MAC Presents Check to Jersey Cape Military Spouses Club to Support Coast Guard’s ‘Stockings for Recruits’ Campaign – Cape May County Herald

The Mid-Atlantic Center for the Arts & Humanities (MAC) donated $584 collected from staff and from visitors to the Emlen Physick Estate during the Christmas season in support of the Jersey Cape Military Spouses Club’s annual Stockings for Recruits campaign. Each year, the club collects cash donations used to purchase items to fill Christmas stockings for recruits who are on base at the U.S. Coast Guard Training Center (TRACEN) Cape May during Christmas. Recruits undergoing basic training are not permitted to have traditional treats, so stockings are stuffed with permitted items, including socks, hat pins and blousing straps, as well as gift cards for the Coast Guard exchange and local businesses. Each stocking is handmade and over 500 were distributed by the club this year.

MAC is making a major change to their makeup brushes – Cosmopolitan.com

MAC synthetic makeup brushes

Instagram.com/dominic_mua

If I asked you to pass me a 217 or a 224 and you not only knew that I meant a MAC makeup brush, but you also knew the exact two eye brushes I was referring to, we would become best friends immediately.

best friendsbest friends

Giphy

Advertisement – Continue Reading Below

MAC makeup brushes have been a staple in our makeup bags and every makeup artist’s kit since the first men created the smoky eye (artistic license). Which is why we were shocked to hear that MAC were making a pretty major change to their entire brush line.

The brand announced that they will be moving away from animal hair and replacing every single one of their brushes with 100% synthetic hair.

Advertisement – Continue Reading Below

In a statement MAC announced the change along with the addition of brand new brush styles:

“Our long-lauded brush line gets treated to a makeover! Introducing our 100% synthetic brushes, incorporating the latest innovations in fibre technology for superior performance and improved longevity. An “S” on the handle following the brush number identifies each new and improved replacement. The collection brings back the 125, 161 and 139 Brushes, and also debuts two new Eye Brushes – 240S and 268S.”

Advertisement – Continue Reading Below

Advertisement – Continue Reading Below

Not only are synthetic makeup brushes completely cruelty free, but they also work better with cream products as they absorb less product. However the main argument for real hair brushes is that they are softer and work better with powder products than synthetic brushes.

MAC’s Global Senior Artist Dominic Skinner took to Instagram to explain his initial concerns around the decision, a view that has changed since using the new range.

“So MAC makeup brushes are becoming 100% synthetic with all current MAC brushes converting to man made fibre and new brushes being added to the line up. I promise I was very doubtful over them as I love my current MAC brushes, but I have been converted too. They are just as soft and in many cases, softer. The best think I’ve found is the new makeup brushes keep their shape better. Fear not! The quality is still the same if not better!!”

Advertisement – Continue Reading Below

There, you have it. The change takes place with immediate effect, so look out for an ‘S’ on your MAC brush handles from now on.

Follow Laura on Instagram.

MAC is making a major change to their makeup brushes – cosmopolitan.com (UK)

MAC synthetic makeup brushes

Instagram.com/dominic_mua

If I asked you to pass me a 217 or a 224 and you not only knew that I meant a MAC makeup brush, but you also knew the exact two eye brushes I was referring to, we would become best friends immediately.

best friendsbest friends

Giphy

Advertisement – Continue Reading Below

MAC makeup brushes have been a staple in our makeup bags and every makeup artist’s kit since the first men created the smoky eye (artistic license). Which is why we were shocked to hear that MAC were making a pretty major change to their entire brush line.

The brand announced that they will be moving away from animal hair and replacing every single one of their brushes with 100% synthetic hair.

Advertisement – Continue Reading Below

In a statement MAC announced the change along with the addition of brand new brush styles:

“Our long-lauded brush line gets treated to a makeover! Introducing our 100% synthetic brushes, incorporating the latest innovations in fibre technology for superior performance and improved longevity. An “S” on the handle following the brush number identifies each new and improved replacement. The collection brings back the 125, 161 and 139 Brushes, and also debuts two new Eye Brushes – 240S and 268S.”

Advertisement – Continue Reading Below

Advertisement – Continue Reading Below

Not only are synthetic makeup brushes completely cruelty free, but they also work better with cream products as they absorb less product. However the main argument for real hair brushes is that they are softer and work better with powder products than synthetic brushes.

