映画「ミスミソウ」クラスの女王・妙子役は大谷凛香、役に合わせて金髪に

大谷凛香扮する小黒妙子。

押切蓮介原作による映画「ミスミソウ」の追加キャストが発表された。クラスの女王的存在・小黒妙子役を大谷凛香が演じる。

妙子は山田杏奈演じる主人公・野咲春花をいじめているグループのリーダー格。美容師になる夢を持っており、高校卒業後は東京の専門学校への進学を希望している。大谷は役に合わせて人生初の金髪に挑戦。原作は以前から読んでいたとのことで、「オーディションに受かったと連絡が来た時、電話越しで泣いてしまいました」「とにかくすごい作品に関われることが嬉しかった」と喜びを語った。内藤監督は妙子のキャスティングについて、「単に可愛いとか、演技が巧いとか、そういったレベルではなく、特別な輝きが必要でした」とし、「オーディションで出会った大谷さんに、それを感じ、妙子役を託しました」とコメントしている。

本作で映画初出演となった大谷。演技も未経験だったということだが、「暴力的な描写も多く難しい役柄でしたが、まわりの雰囲気に助けられました。みんな役になりきっていたので、すんなりと映画の世界観に入り込めました」と共演者に感謝を述べる。内藤監督も彼女とリハーサルを重ねる中で手応えを感じた様子で、「現場で女優として覚醒していく姿を観られて、嬉しかった」と撮影を振り返った。

映画「ミスミソウ」は2018年4月7日より、東京・新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。

大谷凛香コメント

最初、オーディションに受かったと連絡が来た時、電話越しで泣いてしまいました。人生初の金髪は意外と大変で、暴力的な描写も多く難しい役柄でしたが、まわりの雰囲気に助けられました。みんな役になりきっていたので、すんなりと映画の世界観に入り込めました。原作も以前から読んでいたので、とにかくすごい作品に関われることが嬉しかったです。

内藤瑛亮監督コメント

「ミスミソウ」の根幹をなすのは春花と妙子の関係性です。妙子のキャスティングは非常に重要です。単に可愛いとか、演技が巧いとか、そういったレベルではなく、特別な輝きが必要でした。 オーディションで出会った大谷さんに、それを感じ、妙子役を託しました。演技未経験だったので、リハーサルを重ねました。撮影期間中も撮影が終わったあとに、次の日の撮影場面のリハーサルを行いました。現場で女優として覚醒していく姿を観られて、嬉しかったのを覚えています。彼女の表情がこの物語が持つ繊細さを豊かに表してくれました。

映画「ミスミソウ」

2018年4月7日(土)より全国ロードショー

スタッフ

監督:内藤瑛亮
原作:押切蓮介「ミスミソウ 完全版」(双葉社刊)
脚本:唯野未歩子
主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)
制作プロダクション:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ

キャスト

野咲春花:山田杏奈
相場晄:清水尋也
小黒妙子:大谷凜香
大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、森田亜紀、戸田昌宏、片岡礼子、寺田農

(c)押切蓮介/双葉社 (c)2017「ミスミソウ」製作委員会

本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。

再会した元カレとオタ友達になるコメディ「元カレが腐男子になっておりまして。」

「元カレが腐男子になっておりまして。」1巻

ガンガンpixivにて連載中の麦芋「元カレが腐男子になっておりまして。」1巻が、本日1月22日に刊行された。

同作はpixivにて発表され、Webマンガを対象とした投票型企画「WEBマンガ総選挙」でインディーズ部門の3位に輝いた作品。年季の入った24歳の腐女子・赤土桃が、ある日訪れた書店のBLコーナーで元カレ・片倉錫也と再会するところから始まるコメディだ。錫也が自分の描いた同人誌の愛読者であることが判明し、桃は作者であることを隠しながらも彼との交流を深めていく。単行本には描き下ろしも収められた。

各書店では単行本の購入者にイラストカードなどの特典を用意。また各電子書店では、デジタル版「元カレが腐男子になっておりまして。」1巻の購入者にイラストデータを付与している。

「元カレが腐男子になっておりまして。」1巻 店舗特典

アニメイト各店:イラストカード I
文教堂・アニメガ各店(一部店舗除く):イラストカード II
丸善ジュンク堂書店各店(一部店舗除く):イラストペーパー I
三省堂書店各店(一部店舗除く):イラストペーパー II
ブックファースト各店(一部店舗除く):イラストペーパー III
有隣堂各店(一部店舗除く):ポストカード I
WonderGOO各店(一部店舗除く):ポストカード II
全国のフェア書店:しおり

