iiyama、Core i5-8400とGeForce GTX 1080 Ti搭載のミニタワーゲーミングPC


2018年1月23日 6:28掲載


LEVEL-M037-i5-XNR [Windows 10 Home]

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランドの「LEVEL∞(レベル インフィニティ) M-Class」より、ミニタワーゲーミングパソコン「LEVEL-M037-i5-XNR [Windows 10 Home]」を発表。販売を開始した。

CPUに第8世代インテル「Core i5-8400」を、GPUに「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載したミニタワーゲーミングパソコン。Core i5 プロセッサーは、第7世代インテル Core i5 プロセッサーから14nmプロセスルールをさらに改良し、メインストリームのCore i5シリーズでは初の6コアに対応。マルチタスクでの処理能力が強化され、また、ターボブーストテクノロジーにより最大4GHzを超えるクロック性能を発揮。消費電力を増やすことなく、パフォーマンスが向上している

主な仕様は、CPUが「Core i5-8400」、GPUが「GeForce GTX 1080 Ti」、メモリーが8GB DDR4、ストレージが240GB SSD+1TB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストールする。

このほか、80PLUS BRONZE認証の700W電源ユニットを搭載。本体サイズは190(幅)×356(高さ)×410(奥行)mm(最大突起物除く)。

直販価格は182,498円〜。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

デスクトップパソコン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



パフォーマンス・ジャグリングが手軽に楽しめる7色LED搭載の“ポイボール”


パフォーマンス・ジャグリングが手軽に楽しめる7色LED搭載の“ポイボール”

2018年1月23日 6:14掲載

ヒロ・コーポレーションは、紐の先におもりがついたパフォーマンス・ジャグリング道具「LED POI」の発売を開始した。

紐の片側の先に玉がついていて両手にひとつずつ持って回すパフォーマンス・ジャグリング道具。ポイはもともと、2つ1組で使用しながら踊るニュージーランドのマオリ族が伝統芸能で使用してきた道具だ。

ファイヤージャグリングなどの大道芸でよく使用されていたが、本製品は、実際に火をつけたものではなくLEDを使用し安全に色鮮やかに描写表現が可能な点が特徴。プロ仕様ではなく、子どもから大人まで簡単に楽しめる。

また、7色に変化するLEDで動画やスローシャッターで撮影することで、幻想的で美しく独自性のある画像の撮影も可能だ。

対象年齢は6歳以上。

関連コンテンツ

スポーツ玩具関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


GIGABYTE、Intel Z370を搭載したMicroATXマザー「Z370M DS3H」


GIGABYTE、Intel Z370を搭載したMicroATXマザー「Z370M DS3H」

2018年1月23日 6:06掲載

GIGABYTEは、MicroATXマザーボード「Z370M DS3H」を発表。1月27日より発売する。

チップセットに「Intel Z370」を搭載したエントリーモデル。「Z370M D3H」のUltra Durable機能(Anti-Sulfur Resistor搭載)や高性能オーディオコンデンサ、M.2機能などを維持しながら、より手ごろな価格設定になっている。

CPUソケットはLGA1151に対応し、第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載することが可能だ。

メモリーは、DDR4-3866MHz(O.C.)対応のDIMMスロット×4(最大64GB)。ストレージは、M.2×1、SATA×6。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 3.0 x1×2。

このほか、リアパネルのインターフェイスは、USB 3.1×4、USB 2.0×2、DVI-D×1、HDMI×1、ギガビットLAN×1などを備える。

市場想定価格は15,000円未満(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

マザーボード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



“仕事の相方”軽トラ「サンバー」が1/64スケールのカプセルトイで登場


“仕事の相方”軽トラ「サンバー」が1/64スケールのカプセルトイで登場

2018年1月23日 6:00掲載


「1/64 サンバーコレクション」

AOSHIMAは、1/64スケールのカプセルトイ「1/64 サンバーコレクション」を2月より発売すると発表した。

軽トラの中でも人気の高い「サンバー」を再現したカプセルトイ。ジオラマに適した1/64スケールで提供する。同社によれば、「仕事の相方ミニサンバーを、ハイクオリティで堪能してほしい」とのことだ。

ラインアップは「白 シート付」「緑 シート付」「ブラック ダンボール付」「オレンジ ダンボール付」「青 ノーマル」の全5種。全長は約50mm。同商品内のスバル車両本体は、SUBARUの承認を得て製造しているとのことだ。

