残念すぎる“非スマートな言動”ワースト16 スマホがパンパンで写真が撮れない、改札に引っかかるetc. – 日刊SPA!

 なにかと慌ただしいサラリーマンの一日。なるべくならスマートに過ごしてみたい。しかし、そんな思いとは裏腹に、残念な「非スマート言動」をしてしまいがちだ。まずは以下のリストを見ていただきたい。

残念すぎる「非スマート」な言動とは?

・スマホのストレージがいっぱいで写真が撮れなくなる 95%
・PC内にある必要な書類がなかなか出てこない 93%
・ICカードが残高不足で自動改札にひっかかる 91%
・使っていないのにお金を払い続けている定額サービスがある 89%
・PCのデスクトップが散らかっている 89%
・パソコンの動きが重たくて、すぐ固まる 87%
・業務時間中ダラダラと仕事に関係ないサイトを見てしまう 84%
・シャツがいつもシワシワ 83%
・スーツがいつもヨレヨレ 83%
・パスワードがわからなくなる 82%
・ATMの利用手数料をたびたび払う 81%
・名刺の管理ができていなくて、すぐに連絡先が見つからない 78%
・PCのデータのバックアップがとれていない 78%
・ポイントカードが多すぎて、財布がパンパン 77%
・クレジットカードが利用限度額に達していて使えない 69%
・スマホやタブレットのバッテリーがよく切れる 67%

 このリストは30~40代男女300名を対象にしたアンケートをもとに算出した「非スマート言動ワースト16」だが、特にPCやスマホの使い方や、お金に絡む日常の行動に対して、「スマートじゃない」と自覚している人が多いようだ。こうした認識から自らの行動を変えられるといいのだが、放置していると、やがて傷口は広がっていっている。

 たとえば、アンケート結果でも挙げられた「ATMの利用手数料をたびたび払う」といった身に覚えがある人も少なくないであろう言動。このようなことが常態化すると、スマートライフどころか、お金や時間の浪費に繋がってしまい、最終的には人生の充実度そのものを損なうことにもなる。

「ほんの少し工夫すれば、銀行に余計な手数料を払わないで過ごすことは決して難しくないはずです」と語るのは消費生活アドバイザーの山崎俊輔氏だ。

「普段使いする銀行を正しく選択すれば、コンビニATMや振込手数料を払うことなく、サービスをうけることができます。にもかかわらず、そういった選択をしないのはあまりに不合理です」

 また、非スマート言動では「パスワードがわからなくなる」などPCやスマホの使い方に関するものも多かった。これらの問題を解決するためには一定の専門性のある知識が必要だと思われがちだが、最新のガジェット事情に精通したライターの末岡大祐氏は、「ストレージの整理やパスワードの管理などを仕組み化してしまえば、全然難しいことでない」と頼もしく断言する。

 スマートな一日を送るために、まず手始めにこのリストをぜひとも参考にしていただきたい。〈取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/岡戸雅樹〉

※週刊SPA!1月30日号「人生に効く[スマートライフ](超)入門」より

レジなしコンビニ開店=スマホで自動精算-米アマゾン – 時事通信

米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムのレジ精算不要のコンビニ型店舗「アマゾン・ゴー」。アマゾンの従業員向けとして実験的に運営されていたが、22日、一般向けに開店した=2017年5月、米シアトル

 【シリコンバレー時事】米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが本社のあるシアトルに開設したコンビニ型店舗「アマゾン・ゴー」が22日、一般向けに開店した。商品を持って店を出ると自動的に支払いを済ませられるのが特長で、利用者はレジに並ぶ必要がない。今後の展開は明らかにしていないが、店舗の無人化や省力化に向けたモデルとなる可能性がある。
 利用者は、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを、入店時に自動改札のようなゲートにかざす。商品を棚から取ったり戻したりするのをセンサーやカメラが認識し、持ち去った商品だけが退店後に課金される。(2018/01/23-08:35)

【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】

脳科学を使ってスマホ動画広告を提案 [インタビュー] – Exchangewire Japan

 
 