MAC’s Global Senior Artist Dominic Skinner took to Instagram to explain his initial concerns around the decision, a view that has changed since using the new range.

“So MAC makeup brushes are becoming 100% synthetic with all current MAC brushes converting to man made fibre and new brushes being added to the line up. I promise I was very doubtful over them as I love my current MAC brushes, but I have been converted too. They are just as soft and in many cases, softer. The best think I’ve found is the new makeup brushes keep their shape better. Fear not! The quality is still the same if not better!!”

Advertisement – Continue Reading Below

There, you have it. The change takes place with immediate effect, so look out for an ‘S’ on your MAC brush handles from now on.

Follow Laura on Instagram.

Warning Signs on Mac System Cleaner You Must Be Aware Of – The Hilltop Online

What Does Mac System Cleaner Mean?

Make certain that if you do so you will do an extensive format of one’s own computer. Windows’ Disk cleaning program that is builtin does a position that is amazing, but it’s intended to be harmless and as simple as you can, and users would rather have a application. Micro Soft Windows-7 comprises a number of the cleanup tools that are exact same that are included including the Disk cleaning utilities that are conventional.

mac system cleaner

You then will need to have a look at it, if you’re new Mac person. You’ve probably heard by now on a bit of Apple Mac software. Crucial a Mac cleaner ought to need to thoroughly clean your Mac pc Check the faculties that are loaded within the package.

Mac software include language files. You are able to restart your Mac, to day. Most significantly you’re likely to find out that your Mac is secure as the method that is suitable cleaned your Mac.

Whatever They Told You About Mac System Cleaner Is Dead Wrong…And Here’s Why

Fill in most of the data that is significant to comprehend the car. It’s a variation but this will only allow one to completely clean up 500 MB of information in the same time. It’s only why these files aren’t required and simply earn a burden to the drive that is troublesome.

Go to Scan now and pick the option to execute a smartscan. Have a look at several ideas that are distinctive while System Preferences is available. It makes sure every one of the apps in your own mac cleanup utility apparatus are with checking on the variants out there there, up-to-date.

The sync method starts and advances during tasks. Computer functioning enables you to move to your everyday and firm procedures at a way that is significantly faster and also to love your life. By setting up the program you agree to permit the application to gather and also utilize platform wips.

Coping with assorted forms of info economically holds the secret to achievement in any task. The information area that is special is that the particular requirement. After this, it’s also wise to click on any processes that keep on being and choose the option.

There are Mac cleansing software out there, therefore it may be challenging in figuring out that which of them that you simply desire and also which ones receive the business finished. The absolute plausible advice is to commence cleaning the moment it becomes slower. There’s an idea furnished by cleaner’ designers daily that a cleaning ought to be performed.

Mac System Cleaner – What Is It?

You are currently going to be asked to decide on a place. There aren’t any settings and guides to experience. You have to be capable of managing functions, background computer configurations together with extensions within the same window that is exact.

It is vital that you understand. Among the things that are nice about Onyx is speedmymac it insures. Everything was fine until the following day as soon as I resumed my personal computer.

On this specific best music secretary your songs is going to be sprinkled. You are able to detect lots of crap on your Mac, and also the junk files seem to function as its working’s important reason. Nevertheless you’re, you’re guaranteed to obtain what you want within this app.

There’s an opinion of the manufacturers of Mac cleaner daily a cleaning has to be performed. Mac person that haven’t confronted such situation, they frequently become absolutely the absolute most crucial victims of document reduction. Though they are tiny you need to find the appropriate kinds to delete incase of any critical issues.

Testimonials of MacKeeper and also tons of third party apps can be found the web that has come to be being among the absolute most searched one of the items. It is possible to offer the same products but for pictures make use of eBay’s picture hosting and utilize many ads. The tool is multi-tasking and tons of critiques from experts together with reviews from happy customers might be read about the website.

Plus, the includes an program uninstaller which allows one to uninstall the apps alongside all their files. It ought to be more observable automatically option. Not merely it is possible to disable the app, it may scan for each one of the files left by flashed programs.

Insert a check mark to all of those cache things which you may like to delete. It will be possible to talk about folders with end users to create a fundamental room for all your files. Besides modifying documents and making new info, it is going to have to manually delete latest files on event.

