケースのシャーシは共通で、フロントマスクが異なる。右のサイドパネルには強化ガラスを採用する



「RL07」は左右非対称のフロントマスクで、サイドが発光する 「PM02」のフロント底部には、ロゴを投影するギミックを内蔵

前へ
1 2
次へ




20m離れても大丈夫 iPhone用Bluetoothマイク「Smart Mike」


 iPhoneでの動画撮影時にクリアな音声を録音できるワイヤレスマイク「Smart Mike」がアスキーストアにて予約受付中です。

クリップで衣服に装着できます

 独自のノイズ除去テクノロジーを搭載しているので、人が多い賑やかな場所でも被写体のクリアな音声がしっかり録音できます。

 iPhoneで動画を撮影したけど周りの音が大きくて声がしっかりと入っていない、声をしっかり録音しようとして被写体に近づくとアップになり過ぎてしまう、といった悩みがSmart Mikeで解決します。

 iPhoneで動画撮影を開始すると、Bluetoothで同期したSmart Mike本体も録音を始め、内蔵メモリーに保存します。動画と音声は同期しているので、合成しても音ズレはありません。

 さらに専用アプリから、Smart Mikeで録音した音声とiPhone本体のマイクで収録した音声の割合を調整して合成可能です。被写体の声と周囲の音とのバランスを考えて動画を作成できます。

 アプリの対応OSはiOS 8.0以降。連続録音時間は4?6時間で、メモリー容量は4GB、最大20mまで離れても音声と動画を正確に同期できます。カラーはブラックとホワイトを用意しました。

 アスキーストアでは1万6200円(税込)で予約受付中。出荷は10月上旬を予定しています。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。

iPhoneで高音質な動画を撮影できるワイヤレスマイク「Smart Mike」をアスキーストアで予約
アスキーストアで予約


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