CMerTVが2017年11月にリリースした、スマホ動画広告のCM 効果を脳科学で検証した調査結果について、CMerTV 執行役員の 羽永太朗氏に解説していただいた。

(聞き手:ExchangeWire Japan 野下 智之)

調査の主旨はテレビVSスマホではなく、テレビ&スマホ

― 今回の調査リリースの背景についてお聞かせください。

羽永氏 レクサスインターナショナル(以降レクサス)様より、テレビとデジタル広告の掛け合わせはどのようなものがよいのかという相談をいただいたことがきっかけです。そこでビデオリサーチさんに参画いただき、テレビのリーチカーブ(投下金額に対して何%がリーチするか)をレクサス様のターゲット用に作りました。コアターゲットは30歳から59歳の男性ですが、そこに年収などの条件が入ってきます。これにスマホを掛け合わせた手法を作れないだろうかと考えました。
実験は、ニューロマーケティングに携わっている株式会社NeU(東北大学と日立ハイテクノロジーズの合弁会社)さんとご一緒させていたくことになりました。同社はこれまでにもニューロマーケティングを用いて子供用の玩具を作るなどの取り組みや、化粧品メーカーとの取り組みなどの実績があります。

写真2

調査の主旨は、弊社スマホ動画広告「PerfectView™Network(以下、PVN)」がテレビ広告の補強機能としてどのように働くのかを調べることです。ただ、テレビVSスマホの構図にはしたくはなく、あくまでテレビ&スマホの調査です。テレビ動画広告とスマホ動画広告それぞれにおける視聴の際の脳活動を測定することが目的です。

― 調査の内容についてお聞かせください。

図1

出典:CMerTV

まず、調査設計は以下の通りです。

◆対象視聴者
30~50 代の男性、車に興味を持つ高所得者層 計 44 名

◆実施時期
2017 年 10 月

◆方法
① 視聴者は事前に CM を含む TV 番組(録画)を自宅で 1 回視聴
② 後日計測会場に来場いただき、TV 番組中に CM を視聴する群(以下、TV群)とスマートフォンで CM を視聴する群(以下、スマホ群)に分け、「関心・共感に関連する脳活動」、及 び「記憶に関連する脳活動」を計測。
③ TV 視聴時は、普段 TV を見る時に近い環境にて番組を見てもらう間に CM を視聴してもらった。スマホ視聴時は、サイトを閲覧中にPVNで CM を視聴してもらった。

一般的にキャンペーンではテレビCMを使われる広告主様が多いので、調査においても1度目は被験者にテレビCMを見てもらいました。レクサスさんのテレビCMが含まれる30分間のテレビ番組が収録されたDVDを被験者の自宅に送付し、予め見てもらったうえで、計測会場に来てもらいました。

その後計測会場で、2回目の接触デバイスがテレビである被験者と、スマホである被験者とに分けて、それぞれのデバイスで広告を見せて脳を計測しました。計測した内容は、「関心があるか関心がないか」「記憶しているか記憶していないか」というものでした。

テレビには受動的、スマホには能動的

図2

出典:CMerTV

この際、左側がPVNで見た時の脳活動、右側がテレビで見た時の脳活動です。真ん中の線がゼロ(平常時の値)です。PVNで見た際には、基本的に波形が右に上がっていきます。脳活動がポジティブに見えています。テレビはゼロから下の方に動いています。これは脳活動をあまりしていないという判断です。テレビCMの際に脳があまり活動していないので、記憶をあまりしていないということです。だからこそ長時間視聴し続けることができます。
図3

出典:CMerTV

「記憶」に関しては大きな差は出ず、コストパフォーマンスで考えればテレビの方が圧倒的短期間でリーチできますし、CPMも安いです。ただ問題は興味関心度合いの波形です。スマホに関しては右肩上がりです。検索したり記事を読んだりしている時は脳が活性化しているので、共感・感心しやすいといえます。