De-Tox My Computer Mac additionally will help eliminate language records which aren’t utilized from the platform or software . You can observe that the CPU lover when the instance is open. Onyx delivers accessibility to solutions and crucial system features.

While the process Look in the proceedings that you take a peek at your own product or service Designer as someone which can make your way look presentable Item design and style stands apart. For this, it’s necessary for you to create the system records show up. Because it’s part of its own own process it’s quite normal to get an operating System to produce redundancies.

The New Angle On Mac System Cleaner Just Released

Advanced Mac Cleaner is featured at Advancedmaccleaner on an internet site. You should be working https://www.facebook.com/cleanmymac/ to be eligible.

There are a number of ways. Utilizing the web has turned into be described as a necessity to get a vast most persons, for example people who do not use a personal computer. It truly is only these crap files aren’t mandatory for the long term and only earn a burden for the disk drive.

シンプル is ベストなMacBook Pro専用スリーブケース

飾らないシンプルデザインにコダワリの工夫
be.ez「LA robe Graphite Case」


 MacBookに相応しいクオリティースリーブケース「be.ez『LA robe Graphite Case for MacBook Pro Retina 13inch Thunderbolt 3』」をご紹介。

 MacBook Pro Retina 13inch Thunderbolts 3モデルにぴったりとフィットする専用設計のスリーブケース。丁寧な縫製により強度を高め、型崩れがしにくく丈夫です。専用設計ならではの耐衝撃性・堅牢性・フィット感は、MacBookに相応しい最高の仕上がり!

 独自デザインのジッパーノブは、指にフィットしてスムーズな開閉を可能にします。また強い衝撃を吸収するハイテクメモリーフォームパッド(厚さ0.5mm)を内蔵しつつも、縫い目をパイピングコードで処理することにより超薄型フォルムを実現。シンプルな見た目とは裏腹、細部まで手が加えられたコダワリのスリーブケースです。

 サイズは幅314×縦219×厚さ18mm、重量は187gと軽量です。好みに合わせて選べるカラーも3パターン用意しました!

 アスキーストアでは価格3800円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。

LA robe Graphite Case for MacBook Pro Retina 13inch Thunderbolt 3をアスキーストアで注文
アスキーストアで購入


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

この連載の記事

降雪量と積もった雪の深さ表示可能「Yahoo!天気」

「雨雪レーダー」と「積雪深モード」が追加

 22日から23日にかけて、関東甲信や東北の太平洋側を中心に広い範囲で雪が降ることが予測されています。交通機関の遅延や、外出時のトラブルに繋がるため、天候情報はしっかり知っておきたいものです。

 ヤフーが提供する「Yahoo!天気」アプリに、「雨雪レーダー」と「積雪深モード」が追加されています(iOSはこちらAndroidはこちら)。

 雨雪レーダーは、雨雲の動きを地図上に表示する機能「雨雲レーダー」に降雪量の予測を追加したもの。まず、アプリのトップ画面下部中央にある「雨雲」アイコンをタップして、雨雲レーダーの地図画面を起動。さらに左側にある「雨雪」アイコンをタップすると、雨雪レーダー表示に切り替わります。

雨雲レーダー画面で、画面左の雪の結晶と雨粒の「雨雪」アイコンをタップ

雨雪レーダー画面。雪が降るエリアは紫色

 雨が降るエリアは青色、雪になる可能性のあるエリアは紫色で、それぞれ4段階の色の濃さで降る量が表示されます。1時間前から1時間先まで5分ごとの予測される雨雲の動きを表示できるほか、Yahoo! JAPAN IDでログインすると、さらに6時間先まで1時間ごとの動きも見られます。

画面左の一番下、雪だるまの「積雪」アイコンをタップすると積雪深モード

 雨雲レーダー画面で、画面左側の「積雪」アイコンをタップすると積雪深モードとなり、地上に積もっている雪の量を13段階に色分けして表示します。なお積雪情報は、毎日朝5時に更新されます。

■関連サイト



カテゴリートップへ


「Office 2016 for Mac」でリアルタイム共同編集可能に – PC Watch

 Microsoftは1月19日、「Office 2016 for Mac」をバージョン16.9.0にアップデートし、いくつかの新機能を追加した。

 MicrosoftでApple向けのオフィス製品を担当するErik Schwiebrt氏によると、バージョン16は、Windows/Mac/iOS/Androidの各プラットフォームとも、1つのコードベースに基いて制作されており、Officeの歴史のなかでは20年以上ぶりだとしている。