価格は300円。

■関連リンク

製品情報


関連コンテンツ

食玩・ミニフィギュア関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


アイワ、Bluetooth機能やUSB端子を搭載したCDラジオレコーダー


アイワ、Bluetooth機能やUSB端子を搭載したCDラジオレコーダー

2018年1月22日 15:56掲載


CR-BUE30

アイワは、Bluetoothスピーカーとしても使用できるCDラジオデジタルレコーダー「CR-BUE30」を発表した。

CD・ラジオ・外部入力をSD/USBに録音&再生できるCDラジオデジタルレコーダー。SDカードスロットとUSB端子を搭載し、MP3形式でダイレクト録音・再生ができる。また、Bluetooth接続に対応し、スマートフォンなどの音楽を迫力再生可能。内蔵マイクを備え、ハンズフリーで携帯電話の通話も可能だ。

このほか、ライン入力で外部スピーカーとして使用可能。音質面では、低音を強調する「重低音ボタン」を搭載し、迫力のサウンドを再生する。本体デザイン面では、操作しやすい大きめボタンとレイアウトを採用した。

主な仕様は、再生可能ディスクがCD、CD-R/RW(CD-DAフォーマット、MP3記録ディスク)、ラジオは、AM/FM(ワイドFM対応)、プリセットがAM:30局/FM:30局、自動選局対応。再生/録音フォーマットが再生:MP3、録音:MP3 128kbps(CD、ラジオ、外部入力)。Bluetoothはバージョン.2.1、対応プロファイルがA2DP/AVRCP、対応コーデックがSBC。
スピーカーは9cm(実用最大出力1.5W)×2。

電源はAC100V(50/60Hz)、DC12V 単2形乾電池×8(別売)、再生可能時間はCD 約8時間/FM受信 約12時間/SD・USB再生 約12時間(アルカリ乾電池使用時)。

本体サイズは305(幅)×135(高さ)×245(奥行)mm、重量が約1.9?(乾電池含まず)、電源コードが約1.5m。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

ラジカセ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


ドコモ、18:9の約6型有機ELスマホ「V30+ L-01K」を1/25発売


ドコモ、18:9の約6型有機ELスマホ「V30+ L-01K」を1/25発売

2018年1月22日 15:51掲載


「V30+ L-01K」 「V30+ L-01K」

NTTドコモは、1月以降発売としていたスマートフォン「V30+ L-01K」(LG Electronics製)の発売日を決定。1月25日より発売する。

18:9で約6型クアッドHDの有機ELディスプレイ(2880×1440ドット)を搭載したモデル。Googleが提供するバーチャルリアリティ(VR)プラットフォーム「Daydream」に対応する。音質面では、高級オーディオブランド「B&O PLAY」のエンジニアとサウンドマスターが音質をチューニングしており、B&O PLAYオリジナルイヤホンが同梱。QuadDACも装備した。

主な仕様は、プロセッサーが「MSM8998」、メモリーが4GB、ストレージに128GBを搭載。外部記録媒体はmicroSDメモリーカード(最大256GB)に対応。カメラ機能は、メインカメラが約1650万画素+約1310万画素のデュアルカメラ、アウトカメラが約510万画素。バッテリー容量は3060mAh、OSは「Android 8.0」をプリインストールする。

このほか、おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグ、NFCに対応するほか、IPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備える。本体サイズは75(幅)×152(高さ)×7.4(奥行)mm、重量は158g。ボディカラーは、クラウドシルバー、オーロラブラックを用意する。

■関連リンク

【新製品ニュース】ドコモ、「Daydream」対応でVRコンテンツも楽しめる6型スマホ「V30+L-01K」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


VANGUARD、耐水性素材のカメラバッグ「VESTA STRIVE」6モデル


VANGUARD、耐水性素材のカメラバッグ「VESTA STRIVE」6モデル

2018年1月22日 15:15掲載

ガードフォースジャパンは、「VANGUARD(バンガード)」ブランドより、カメラバッグ「VESTA STRIVE(ヴェスタ ストライブ)」シリーズを発表。「VESTA STRIVE 12Z」「VESTA STRIVE 15Z」「VESTA STRIVE 15」「VESTA STRIVE 22」「VESTA STRIVE 30」「VESTA STRIVE 40」をラインアップし、1月19日より発売した。

「VESTA STRIVE」シリーズは、ユニークなファブリックを使用した、スタイリッシュなデザインのカメラバッグ。軽量で傷がつきにくく、耐水性のある素材を使用し、機材を安定して収納できるのが特徴だ。

ズームバッグ「VESTA STRIVE 12Z」の内寸は125(幅)×95(高さ)×120(奥行)mm、外寸は150(幅)×110(高さ)×155(奥行)mm。「VESTA STRIVE 15Z」の内寸は150(幅)×115(高さ)×200(奥行)mm、外寸は180(幅)×145(高さ)×235(奥行)mm。

