男性向けの「更年期障害」や「妊活」サプリが増加するワケ (日経トレンディネット)

 このところ、「男性向け」をうたったサプリメントが次々と登場している。そんななか、2017年10月7日に日本メンズヘルス医学会が「メンズヘルス機能性食品セミナー2017」を東京大学で開催。男性向けサプリメントを開発した食品メーカー8社の研究者や開発者による講演が行われた。どんな成分が登場し、それらにはどのような機能性が期待できるのか? セミナーの内容をレポートする。

【関連画像】堀江教授らが23~58歳の男性80人の精液を調べた結果、魚よりも肉をたくさん食べる人のほうが精液中の亜鉛濃度が高く、精子の数も多かった

 「女性に比べると男性は健康に対する意識が低かったが、最近それが変わってきた」と話すのは、日本メンズヘルス医学会理事長を務める順天堂大学大学院泌尿器外科学の堀江重郎教授だ。

 「男性向けの化粧品も増えているし、男性も外見や健康に気を配るようになってきた。より良いコンディションで仕事をしたい、という気持ちもあるのだろう。そんななか、きちんとしたエビデンス(科学的根拠)に基づいて設計された男性向けサプリメントもどんどん開発されている」(堀江教授)

 背景には、主要な男性ホルモンであるテストステロンの重要性や「男性更年期障害」の認知が広がってきたことも大きいだろう。テストステロンは筋肉や性機能だけでなく、動脈硬化や睡眠、さらに意欲や集中力などの精神面にも深くかかわっている。

 加齢やストレスで一定以上にテストステロンの分泌が減った状態がLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)、いわゆる男性更年期障害だ。男性ホルモンの減少によって起こるという意味では、基本的に女性の更年期障害と変わらない。その結果、性欲の減少、意欲の低下、不眠などの不調が表れ、がんや生活習慣病のリスクも高くなる。

 「日本の潜在患者数は600万人。ところが、LOH症候群は保険病名になっていない。そのため、機能性表示食品やサプリメントが介入できる余地がある」(堀江教授)

 テストステロンの分泌は食生活にも大きな影響を受ける。例えば亜鉛をとると、血液中のテストステロンが増えることが確認されている。一般的に亜鉛は魚よりも肉に多く含まれるとされており、23~58歳の男性80人の精液を調べた堀江教授らの研究によると、魚よりも肉をたくさん食べる人のほうが精液中の亜鉛濃度が高く、精子の数も多かったという。

 亜鉛以外にも、男性更年期障害に効果を期待できる成分はいくつもある。

20代に増える「マスク依存症」 日常生活に支障をきたし孤立の恐れも(日経トレンディネット)

 インフルエンザなどのウイルスや花粉を防ぐため、もはや必需品となっているマスク。ひと昔前までは、電車の中など人前でマスクを着けることに抵抗があったが、今や社会的に認知されるようになり、最近では、風邪が流行する冬や花粉症が多くなる春でもなく、真夏にマスクを着けている若い女性を多く見かける。

 「すっぴんだから」という理由で顔を隠すためにマスクを着けている女性は以前から見かけることはあったが、マスクを愛用する若い男性も増えているようだ。いつもマスクを着けているという人はもしかしたら「マスク依存症」なのかもしれない。

 マスク依存症は風邪予防やエチケットという目的ではなく、「自分の表情を他人に見られたくない」などの理由で外出時にマスクを手放せなくなることで、20代の若者を中心に増えているという。専門家に症状や改善策について聞いた。

マスクは“他人との壁”

 「マスク依存症は社交不安障害のひとつ」と話すのは、依存症に詳しい赤坂診療所の渡辺登所長だ。

 「社交不安障害とは、プレゼンや結婚式のスピーチなどで緊張することに極度の恥ずかしさを感じたり、他人の目が気になって人前で食事を摂ることができなかったりなど、人とのコミュニケーションで不安を感じる病気。自分が緊張していることを知られたくないから、マスクで表情を隠さないと外出できなくなる場合もあり、日常生活に支障をきたしてしまう」(渡辺所長)

 現在、社交不安障害を抱えているのは100人中5~6人と言われ、決して珍しい病気ではないが、問題は、外出はできるが人とのコミュニケーションを避ける“対人的なひきこもり”になってしまうことだ。

 「マスクはいわば他人との壁。買い物などの表面的なコミュニケーションはできても、職場や家庭などで親密な関係になるのが面倒で、結果的に孤立してしまうこともある」(渡辺所長)

 「社交不安障害は遺伝的な要素も強いが、学校や職場などで人前に立って話したときに笑われたなどの失敗体験がトラウマになっていることも多いそうだ。

【関連記事】

進化した「定番ランニングシューズ」5選 ブルゾンちえみが履いていたのは?(日経トレンディネット)

 ジョギング・ランニングの年1回以上の実施者は893万人、そのうち467万人が週1回以上の頻度で走るランナーであると推計されている(笹川スポーツ財団の2016年の調査)。2012年はそれぞれ1009万人と572万人だからここ数年は減少傾向にあるといえるが、2006年の調査では年1回の実施者が606万人、週1回の実施者が298万人だったことを考えると、流行は落ち着いたもののランニングがライフスタイルの一部としてある程度根付いたといえそうだ。

【関連画像】ニューバランス「M1040 v8」(1万3000円)。写真はブルー

 ランニングシューズの新作が発表されるタイミングは年に2回。東京マラソンのある2月、夏が終わり本格的なランニングシーズンがスタートする9月に発表されることが多い。昨今の健康ブーム、ランニングブームも手伝って、市場に参入するメーカーは増加。競合と差異化を図るために開発された新しいテクノロジーを搭載した個性的なモデルが、毎年のように登場している。

●日本人ランナーの着用率高いアシックス「ゲルカヤノ」

 一方で、細かなアップデートを繰り返しながらランナーに支持され続けている定番モデルも存在する。その最たる例がアシックスの「ゲルカヤノ」だろう。ハーフ、フルを問わずマラソン大会に出場する日本人ランナーのアシックス着用率は高い。なかでも、フルマラソン完走を目指すビギナーランナーに適したゲルカヤノは人気シリーズだ。1993年に発売された「ゲルカヤノ トレーナー」からその歴史は始まり、抜群のクッション性と安定性で20年以上に渡ってランナーの足元を支えている。

 最新作「ゲルカヤノ24」はかかと部の外側周囲に「メタクラッチ」と呼ばれる大型樹脂製のヒールカウンターを搭載。ミッドソールは2層構造で、下層部分にはアシックス独自のスポンジ材「FlyteFoam(フライトフォーム)」を搭載。これはアシックスが採用していた従来のEVA(エチレン酢酸ビニル共重合樹脂)よりも約55%軽く、クッション性と耐久性にも優れているという。上層部分にはクッション性と反発性を併せ持つ「SpEVA(スピーバ)」を搭載。衝撃緩衝性に優れた「T-GEL(ティーゲル)」とともに、着地時の衝撃を抑えて推進力を生み出してくれる。

【関連記事】

“健康間食”がトレンド! 先端ヘルシーフード5選(日経トレンディネット)

 健康トレンドの発信源として、見過ごせない米国のヘルシーフード事情。例えば最近では、「ヘルシースナッキング」と呼ばれる食習慣が日本でも広まりつつある。これは、ナッツ類やドライフルーツといった健康的な菓子で積極的に「間食」を取り、極端な空腹状態をつくらないようにしつつ、血糖値の上昇を緩やかにする食事の考え方で、ダイエット目的で取り入れる人が多い。日本でも森永製菓がきなこ味のチョコレートや、ビスケット、グミなどを「ヘルシースナッキング」シリーズとして売り出している他、ローソンやファミリーマートなどのコンビニでも、ナッツ類などの品ぞろえを強化して、ヘルシースナッキングコーナーを展開している。

【関連画像】ナチュラルローソンが販売する予定の「スイートベビーキャロット」

 そんななか、米国では今、ヘルシースナッキング関連で新たな商品が注目されている。より健康的な「生鮮スナック」と、高タンパク質の「ミートスナック」だ。この他、米国のシリコンバレーのエンジニアを中心に話題を呼んでいる「スマートサプリ」、アレルギーを持つ子供の親が熱烈に支持する「“完全”アレルゲンフリー菓子」、そしてオーガニック食品を一段進化させた「バイオダイナミックフード」といった、米国発の先端ヘルシーフードの世界を紹介したい。日本でも今後、販売が拡大しそうなものばかりだ。

“先端ヘルシーフード5選”

■【1】生鮮スナック

■【2】ミートスナック

■【3】スマートサプリ

■【4】“完全”アレルゲンフリー菓子

■【5】バイオダイナミックフード

●【1】生鮮スナック

 より健康的な間食を求めて行き着いたのが、「生鮮スナック」。要は小形にカットされたニンジンなどの野菜をスナック代わりに食べるということなのだが、これが近年、米国のスーパーなどで大幅に棚を拡大している。この動きを見て、昨年ナチュラルローソンは丸紅食料と組んでオーガニックの「スイートベビーキャロット」をディップ付きでテスト販売。すると、「想定を大きく上回る売れ行きで、7月から全店展開することを決めた」(ローソン)という。1本5㎝ほどのニンジンはそのままポリポリ食べても甘く、みずみずしい。野菜を乾燥させた「野菜スナック」より食べやすく、ディップを付ければお酒のつまみにもなりそうだ。究極の“ナチュラル菓子”として、日本でも定番商品に育つかもしれない。

【関連記事】

トップアスリートも実践!「コーピング」で実力発揮(日経トレンディネット)

仕事にもプライベートにも「ストレス」はつきもの。とりわけ年齢を重ねて責任ある立場になるほど、難しい課題に向き合う機会が増えるもの。過剰なストレスに押しつぶされ、本来の実力を発揮できなくなることもあるだろう。しかし、そんなストレスに対処し、逆にパワーに変える方法がある。オリンピック選手など強い緊張にさらされるトップアスリートも取り入れている「コーピング」というスキルだ。ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリストであり、現在はメンタルトレーニング上級指導士、IOC(国際オリンピック委員会)マーケティング委員として活躍する田中ウルヴェ京さんに教えていただく。

【関連画像】

●ストレス過多の時代、コーピングで建設的に解決策を見いだせる人に

 あなたは何をストレスと感じるだろうか。「責任を取らない上司にイライラ」「キツい同僚の言い方にオドオド」など、他人の言動に心をかき乱されることは少なくない。人間関係以外にも、難しい目標を設定されたり、希望しない部署に異動になったり、ストレスの原因は外から突然やって来ることが多い。そして、責任感の強い人ほど逃げ出すこともできずに苦しむことになる。

 しかし、ストレスを消し去ることができなくとも、「対処」を変えれば感じ方を変えられることも多いという。

 「“レジリエンス”という言葉を聞いたことがありますか。『心のしなやかさ』などと訳されることも多く、ストレス対処能力に優れている状態です。これは決してストレスを感じないという『鈍感さ』ではありません。課題設定の無謀さも上司の無責任さも認識したうえで、目の前にある状況を論理的に捉え、建設的な行動を選べる対処(コーピング)能力。すなわち『心のスキル』が高いことを表しているんです」

 なにかストレスとなる刺激があると、その反応は感情や身体にすぐに結びつくと考えがちだ。しかし、その間にある「評価」次第で、感情や身体の反応は大きく変わる。刺激に対する評価が論理的、肯定的、建設的であれば、刺激をストレスと感じずに済むだけでなく、課題解決や成長のための行動に変容させることができる。つまり、刺激を受けている状況自体をパワーに変えられる可能性があるというわけだ。刺激から反応までの一連の経過を感情からトレースし、対処することが「コーピング」なのである。

 コーピングは、そもそも「対処“行動”スキル」なので、当然、考え方だけでなく行動にも影響する。例えば、明日は重要なプレゼンだと想像してみよう。急なプレゼンで十分な準備ができていないにもかかわらず、上司からはプレッシャーをかけられているという状況。さて、あなたならどう考え、どう行動するだろう。

[1]「できるところまででも準備しよう」と考え、時間を決めて集中する。

[2]「プレゼンが失敗したらどうしよう」など、モヤモヤと想像して眠れない。

[3]「どうにかなるだろう」と前向きに考え、何もやらずに寝てしまう。

 「アスリートもよく似た状況に陥るんですよ。明日が大切な試合なのにやるべきことができていない。その際、[2]のように悶々とする人もいれば、[3]のようにストレスとも感じずにいる人もいます。しかし[3]は一見前向きに見えますが、問題を直視せずに運に頼っているだけとも言えます。ビジネスも試合も成功するには、とにかく『事前準備が整っていること』に尽きますよね。もちろん数日前に準備が整っていることが望ましいですが、どんなものにもハプニングやミスはつきもの。そのときに諦めずに集中して準備に取り組む[1]が妥当と言えるでしょう」

 しかしながら、客観視すれば最適な対処法が分かるとしても、実際に遭遇すると「不安で眠れない」「投げ出して寝てしまう」もありがちなこと。分かっていてもできないのはなぜか。原因として無意識の「考え方のクセ」があるという。