テレビを見ている時は、受動的に物事をとらえているので、あまり脳が動いていません。だからこそ見続けられ、ながら作業もできるのです。ですが、このような時にCMを当ててもあまり効果は上がらないでしょう。記憶や興味の度合いが下がってしまうからです。

実際のフリークエンシーに関していえば、スマホはリターゲットも含めて複数回当てることができるので、今回は一定時間以内に3回当てました。1回目よりは2回目の数値が上がり、3回目は数値が下がりましたが、トータルでいえば右肩上がりです。広告が1か月くらい配信されると考えれば、4回目、5回目になっても上がる可能性があります。

記憶に関しては、回数が上がれば上がるほど右肩上がりです。フリークエンシーが多ければ多いほど広告は覚えられます。ただし、感情は別です。「知っているけど嫌い」なものもありますので、20回、30回と当て続けたら、人の心理は興味関心と併せて変わってくることもあります。

わたしたちが調べたかったのはフリークエンシーのアロケーション処理、もっと言えばテレビとデジタル広告のアロケーションです。例えば、あるキャンペーンではテレビCMを7回当てたほうがいいか10回当てたほうがよいか考えていたとします。その考え方は正しいのですが、テレビでは当たらない層が生まれたり、テレビでは伝わらない情報があったりしますので、そうした点については、ほかのデバイスで補わなければならないということが、今回の調査からは見えてきたといえます。結果として、テレビとスマホを一緒にやることが重要だといえます。

脳活動をプロモーション提案に

― 今回の結果を、今後はプロダクトに落とし込んだり、営業施策に落とし込んだりされるのではないかと思いますが、具体的にはどのように展開していくのでしょうか?イメージをお聞かせください。

写真3

羽永氏 CMのどの部分に脳波が反応したかのデータがとれているので、クリエイティブチェックをして、広告のA案とB案のどちらを選択するかの材料にすれば面白いと思っています。また、反応された部分にアレンジを加え、どういうキャッチコピーに反応しているかによって、テロップやナレーションを変えれば、よりCMの質を上げていくいことができます。これらをつなぎあわせて、次のクリエイティブに生かせますので、クォーターに1度調査をすることによって、よいものをつくったり、ABテストの結果でよかった方を全国放送したりといったこともできるでしょう。

また、配信面との相性もあります。タレントさんの好き嫌いなどでも脳血流は変わります。ですから、見ている人の好きなタレントが出ている番組のCMにタレントを出せば脳血流も上がります。ですから、たとえばスポーツ選手を使ったCMをスポーツ番組に使うとよいでしょう。

― 今回の調査結果を受けての提案は、広告主にされているのでしょうか。

羽永氏 はい、すでに提案しています。やはり宣伝部のかたは気にされており、感性でつくっているクリエイティブを数値化できるのはよいと思われているようです。アンケートベースでAかBを決めるのは「本当の声」ではなく、バイアスがかかっていることが多いため、数値化してはっきりさせることに興味が持たれているようです。

また、CM好感度調査にもある程度の裏付けができるのではないかと考えています。今後、スマホに関しては、関心のある記事を閲覧、検索する中で見るということで、脳活動のトレンドが基本的に上昇する傾向があります。また、ニューロマーケティングの評価を行えばより効果的なCMを提供できると思います。スマホ使用による脳の活性化を上手にとらえて戦略化できればよいですね。

スマホが勝手に仮想通貨マイニング?オペラブラウザが「クリプトジャック」防止機能を追加 – コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

 ウェブサイトを閲覧するためのブラウザソフトのオペラ(Opera)が22日、サイト閲覧中にスマホが所有者の意思に反して仮想通貨マイニングを行うことを防ぐ機能を追加した。昨年12月よりデスクトップ版ソフトには同機能が搭載されていたが、スマホ版はまだだった。

 最近になって、所有者の知らぬうちにスマホが仮想通貨マイニングに使用される「クリプトジャック」が問題となっている。スマホが悪意を持ったサイトによってクリプトジャックされると、電池消耗が激しくなる上、動作も遅くなってしまう。昨年には米動画閲覧サイトのShowtimeも、コインハイブとよばれるスクリプトを使って無断でユーザーのデバイスを使いモネロを採掘していたことが判明するなど物議をかもしていた。

 オペラのプロダクトマーケティング部ヴァイスプレジデントであるジャン・スタンダル氏によると、「ウェブサイトを閲覧する際に使用中のスマホが知らずに仮想通貨マイニングに使われていても視覚的にはわからない。(悪意のある)サイトのページを開けておくだけで、4時間半分の電池を奪ってしまい、他のアプリを起動する余力がなくなってしまう」。

 同社プレスリリースは、使用中のスマホが仮想通貨マイニングに使われていないかをチェックするサイトへのリンクも張って注意喚起している。

スマホのフィルタリング、利用65% 県が呼び掛け – 中日新聞

フィルタリングの利用を呼びかけるため、県が学校で保護者向けに配布しているちらし=県庁で

写真

 十八歳未満の子どもたちが使用するスマートフォンで有害なサイトやアプリを見られないようにする「フィルタリング」の利用率が、65・6%にとどまっているとの調査結果を、県が発表した。県担当者は「出会い系サイトなどで子どもがトラブルに巻き込まれる事件は少なくない」と利用を呼びかけている。
 調査は昨年十月の十六日間に、県内の電話販売店でスマホなどを購入した契約者が対象。十八歳未満が使用する電話の契約数は九百七十三件で、このうち六百三十八件がフィルタリングを利用、三百三十五件は設定しなかった。
 県教委の調査では、県内の高校生の99%、中学生の60%、小学生の39%が携帯電話を持っている。トラブルを防ごうと、県は二〇一五年に青少年健全育成条例を改正。十八歳未満が使用する携帯を契約する際には販売店にフィルタリングの説明を義務付け、フィルターを利用しない場合は保護者がその理由を書面で販売店に提出する必要があると定めた。
 不要と申し出た理由の大半は「保護者がネット利用状況を適切に管理するため」だった。また、調査期間中に来店してフィルタリングの解除を求めた利用者も六十二人おり、LINE(ライン)やツイッターなどが利用できないことを理由に挙げた。
 スマホの場合、フィルタリングは専用のアプリを取り込めば利用できる。年齢別にどこまで制限するかを変えたり、LINEを使用できるようにするなどの設定も可能という。県の担当者は「細かい設定が可能なことなどを保護者が知らないために、フィルタリングしないケースが多い」と分析する。
 警察庁のまとめでは、ネット上のやりとりをきっかけに児童買春や児童ポルノなどの犯罪に巻き込まれた子どもは、一六年には全国で千七百三十六人で、八年前の二・二倍に上った。だまされたり脅されたりして裸の写真を送らされる被害も増えている。
 県は県内の小学六年生、中学三年生全員に学校でフィルタリングの利用を呼び掛けるちらしを配ったり、学校での講習会などを続けている。担当者は「ネット上の危険を見極めるのは大人でも難しい場合があり、フィルターをかけて子どもを守ることが重要」と強調する。
 (森耕一)

この記事を印刷する

長野の川越印刷、印刷物とスマホ連動広告 AR活用 – 日本経済新聞

 川越印刷(松本市)は「拡張現実(AR)」と呼ばれる技術を使った広告制作を始めた。スマートフォン(スマホ)を紙の印刷物にかざすと動画広告が表示される仕組みで、製品やサービスのイメージを具体的に伝えることができる。商業印刷の需要が低迷する中、IT(情報技術)と連動させた事業の開始で差別化を図り顧客を集める。

 新しい広告事業では冊子などに掲載する写真に動画再生マークを印刷する。読者はスマホに無料のAR…

スマホのアプリ中毒から抜け出す方法 – ライフハッカー[日本版]

最近では、新年の抱負として「テクノロジー中毒からの脱却」を宣言する人がたくさんいます。たとえば、こんな感じです。パズルゲームの『キャンディクラッシュ』をスマホから削除したい、Twitterのチェックを1日1回に抑えたい、フィードやフォーラムをヘイトリーディング(批判するつもりであら探し)するのをやめたい、元恋人のInstagramをストーカーのように見るのをやめたい、スクリーン以外の何かと触れ合う時間を増やしたい、などなど。