デジタル版「元カレが腐男子になっておりまして。」1巻 特典配布書店

BOOK☆WALKER、DMM.com、eBookJapan、Renta!、アニメイトブックストア、ニコニコ書籍、紀伊國屋書店Kinoppy、漫画全巻ドットコム

(c)Mugiimo/SQUARE ENIX

本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。

三菱UFJカード名乗るフィッシングに注意

フィッシング対策協議会は1月22日、三菱UFJニコスが運営するクレジットカード「MUFGカード」をかたるフィッシングメールが拡散しているとして、注意を呼び掛けた。

フィッシング対策協議会によると、メールタイトルは「重要 : 必ずお読みください」か「Important」の2パターン。内容についても2種類の存在が確認されている。MUFGカードWebサービスに対して第三者のアクセスを確認したため、IDとパスワードの変更が必要としてフィッシングサイトに誘導するパターンと、アカウントを確認しなければカードをロックするとしてフィッシングサイトに移行させるパターンがある。

フィッシング対策協議会のほか、三菱UFJニコスもフィッシングメールの例をWebサイトで公開しているので、MUFGカードから怪しいメールが届いた際は確認してみると、フィッシングメール判別に役立つかもしれない。

1月22日13時00分の時点で、フィッシングサイトは稼働中。同協議会では既にサイト閉鎖のための調査を依頼しているが、類似のフィッシングサイトが公開される可能性もあるとして、注意を促す。また、フィッシングサイトでアカウント情報(メールアドレス、パスワード)などの個人情報を絶対に入力しないよう呼びかけている。

「GALLERIA」購入者に最大1万円キャッシュバック – ドスパラ

ドスパラは1月19日、ドスパラ会員に向けて「GALLERIA買ってPCゲームやろうぜキャンペーン」を開始した。1月19日から1月28日までに、対象となるゲーミングPC「GALLERIA」シリーズを購入した人全員に、最大で1万円分のドスパラポイントを贈呈する。キャンペーンへの応募期間は2月4日まで。

キャンペーン対象となるモデルは、「GALLERIA ZZ」「GALLERIA ZV」「GALLERIA ZJ」「GALLERIA ZH」。GALLERIA ZZの購入者には1万円、GALLERIA ZV、GALLERIA ZJ、GALLERIA ZHの購入者には5,000円分のドスパラポイントをキャッシュバックする。

GALLERIA ZZは、グラフィックスにNVIDIAのGPU「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載したハイエンド向けのデスクトップPC。GALLERIA ZVは「GeForce GTX 1070 Ti」、GALLERIA ZJは「GeForce GTX 1060 6GB」、GALLERIA ZHは「GeForce GTX 1050 Ti」を採用したモデルとなっている。

ドスパラ、8型Windowsタブレットが当たるキャンペーン

ドスパラは1月18日から、Twitterにて「冬はコタツでお絵かきしよう! キャンペーン」を実施している。自分のTwitterアカウントでドスパラ公式アカウントをフォローし、対象のツイートをリツイートした人の中から、抽選で1名に8型Windowsタブレット「raytrektab DG-D08IWP」を贈呈する。リツイート期間は1月31日23時59分まで。当選者には、2月中旬に自分のTwitterアカウントへダイレクトメッセージが届く。

raytrektab DG-D08IWPは、クリエイター向けPCブランド「raytrek」シリーズの8型タブレットで、画面解像度は1,280×800ドットだ。ワコムの独自技術「Wacom feel IT technologies」によって、4,096段階で筆圧を検知し、描き心地は「本物の紙」さながらだとしている。OSはWindows 10、CPUはIntel Atom x5-Z8350(1.44GHz)。パッケージには、ワコムの筆圧感知ペンが標準で付属する。

新・OS X ハッキング! 第208回 Macで「Alexa」の機能を使う(2)

「MacでAlexa」の2回目は、MacからAlexaへの命令について。音声コマンドはシンプルでわかりやすいが、使いたくない気分のときもあるはず。数年におよぶSiriとの関係がある我々Apple製品ユーザは、音声コマンドが万能ではないことをよく理解しているだけに、肯く向きも多いことだろう。そのあたりを実践的な方法で解決してみよう。

音楽は「Webから命令」が現実的かも

狭義の音声認識に関して言うと、Google Assistantと比較したAlexaのメリットは「認識率の高さ」といえる。これはAlexaとGoogle Assistantにおける処理の違いに由来しており、音声認識エンジンの優劣とは直接関係ないが、用途に応じた”向き不向き”を決めるひとつの原因となっている。