 これにより、Word/Excel/PowerPointでは、ほかのユーザーとリアルタイムで共同に編集作業が行なえるようになった。また、クラウドに保存したファイルの自動保存といった機能も使えるようになった。

 Wordでは、「開く」メニューでよく使うサイトやグループにアクセス可能となった。Excelでは新しいグラフや関数が追加され、ピボットテーブルグラフのサポート向上、計算のマルチスレッド化などがなされた。PowerPointでは変更箇所の確認、クイックスターターからのアウトラインの自動作成、メディアのトリミング、スライド ショーで利用できるレーザー ポインター機能などが実装された。

Swiftで秒数・日数計算機を作る

Swift Playgroundsで学ぶiOSプログラミング
第73回

カレンダーとデイトを理解

2018年01月22日 17時00分更新

文● 柴田文彦 編集●吉田ヒロ

 前回は、ページビューコントローラーを使ったプログラムの例として、万年日めくりカレンダーを作ってみました。ページをめくるたびに、日付が1日進んだり、逆に戻ったりするという単純なものですが、そこでは、当然ながら日付というものをデータとして扱わなければなりません。また、30日の次が同じ月の31日なるのか、次の月の1日になるのか判断するには、現在の一般社会で使われている暦という概念を参照しなければなりません。

 iOSには、もちろんそうしたデータを扱うための仕組みが備わっています。前回のプログラムでも、その基本的な機能を使っていました。ただし前回は、あくまでページビューコントローラーの応用例ということで、そのあたりの説明はほとんどはしょってしまいました。そこで今回は、iOSで日時やカレンダーをどのように扱うのかということについて、基本的な説明から始めます。また、それらの応用例を、何か動くプログラムでも示したいので、指定した日時と現在との差分を秒数で表示したり、指定した年月日と今日との日数差を表示するプログラムを作ってみることにします。

カレンダーの種類

 まずはカレンダーについて見ていきましょう。Objective-Cでは、NSCalendarというクラスでしたが、SwiftではCalendarという構造体(Structure)として定義されています。通常は、あまりそれらの違いを意識しなくてもいいでしょう。前回の「万年日めくりカレンダー」のプログラムの中にもあったコードですが、とりあえず、「現在の」カレンダーオブジェクトを作ってみましょう。この「現在の」というのは、iPadの「設定」の「一般」の「暦法」で選択されているカレンダーのことでした。

 このオブジェクトをcCalという定数に入れるとすれば、

let cCal = Calendar.current

のように書けばいいのでした。

 このカレンダーオブジェクトにどのような情報が含まれているかは、Swift Playgroundsのデバッグ機能で、だいたい知ることができます。

現在iPadに設定されているカレンダーのオブジェクトを作成して中身を見てみると、グレゴリオ暦、日本語、東京のタイムゾーンが設定されていることがわかります

 表示されている文字から、これはグレゴリオ暦であり、言語は日本語であるらしいことがわかります。では、「Asia/Tokyo」というのは何でしょうか。実は、これはタイムゾーンのことで、言い換えれば地球上のどこで使う(日時を表現する)カレンダーなのかを表しています。また、数字の「1」が2つほど含まれていますが、これらは週が何曜日から始まるのかと、月の最初の週の最少の日数を表すものです。

 このようにカレンダーに言語やタイムゾーンの情報が含まれていることは非常に重要です。そのおかげで、過去から現在、未来を結ぶ時間軸上の1点(デイト)が決まったとき、それをどの言語、数字で表せばいいのか、カレンダーという1つのオブジェクトを参照するだけで判断できるからです。とはいえ、厳密にはタイムゾーンの情報は暦とは関係ないので、これは便宜上の措置というものでしょう。

 では、そのタイムゾーンがどのようなものなのか、cCalのtimeZoneプロパティの中身を見てみましょう。

現在のカレンダーのタイムゾーンには、タイムゾーンの名前以外に、その略称(JST)や、時差の値が秒数で記録されています

 この中には、すでに見た「Asia/Tokyo」というタイムゾーンの名前以外に、「JST」という略称や、「32400」という数字が含まれているのが目に付きます。この32400という数字は何を意味するのでしょうか。この数字を見ると、下2桁が00となっていて、何か大きな数字で割り切れそうな気がします。そう、これは3600という大きな約数を持っています。3600と聞けばピンと来るでしょうか。60×60で、1時間の秒数を表しています。つまり32400は9時間を表すことになります。これは、日本標準時(JST)のグリニッジ標準時(GMT)との時差として知られた数字です。