でも、「スマホ中毒」「アプリ中毒」をやめるという意思だけでは不十分です。スマホそのものや中毒性のあるアプリに手を出さないようにするためには、何らかのツールが必要になるでしょう。そんなツールをご紹介する前に、そもそもなぜ私たちはアプリを何度も開いてしまうのでしょうか。その原因を紐解いていきましょう。

ついついアプリを開いてしまう理由

アプリが中毒性を持つ大きな理由は2つあります。1つ目が、「間欠強化」。心理学の授業で教わったかもしれません。キャンディクラッシュで、いつ次のアイテムがもらえるかわからない。次にFacebookを開いたとき、何を目にするかわからない。面白い投稿かもしれないし、気が重くなる投稿かもしれない。今朝見たものと変わらないかもしれないし、大好きな人の新しい写真かもしれない。

このように、何が待っているかわからないとき人はそれを確かめたくなってしまうのです。

2つ目の理由は、人間が「社会性動物」であること。すなわち、人は他人との交流を好みます。そして、多くのアプリが人とかんたんにつながれるように作られていて、とてもソーシャル性に富んでいます。友達や家族(そして元恋人)がまだオンラインだと、なかなかアプリから離れられなくなってしまうのは無理もありません。彼らが何をしているのか、確認したくなってしまうのです。

このような衝動を止めるには、そして「1回だけ」のつもりがダラダラ長引かないようにするためには、いったいどうしたらいいのでしょう。

そのためのアイデアをいくつかご紹介します。

アプリを削除する

もっともわかりやすいソリューションです。「x」をタップして、アプリとお別れしましょう。その気になれば、またインストールできますから。

とはいえ、消せない人がいることも理解できます。だってそのアプリは、ニュースを知る手段であるだけでなく、家族や友人とつながるための手段でもあるのですから。

ということで、次善策を考えねばなりません。

「やらない時間」を決める

行列に並んでいるときの時間つぶしになるから、キャンディクラッシュを消す必要はない。仕事でのプレゼンスを維持するためにはTwitterが欠かせない。いとこの赤ちゃんの写真を見たいのでFacebookは必要。などなど、完全にアプリをやめられない理由は人それぞれあると思います。そんなときは、中毒の感覚だけを取り除きましょう

その秘訣は、やめる時間を決めてから始めること。スマホのアラームやリマインダーを使ってもいいでしょう。やめる時間を決めておくことで、ダラダラとやり続けるのではなく、そのアプリでどうしてもやっておきたいことに集中できます。同時に、Facebookの次にTwitter、その後キャンディクラッシュ、またFacebook、Twitterといった無限ループを避けることもできます。

自分の性格に合ったやめ方を見つける

1回だけと決めて始めたのにやり続けてしまう」人は多いと思います。きっと、性格的に依存を断ち切るのが苦手なタイプなのでしょう。そのような人は、たとえば誰かとの約束など、さらなる動機づけが必要です。

人生を変える習慣の作り方』などで知られる文筆家のグレッチェン・ルービンさんは、人を4つのタイプに分けています。こちらは同書でも紹介されています。

  • アップホルダー(約束を守る人):内外からの期待の両方にこたえたいタイプ
  • オブライジャー(義務を果たす人):他者からの期待にはこたえるが、自分自身による期待には抵抗する
  • クエスチョナー(疑問をもつ人):他者からの期待には抵抗し、自分自身の期待にこたえる
  • レブル(抵抗する人):内外からの期待の両方に抵抗する

他人のためなら動けるけれど、自分自身のToDoとなると先延ばししてしまうあなたは、きっとオブライジャータイプ。自分自身の価値観は大切にするけれど、他人から押し付けられた価値観や役割には反発するというあなたは、クエスチョナータイプかもしれません。