まず、クラウドにおける初動から違う。Google Assistantでは、受け取ったユーザの発話を最初にテキスト化し、それを分析しインテント(音声リクエストの内容を伝えるアクション)として分類する。一方のAlexaでは、最初にインテントとスロット値(インテントの目的/対象)に分類するため、ユーザの発話全体をテキスト化する用途には向いていないが、インテントに発話例をいくつか登録しておけばかなりの精度で認識してくれるのだ。

実際、試作したAlexa Skills(スマートフォンではアプリに相当する拡張機能)では、こちらの発話に対しかなり的確に反応してくれた。発音が似た言葉をインテントに登録しておく必要はあるものの、”発音の揺れ耐性”があるとでもいえばいいのか、ゴニョゴニョとした発話でも意図どおり解釈してくれる傾向がある。

しかし、外国語は事情が異なる。Alexaへの命令に海外ミュージシャンの名前や曲名が含まれる場合、筆者の発音がネイティブスピーカーとほど遠いのか、なかなか認識してくれないのだ。たとえば、Amazon Musicで聴ける「Emerson, Lake & Palmer」の曲を聴こうと、「エマーソンレイクアンドパーマーをかけて」とか「イーエルピーを再生して」と発話しても、「なんだかうまくいきません」で片付けられたり、とんでもない聞き違いをされてしまう。

この問題に対処する現実的な方法は、GUIで命令することだろう。スマートスピーカーにGUIで命令するとは本末転倒な感もあるが、スマートフォンアプリ(iOS/Android OS版「Amazon Alexa」)があるし、macOSの場合WEBブラウザで「alexa.amazon.co.jp」にアクセスすればいい。発音を変える以外にエンドユーザが認識率を向上させる方法はないため、ストレスをためるよりよほど建設的だろう。

Alexaと文字ベースで会話しよう

実際のところ、エンドユーザの立場でmacOSから直接Alexaを”どうにかする”余地は少ない。WEBサーバを用意してクラウドからアクセスできるようにすれば、クラウド上の関数(Lambdaなど)から命令を下すこともできるが、誰にでも勧められるものではない。AWS(Amazon Web Service)などの開発環境や、HerokuといったPaaS(Platform as a Service)はなおさらだ。

第204回でも紹介した「IFTTT(イフト)」は一般ユーザでもじゅうぶん扱えるが、Alexaの場合Google Assistantと比べると機能的に見劣りしてしまう。Alexa Skillsは各国/地域によりできることが制限されており、2018年1月現在では日本語で命令することができないのだ。リマインダーなどiCloudのサービスと連携するアプレットは用意されているものの、積極的に取りあげるほどでもない。

だからといって、実際に試すことが基本コンセプトの当連載としては諦めるわけにもいかない。そこで見つけたのが「AlexaNotificationCurl」。このシェルスクリプトを利用して、Alexaと文字ベースの会話を行おうという算段だ。

AlexaNotificationCurlは、引数に与えられた文字を音声に変換(Text-to-Speech)したうえでAVSのエンドポイントへ送信、その戻り値といえるAlexaの音声(MP3)を再生する。AVSに送信するのが人間の声ではなく合成音声というところがポイントだ。

公開されているシェルスクリプトはLinux用だが、Text-to-Speech用のコマンド「pico2wave」をsayコマンドに置き換えればmacOSでも動作しそう。ほかにも、サンプリングレートと量子化ビット数を16kHz/16bitに変換するための「sox」と、AVSから受け取ったAlexaの音声を再生するための「play」(afplayはパイプ経由で再生できない)という2つのコマンドが必要となるが、Homebrewでsoxパッケージをインストールすれば補えるはず。この目論見のもと作業したところ、Macでも支障なくAlexaと会話できることを確認できた。

$ brew install sox

「alexa.sh」の変更箇所は以下のとおり。sayコマンドをAlex(米国英語を話す男性の声)で実行するよう変えたくらいのもので、他はオリジナルのままだ。あとはCLIENT IDとCLIENT SECRETをAVSの開発者コンソールで取得し、「auth_code.sh」に書き込み実行することでAuthResponseを取得(この辺りの手順はAlexaNotificationCurlのREADMEを参照してほしい)すれば、Alexaとテキストで会話するための準備は完了だ。

pico2wave -w /tmp/pipe.wav "${QUESTION}" | tee pico2wav.wav | sox - -c 1 -r 16000 -e signed -b 16 -t wav - >> multipart_body.txt

↓ ↓ ↓

say -v Alex "${QUESTION}" --output-file=/tmp/voice.wav --data-format=LEF32@22050 
cat /tmp/voice.wav | tee voice.wav | sox - -c 1 -r 16000 -e signed -b 16 -t wav - >> multipart_body.txt

引数を「Hello」として「alexa.sh」を実行すると……「Hi, there」とレスポンスが。「What time is it」とすると、なぜかロンドン時間ではあるが現在時刻を英語で返してくれた。お約束の「Tell me a joke」もバッチリだ(面白さはいまひとつ伝わらないが)。AVSのエンドポイントを日本語のものに変更すれば、日本語対応にすることもできそうだが、それはまた別の機会に。

仕事に役立つOfficeの使い方 第53回 [Excel] グラフを別のシートに移動する

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していきます。今回は、Excelの表から作成したグラフを表とは別のシートに移動させる方法を確認します。グラフ活用の幅が広がるのでぜひ試してみてください。


本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています

グラフを別のシートに移して活用する

前回、Excelで作成した表からグラフを作成する手順を紹介しましたが、この際、グラフは元の表と同じシートに作成されます。表とのセットではなくグラフ単体として使いたいのならば、新しいシートを作成してグラフを移動させるのがオススメです。グラフを選択すると表示される「デザイン」タブのリボンから操作を実行できます。

米Amazon、米国で「Amazon Prime」サービスの月額会費を18%値上げ

米Amazon.comは1月19日 (現地時間)、米国において会員制サービス「Amazon Prime」の月額会費を10.99ドルから12.99ドルに、約18%値上げした。年間一括払いの年額会費は99ドル/年のまま据え置いている。

Primeは2-Days配送サービスが無料(対象商品のみ)になるリピーター向けの商品配送プログラムとして始まった。その後、Amazon Instant Videoの映画・TV番組の一部を無料でストリーミング視聴できる「Prime Instant Video」、ひと月に1冊のKindle書籍を無料で借りられる「Kindle Owners’ Lending Library」、200万曲以上の音楽をストリーミング再生できる「Prime Music」など、提供サービスを拡大してきた。それに伴って、2014年に米国で9年間維持してきたPrimeの年額会費を79ドル/年から99ドル/年に引き上げた。今回は、それ以来の値上げである。

Amazonは映画やオリジナル番組、音楽などのストリーミング・サービスで、AppleやGoogle、Netflixと競争している。今回のPrimeサービスの値上げは月額会費のみであり、Primeに関心を持つ利用者を年間契約に誘導し、Amazonのストリーミング・サービスの継続的な利用を促すのが狙いと見られている。

iiyama PC「LEVEL∞」、GeForce GTX 1080 Ti搭載ミニタワー

ユニットコムは1月22日、「iiyama PC」ブランドの「LEVEL∞」より、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを搭載するミニタワー型のコンパクトゲーミングデスクトップPC「LEVEL-M037-i5-XNR」を発売した。BTOに対応し、標準構成価格は182,498円(税込)。

M-Classに属するミニタワー型デスクトップPC。標準構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i5-8400(2.80GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2400 8GB(4GB×2)、ストレージが240GB SSD+1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti(11GB)。光学ドライブはDVDスーパーマルチ。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェース類は、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1、USB 3.0×6、USB 2.0×2、DVI-D×1、DisplayPort×1など。本体サイズは約W190×D410×H356mm。

カシオ、飲食店支援サイト「HANJO TOWN」で青色申告キャンペーン

カシオ計算機が手がける「HANJO TOWN」は、各種飲食店の経営や新規オープンを支援するサービスサイトだ。この度、確定申告(青色申告)に向けた「確定申告応援キャンペーン」を実施する。キャンペーン期間は2018年1月15日~同年3月15日17時。

キャンペーン内容は、HANJO TOWNで提供している会計機能「HANJO会計」の有料プランに申し込むと、月額980円(税別)の利用料金が申込月~2018年5月末まで無料になるというもの。HANJO会計は、経営分析機能もある青色申告書の作成支援サービスだ。

HANJO会計以外のサービス(HANJO法人会計・HANJO給与・HANJO POP・HANJOwithPROなど)は、キャンペーンの対象外となる。詳細はHANJO TOWNのWebサイトを参照いただきたい。また、HANJO TOWNのWebサイトがリニューアルされ、導入事例を新たに4件、追加した。