ショルダーバッグ「VESTA STRIVE 15」の内寸は150(幅)×105(高さ)×145(奥行)mm、外寸は185(幅)×140(高さ)×180(奥行)mm。「VESTA STRIVE 22」の内寸は220(幅)×100(高さ)×180(奥行)mm、外寸は255(幅)×135(高さ)×215(奥行)mm。「VESTA STRIVE 30」の内寸は280(幅)×110(高さ)×250(奥行)mm、外寸は300(幅)×145(高さ)×260(奥行)mm。

バックパック「VESTA STRIVE 40」の内寸は220(幅)×140(高さ)×390(奥行)mm、外寸は235(幅)×155(高さ)×395(奥行)mm。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

カメラバッグ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


PlayStation×Nike×NBAのPaul George選手がコラボした光るスニーカー


PlayStation×Nike×NBAのPaul George選手がコラボした光るスニーカー

2018年1月22日 14:52掲載

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、NBAプレイヤーであるPaul George氏と”PlayStation”のコラボレーションスニーカー「PG-2 “PlayStation”」を発表。全世界数量限定で、米国現地時間2月10日より発売する。

Paul George氏のシグネチャーモデル「Nike PG-2」をベースに、PlayStationのデザインモチーフを取り入れて制作したオリジナルコラボレーションモデル。スニーカーのベロ(タン)にはPGとPlayStationのロゴがあしらわれており、PS4本体の電源をつけたときと同様、青色に発光する。

スニーカーの配色はDUALSHOCK4のボタンに着想を得ているという。また、PlayStationの象徴的なシンボルマークがエンボス加工されているほか、「Paul Georgeダイナミックテーマ」と同じデザインを、靴の中敷きにも施した。

このほか、左の靴のかかとには、PlayStation Networkのプロダクトコードが印字されており、PlayStation Storeでコードを入力するとコラボオリジナルのPS4用ダイナミックテーマがダウンロード可能だ。

なお、販売に関する詳細については、決定次第「Nike SNKRS」にて発表される予定だ。

■関連リンク

「Nike SNKRS」


関連コンテンツ

キャラクター雑貨関連最新ニュースリンク


エスキュービズム、なつかしいレトロデザインの小型冷蔵庫2機種


エスキュービズム、なつかしいレトロデザインの小型冷蔵庫2機種

2018年1月22日 14:40掲載


1ドア レトロ冷蔵庫 WRD-1085 2ドア レトロ冷凍/冷蔵庫 WRD-2090

エスキュービズムは、冷蔵庫の新モデルとして、「1ドア レトロ冷蔵庫 WRD-1085」と「2ドア レトロ冷凍/冷蔵庫 WRD-2090」の2機種を発表。1月中旬より発売する。

いずれも、現在販売している冷蔵庫/冷凍庫の技術をベースに昔懐かしいデザインを採用したのが特徴だ。

「1ドア レトロ冷蔵庫」は、85Lの1ドアタイプを採用した冷蔵庫。
75Lの冷蔵室と、10Lの製氷室を搭載しており、氷を作ることが可能だ。また、直冷式ながらも24dBのすぐれた静音設計を実現する。

年間消費電量は212kWh(50Hz)/195kWh/年(60Hz)。本体サイズは453(幅)×840(高さ)×495(奥行)mm。重量は22kg。ボディカラーは、ライトグリーン、レトロホワイト、ブラックの3色を用意する。

「2ドア レトロ冷凍/冷蔵庫」は、85Lの2ドアタイプを採用した冷凍/冷蔵庫。60Lの冷蔵室と、25Lの冷凍室を搭載する。また、直冷式ながらも25dBのすぐれた静音設計を実現する。

年間消費電量は237kWh(50Hz)/219kWh/年(60Hz)。本体サイズは453(幅)×876(高さ)×563(奥行)mm。重量は25kg。ボディカラーは、ライトグリーン、レトロホワイト、ブラックの3色を用意する。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

冷蔵庫・冷凍庫関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


野球盤にバーコードバトラー…エポック社創立60周年記念サイトが公開


野球盤にバーコードバトラー…エポック社創立60周年記念サイトが公開

2018年1月22日 12:56掲載

エポック社は、同社創立60周年を記念した特設サイトを公開した。

同社は1958年に創立。同特設サイトによれば、エポック社の創業者、前田竹虎氏は「自ら新しい野球ゲームを開発し、エポック社を立ち上げた」とのこと。サイト内では、「野球盤」が生まれ、ヒット商品となるまでの知られざるサクセスストーリーが公開されている。

また、同社が展開してきたおもちゃの歴史も、サイト内で紹介。例として、「魚雷戦ゲーム」「カセットビジョン」「バーコードバトラー」「お部屋は水族館」「エキサイトスタジアム」「シルバニアファミリー」などの同社製おもちゃについて、紹介されている。

■関連リンク

特設Webサイト


関連コンテンツ

ボードゲーム関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク