タブレット用英会話教材「SMARTree」、日本でも利用可能に – ICT教育ニュース

韓国ソウル市にあるe-future, Ltd.は20日、タブレットを使用した英会話習得ツール「SMARTree」の提供地域を拡大し、日本・中国・サウジアラビア・ベトナムなどアジアおよびアフリカでも利用できるようにしたと発表した。日本ではPep(ピーイーピー), Inc.がe-futureのオフィシャルパートナーとして、日本国内で提供している。

「SMARTree」のコンテンツ

「SMARTree」のコンテンツ

「SMARTree」は、タブレットPCのプラットフォームを利用した、英会話のデジタル教材。韓国で長年ELT教材を開発・研究・出版してきたe-futureがその知識を凝縮させ、韓国内最大のテレコム企業と共同開発した。英語専任講師を雇用するのが難しい地域でも水準の高い英語教育が実現できることをめざしている。

「SMARTree」は、国際標準として学校教育にも取り入れられつつあるCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に基づいた内容と、英語を学ぶ上で重要な方法論を組み合わせている。実践的かつ実用的ながら、これからの英語教育の目標を十分満たす学習が可能という。

コンテンツ量も豊富(432レッスン)で、週1回のレッスンなら約10年分相当。継続して学べるため、知識・能力の定着にも繋がる。

日本では、2020年には小学校3年生から英語学習が取り入れられ、5年生からは英語を教科として学ぶことになるが、そのような英語学習制度や受験制度の変化への対応力も可能で、4技能をバランスよく習得することで身に付くという。

関連URL

Pep, Inc.

Surface Pro対抗の「Cube Mix Plus」、ついに3万円で買えるCore mタブレットに – エキサイトニュース

Surface Pro対抗タブレットが驚くほど安くなりました。
「AtomやCeleron搭載ノートパソコンと変わらない価格で、処理能力がケタ違いのCore mマシンを買える」と考えると、かなりのものです。詳細は以下から。

Buzzap!で何度かレビューをお届けした「Cube Mix Plus」。10.6インチフルHD(1920×1080)IPS液晶を備えたWindows 10タブレットです。

Kabylake世代のIntel Core m3-7Y30(デュアルコア、最大2.6GHz駆動)、4GB RAM/128GB SSDを搭載。分かりやすく説明すると、「Surface Pro」Core m3モデルに真っ正面から対抗できるモデルです。
左側面に電源端子、USB 3.0端子、HDMI出力を兼ねたUSB Type-C端子、microSDカードスロット、ヘッドホン端子といった各種インターフェースが集中。拡張性は十分です。
実際に触ってみたところはこんな感じ。Atomプロセッサを備えた格安タブレットなどとは段違いの、かなり余裕のあるレスポンス。Intel Core m3-7Y30はダテじゃありません。

スピーカーの音量も十分。エンタメ用途でも十分活躍してくれます。

ドラクエ10やFF14のベンチマークもなんなくこなせます。

別売りのキーボードを付ければ、USBポートも増えてより便利に。

ノートパソコンライクに使えるため、後から買い足してみるのもいいかもしれません。

両丹日日新聞 : 市議会にタブレット試験導入 34台、半年で316万円 – 両丹日日新聞

両丹日日新聞2017年10月21日のニュース

市議会にタブレット試験導入 34台、半年で316万円

タブレット端末を使って会議 京都府福知山市議会は10月から、タブレット端末34台を試行導入した。議会の機能強化や効率化、経費削減につなげるのが目的。効果検証を行い、有用性が確認できれば、来年度以降に本格導入する。

 議会改革の一環で、議員それぞれにタブレット端末を配布し、各種会議や住民の相談対応などに活用。ゆくゆくは、本会議の一般質問などでも使い、傍聴者に内容が伝わりやすくなるよう、工夫していく。

 タブレット端末はB5サイズ。議員間での文書、情報共有や議会関係資料の検索、スケジュール管理なども可能。携帯電波が届く場所なら、どこでもインターネットにつなぐことができる。

 タブレット本体はレンタルで、文書共有システムなどの使用料を含め、試行期間(半年間)の予算額は316万8千円。本格導入が決まれば、購入も検討するという。

 取り扱いについては、情報通信機器使用規定により、議員活動でのみ使用すると定めており、誓約書を提出。アプリも無断でダウンロード出来ず、通信費の2分の1は議員の負担とする。

 13日の議会改革検討会議で運用が開始され、ペーパーレスで議事を進行した。あまりタブレット端末に触れたことがない議員は、慣れない手つきで操作。「文書の作成はできるのか」など、使用方法を事務局に質問する場面もあった。

写真=タブレット端末を使って会議を進めた

    


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

両丹日日新聞2017年10月21日のニュース – 両丹日日新聞

両丹日日新聞2017年10月21日のニュース

市議会にタブレット試験導入 34台、半年で316万円

タブレット端末を使って会議 京都府福知山市議会は10月から、タブレット端末34台を試行導入した。議会の機能強化や効率化、経費削減につなげるのが目的。効果検証を行い、有用性が確認できれば、来年度以降に本格導入する。

 議会改革の一環で、議員それぞれにタブレット端末を配布し、各種会議や住民の相談対応などに活用。ゆくゆくは、本会議の一般質問などでも使い、傍聴者に内容が伝わりやすくなるよう、工夫していく。

 タブレット端末はB5サイズ。議員間での文書、情報共有や議会関係資料の検索、スケジュール管理なども可能。携帯電波が届く場所なら、どこでもインターネットにつなぐことができる。

 タブレット本体はレンタルで、文書共有システムなどの使用料を含め、試行期間(半年間)の予算額は316万8千円。本格導入が決まれば、購入も検討するという。

 取り扱いについては、情報通信機器使用規定により、議員活動でのみ使用すると定めており、誓約書を提出。アプリも無断でダウンロード出来ず、通信費の2分の1は議員の負担とする。

 13日の議会改革検討会議で運用が開始され、ペーパーレスで議事を進行した。あまりタブレット端末に触れたことがない議員は、慣れない手つきで操作。「文書の作成はできるのか」など、使用方法を事務局に質問する場面もあった。

写真=タブレット端末を使って会議を進めた

    


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

市議会にタブレット試験導入 34台、半年で316万円 – 両丹日日新聞

両丹日日新聞2017年10月21日のニュース

市議会にタブレット試験導入 34台、半年で316万円

タブレット端末を使って会議 京都府福知山市議会は10月から、タブレット端末34台を試行導入した。議会の機能強化や効率化、経費削減につなげるのが目的。効果検証を行い、有用性が確認できれば、来年度以降に本格導入する。

 議会改革の一環で、議員それぞれにタブレット端末を配布し、各種会議や住民の相談対応などに活用。ゆくゆくは、本会議の一般質問などでも使い、傍聴者に内容が伝わりやすくなるよう、工夫していく。

 タブレット端末はB5サイズ。議員間での文書、情報共有や議会関係資料の検索、スケジュール管理なども可能。携帯電波が届く場所なら、どこでもインターネットにつなぐことができる。

 タブレット本体はレンタルで、文書共有システムなどの使用料を含め、試行期間(半年間)の予算額は316万8千円。本格導入が決まれば、購入も検討するという。

 取り扱いについては、情報通信機器使用規定により、議員活動でのみ使用すると定めており、誓約書を提出。アプリも無断でダウンロード出来ず、通信費の2分の1は議員の負担とする。

 13日の議会改革検討会議で運用が開始され、ペーパーレスで議事を進行した。あまりタブレット端末に触れたことがない議員は、慣れない手つきで操作。「文書の作成はできるのか」など、使用方法を事務局に質問する場面もあった。

写真=タブレット端末を使って会議を進めた

    


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

サンワ、7〜13インチのiPadやタブレットを書画カメラにできる卓上スタンドを発売 – エキサイトニュース

「CR-LATAB25」使用イメージ

サンワサプライ株式会社は、タブレット端末を取り付けて書画カメラとして使えるようにする卓上スタンド「CR-LATAB25」を発売した。7~13インチのiPadやタブレットの設置に対応。取り付けたタブレットは水平の状態となり、端末の内蔵カメラを書画カメラとして使用できる。標準価格は1万8900円(税抜)。

「CR-LATAB25」は出荷形態がノックダウン組立式の製品で、耐荷重1kgの性能を備えるスタンドだ。端末を設置するプレートはレバーの操作で簡単に高さを変えることができ、水平方向に360°回転させることもできるため、被写体の方向やサイズに合わせて柔軟に動かせる。プレートには穴が開けられており、タブレットのカメラ位置を問わずに撮影が可能。アームの高さは127~433mmの範囲で無段階で調整できる。

底面には滑り止めシートが付いているので、撮影時にガタつく心配もなし。また、プレートは垂直方向へ傾けることもできるため、通常のタブレットスタンドとしての使用も可能だ。そのため、普段の作業中はスタンドとして使い、必要なときだけ書画カメラとなるような使い方もできる。本体サイズは428(幅)×433(高さ)×406(奥行)mm。

サンワサプライ株式会社
問い合わせ:086-223-3311
標準価格:1万8900円(税抜)
URL:https://www.sanwa.co.jp/
2017/10/20

広げるとタブレットに! ZTE、折りたたみ式の2スクリーンスマホ「Axon M」を日本で発売 – ガジェット通信

折りたたみ式の電話というと、日本で今でも根強い人気があるガラケーを思い浮かべるのでは。しかし、このほど中国のメーカー、ZTEが発表したのは2つの画面を搭載する折りたたみ式のスマホ「Axon M」だ。

広げて2つの画面を隣り合わせにすることでタブレット端末のようにも使えるというもので、日本ではドコモから発売する。

・6.75インチのタブレットに

Axon Mは、折りたたんだ状態だとフロントとバックにディスプレイがくる。ディスプレイのスペックは2つとも同じで、サイズは5.2インチ、フルHDで解像度は1920×1080。

これらのディスプレイが隣り合わせにくるよう広げられるのがAxon Mのポイント。2つのディスプレイをつなげれば、6.75インチとタブレット端末に早変わりする。

・同じコンテンツを2人で楽しむことも

使い方はさまざまなモードが用意されている。まず、1つの画面でビデオを鑑賞、もう1つの画面では天気情報などをチェックしたりとそれぞれ別の操作をできるモード。

それから、Axon Mに角度をつけて置き、2人が向かい合わせになりながら同じコンテンツを各スクリーンで楽しむ方法もある。

Axon Mを広げてタブレットサイズで映画鑑賞したりゲームをしたりできる機能もかなり使えそうだ。こうしたデュアルスクリーン操作を可能にしているのが、Androidのスプリットスクリーン機能なのだという。

・ 厚さ12.1ミリ

スクリーンが2つもあるとかさばるのではと懸念する人もいるだろう。しかし単にスマホ2つをつなげたという感じはなく、厚さは12.1ミリ。重さ230グラムも、スマホとタブレットの両方を持ち歩くことを考えれば許容範囲内とみる人は少なくなさそうだ。

ZTEによると、日本ではドコモから、米国ではAT&Tから他の国に先駆けて年末までに発売する。折りたたみ式スマホはサムスンなども開発しているだけに、今後のスマホマーケットに変化が起きる可能性は十分ありそうだ。

Axon M/ZTE

日本初。世界のビーントゥーバーチョコレートが「シャポン自由が丘店」に勢揃い。【シャポンのおすすめビーントゥーバーセレクション】が10月21日(土)からスタート。 – PR TIMES (プレスリリース)

元バッキンガム宮殿のお姫様専属アイスクリーム職人として活躍した後、ショコラティエとして独立し、
ショコラの本場フランス・パリで唯一のビーントゥーバーショコラティエとして人気の「シャポン」

シャポンパリ本店シャポンパリ本店

30年以上にわたり競争の厳しいパリで5店舗をかまえ、舌の肥えたパリジェンヌ達から熱狂的な支持を得ている、フランスの名店。

パトリス・シャポンパトリス・シャポン

世界最大のチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラ パリにも毎年出展しており、これまでに3度にわたり、タブレットやボンボンショコラでの最高賞を受賞。

ビーントゥーバーショコラティエとしての取り組みが大きく評価され、2016年度は「パリで最も欠かすことのできないタブレット」の賞を受賞している、実力派。 

2017年1月には自由が丘に日本初のビーントゥーバー&カフェをオープン。

本格的なビーントゥーバータブレット(板チョコ)が常時20種類近く並び、試食も楽しめるため、気軽に世界各国のカカオの味わいが堪能できることで人気。 カフェでは、ビーントゥーバーのチョコレートムースを使ったスイーツなども楽しめ、自由が丘の新たなスポットして注目を集めています。

シャポン自由が丘店シャポン自由が丘店

  ■日本でも大きな波になりつつあるビーントゥーバーとは?

チョコレートを作るためには、「カカオ生産者」「カカオをチョコレートに加工する業者」「チョコレートを様々なスイーツに仕上げるショコラティエ」の3者がいます。

ビーントゥーバーとは、Bean(豆) to(から) bar(板チョコレートへ)の意味。

ショコラティエが、産地ごとのカカオの味わいを最大限に活かすためにこれらの工程に一貫して関わり、「自分の五感でカカオ豆を選び」「自分の表現したい味に合わせて、カカオ豆からチョコレートを作り」「産地によって異なる魅力を最大限に引き出したチョコレートに仕上げる」事をいいます。

■100年以上前のアンティークロースターを使い、チョコレートを創るシャポン

シャポンは、理想のビーントゥーバーを創るために、100年以上前のアンティークロースターを数年間かけて修理。

現代のロースターでは出せない、絶妙な味わいを表現することが可能になりました。
毎日自ら焙煎に適したカカオ豆を選別し、自らロースターにかけて、チョコレートを作っていきます。

シャポンで人気のビーントゥーバーシャポンで人気のビーントゥーバー

シャポンのビーントゥーバーは、世界20カ国以上のカカオ産地の味わいが楽しめるなど、世界でも最大規模のビーントゥーバーの展開をしています。

■日本全国のビーントゥーバーがシャポン自由が丘店に勢揃いする、日本初のプロジェクト

  ビーントゥーバーの美味しさ、魅力をもっと日本の人に知ってもらいたい、というパトリス・シャポンの想いから、シャポン自由が丘店では日本全国のビーントゥーバーブランドを店頭で展示、紹介する日本初の試みを開始します。

10月21日(土)から展示紹介を開始するビーントゥーバーブランドは、関東だけでなく、関西、九州など日本各地で人気を博している著名な9ブランド。

他にも、日本や世界で活躍しているビーントゥーバーブランドも名乗りを上げており、今後順次増えていく予定。

■シャポンのおすすめビーントゥーバーセレクション概要

商品を展示紹介するビーントゥーバーブランド ※順不同

①green bean to bar chocolate    東京都   http://greenchocolate.jp/

 砂糖とカカオ豆のみでビーントゥーバーを創ることにこだわり、店内に大規模な製造設備を構え、見学することもできるお店

②MAGIE DU CHOCOLAT    東京都  http://www.magieduchocolat.com/ 

 「第四のチョコレート」とも呼ばれるブロンドチョコレートでも有名なお店

③CRAFT CHOCOLATE WORKS    東京都  http://www.craft-chocolate-works.com/

 三軒茶屋にある、開放的な店内とシンプルながら可愛らしいパッケージも人気のお店

④ICHIJI     兵庫県      https://ichiji.net/

 和風なパッケージやオシャレな店内で、芦屋マダムに人気のお店

⑤カカオ研究所    福岡県           http://cacaoken.com/

 奥深いカカオを「研究する」というスタンスでビーントゥーバーを創る、福岡のお店

⑥Salagadoola    東京都    https://salagadoola.jp/

 アーティストとのワークショップなども積極的に行う、センス溢れる神宮前のお店

⑦森八大名閣    福井県     http://morihachi.jp/products/bean-to-bar/

 老舗の和菓子屋さんが創るビーントゥーバー。和紙のパッケージなど、和ごころ溢れるお店

⑧VANILLA BEANS    神奈川県  http://chocolatedesign.co.jp/shopbrand/ct2/

 シンプルながらも独自の食感を訴求する、みなとみらいで人気のお店

⑨Cacaotier Gokan   大阪府   http://cacaotier-gokan.co.jp/

 老舗の洋菓子店が立ち上げ、カカオ産地にも積極的に足を運ぶ、関西で人気のお店

シャポン自由が丘店内、「シャポンのおすすめビーントゥーバーセレクション」特設コーナーにて、上記ビーントゥーバーブランドの人気商品をご紹介します。

シャポンのビーントゥーバータブレットは、試食とピース単位での購入が可能シャポンのビーントゥーバータブレットは、試食とピース単位での購入が可能

■シャポン自由が丘店
店舗名:シャポン自由が丘店 ビーントゥーバー&カフェ
住所:東京都目黒区自由が丘2-8-8 le ciel blue 102
営業時間:10時~20時 年中無休
TEL:03-6421-2920
http://chocolat-chapon-jp.packarts.net/ 

新作のムース・オ・ショコラパフェ 秋抹茶も人気新作のムース・オ・ショコラパフェ 秋抹茶も人気

​■シャポンオンラインショップ
https://chaponjapan.buyshop.jp/
年中無休、全国発送対応

ノートPC、ペットボトル、タブレット……「HARVEY」なら全部入る – 週刊アスキー

ハーヴィー

 A4サイズ/11インチのノートPCも入るスクエアボディバッグ「TRICKSTER Brave Collection HARVEY(ハーヴィー)」がアスキーストアで販売中。便利なポケット/ホルダーが満載で使い勝手バツグンです。

ハーヴィー

 メイン収納部には11インチのノートPC・タブレットなどが入る大開口部のファスナーポケットや、ペットボトルや傘などが収納できるホルダーを装備。背負ったまま手が届く背面の隠しポケットや、フロントのファスナーポケットなど、機能的な収納スペースも満載です。

 素材にはポリエステル×ターポリンを使用しており、布製品と比較すると非常に丈夫で汚れにくいのが特徴。カラーはビジネスにもカジュアルにもマッチするブラック/グレー/ネイビー/レッド/ホワイトの5色。

ハーヴィー
ハーヴィー
ハーヴィー

 アスキーストアでは5400円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。

大き目サイズでもスマートフォルム&超軽量スクエアボディバッグ TRICKSTER HARVEY(ハーヴィー)をアスキーストアで注文
アスキーストアで購入


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?

関連記事