人生を変える習慣のつくり方

ルービンさんが作った4つの傾向クイズをすると、自分のタイプを知ることができます。以下に、タイプ別のアドバイスをご紹介しますので参考にしてください。

オブライジャー

SNSで「アカウンタビリティグループ」を作り、毎日自分がアプリに抵抗できたかどうかを報告する。子どもにアプリを消してもらい、またインストールしてしまったときに自分の自制心のなさを思い知る。3カ月そのアプリを使わなかったら、あなたのおごりで友人をコンサートに連れていってあげると約束する。つまり、アプリを使ってしまうと、その友人を悲しませることになる。

クエスチョナー

どれだけの時間を費やしているのか、ログをとって見える化する(クエスチョナーは自分のモニタリングが好き)。そして、人生における他の重要な目標にかける時間が、そのアプリによって奪われていることを認識する。「ギターを練習する時間がないと思っていたけど、こうすれば時間が作れるじゃないか」

レブル

レブルは挑戦好き。「家族がどうせ今回もやめられないだろうと思っているようだ。見てろよ!」「1月1日から小説を書き始めて、12月31日までに終わらせる。つまり、Twitterはしない」

アップホルダー

中毒を脱却したいと思えば、そんなに苦労しないタイプです。アップホルダーは、そういうことが得意なのです。

やめずに減らす

アプリを完全にやめるのではなく、ストレスのもとになっている部分だけをやめるだけで済むケースもあるでしょう。たとえば、アプリ内課金にお金をつぎ込んでしまうなら、クレジットカード情報を消す。SNSアプリなら、個々のアカウントについて友だち解除をしたり、ミュートをするなどの方法があります。

不安要素をもたらす部分を消したなら、またそのアプリを純粋に楽しいと思えるようになるでしょう。それまでは、楽しさだけでなく、不安や恥ずかしさも同時にあったはずです。

通知を切ってアプリを見えないところに隠す

最後に、チェックのタイミングはアプリに決められるのではなく自分で決めてください。具体的には、通知を切りましょう。バナー、ホーム画面通知、赤丸の数字を表示させないようにするのです。ついでに、アプリのアイコンをフォルダー内に移動するか、ホーム画面の2ページ目、3ページ目に移動しましょう。アプリに求められて開くのではなく、自分の意思で開くようにするのが目的です。

四六時中考えている状態から抜け出せば、見る頻度が大幅に減るでしょう。

Image: William Hook/Unsplash

Source: Amazon, SurveyGizmo

Nicole Dieker – Lifehacker US[原文

30倍の毛穴にドキリ。「スマホで肌チェック」の新時代来たる – cafeglobe

20180120_neutrogena_3

2018年1月ラスベガスのCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で発表されたハイテク製品の中で、これはほしいと思ったものがこれ! 一言で言えば、スマホで肌の状態がチェックできるスキャナーシステム。スキンケアブランドの「Neutrogena(ニュートロジーナ)」と、「Fitskin」社のコラボによる製品で、肌の状態を分析し、どういう手入れがいま必要かを教えてくれます。

20180120_neutrogena_2

20180120_neutrogena_1

具体的には、手持ちのスマホにスキャナーを装着し、肌にあてるだけ。ハイパワーライトと30倍拡大レンズ、高精度センサーによって、毛穴のサイズと外観、皺の深さやサイズ、皮膚の水分量などが測定されます。データは、ニュートロジーナのSkin360ソフトに取り込まれすぐさま分析。いまの肌の状態に最適なスキンケアアドバイスを返してくれるという仕組みです。データが増えれば増えるほど、アプリが学習し、アドバイスも、より個々のケースにピッタリ正確なものになるようつくられています。

20180120_neutrogena_4

ニュートロジーナSkin360アプリと、スキンスキャナーは、2018年後半同社サイトから発売予定。スキャナーの価格は49.99ドル(約5,500円)。年中無休24時間、完全にパーソナライズされたアドバイスをくれる、特別コーチが待機しているようなもので、個人的にも、非常に心魅かれる商品です。

Fitskin, Neutrogena Skin360