 要するに、タイムゾーンには、その名前と時差の情報が含まれているわけです。もう1つ「false」というのが気になるかもしれません。これは、いわゆる「夏時間」があるかどうかを表しています。日本は、その仕組みを採用していないので、falseになっているわけです。

 ここで別のカレンダーを見て見ましょう。カレンダーのオブジェクトを作成する際には、iPadの設定に合わせたcurrentを指定する以外に、カレンダーの種類そのものを指定することもできます。例えば、日本独自のカレンダー、つまり和暦は、Calendar.Identifierのタイプとして「japanese」を指定して、

let jCal = Calendar(identifier: .japanese)

のようにしてオブジェクトjCalを作成することができます。

 このカレンダーの中身を、前と同じように見て見ましょう。

カレンダーのオブジェクトは、暦のIDを指定して作成することもできます。.japaneseを指定して作成したカレンダーは、それ以外のデータは上の現在のカレンダーとぱっと見は違わないように見えます

 iPadに設定してあるcurrentと比べると、「gregorian」だったところが「japanese」となっています。これがこのカレンダーのIDですが、他の部分は同じように見えます。試しにtimeZoneプロパティの中身を見ても、前とまったく同じです。

現在のカレンダーも、.japaneseのカレンダーも、少なくともタイムゾーンのデータはまったく同じであることがわかります。それは、どちらも地球上の日本での日時を表示するためのものだからです

 このIDの違いがどのような効果をもたらすのかについては、もう少し後で見てみることにしましょう。


この連載の記事

Macで「Alexa」の機能を使う(2) – マイナビニュース

「MacでAlexa」の2回目は、MacからAlexaへの命令について。音声コマンドはシンプルでわかりやすいが、使いたくない気分のときもあるはず。数年におよぶSiriとの関係がある我々Apple製品ユーザは、音声コマンドが万能ではないことをよく理解しているだけに、肯く向きも多いことだろう。そのあたりを実践的な方法で解決してみよう。

音楽は「Webから命令」が現実的かも

狭義の音声認識に関して言うと、Google Assistantと比較したAlexaのメリットは「認識率の高さ」といえる。これはAlexaとGoogle Assistantにおける処理の違いに由来しており、音声認識エンジンの優劣とは直接関係ないが、用途に応じた”向き不向き”を決めるひとつの原因となっている。

まず、クラウドにおける初動から違う。Google Assistantでは、受け取ったユーザの発話を最初にテキスト化し、それを分析しインテント(音声リクエストの内容を伝えるアクション)として分類する。一方のAlexaでは、最初にインテントとスロット値(インテントの目的/対象)に分類するため、ユーザの発話全体をテキスト化する用途には向いていないが、インテントに発話例をいくつか登録しておけばかなりの精度で認識してくれるのだ。

実際、試作したAlexa Skills(スマートフォンではアプリに相当する拡張機能)では、こちらの発話に対しかなり的確に反応してくれた。発音が似た言葉をインテントに登録しておく必要はあるものの、”発音の揺れ耐性”があるとでもいえばいいのか、ゴニョゴニョとした発話でも意図どおり解釈してくれる傾向がある。

しかし、外国語は事情が異なる。Alexaへの命令に海外ミュージシャンの名前や曲名が含まれる場合、筆者の発音がネイティブスピーカーとほど遠いのか、なかなか認識してくれないのだ。たとえば、Amazon Musicで聴ける「Emerson, Lake & Palmer」の曲を聴こうと、「エマーソンレイクアンドパーマーをかけて」とか「イーエルピーを再生して」と発話しても、「なんだかうまくいきません」で片付けられたり、とんでもない聞き違いをされてしまう。

この問題に対処する現実的な方法は、GUIで命令することだろう。スマートスピーカーにGUIで命令するとは本末転倒な感もあるが、スマートフォンアプリ(iOS/Android OS版「Amazon Alexa」)があるし、macOSの場合WEBブラウザで「alexa.amazon.co.jp」にアクセスすればいい。発音を変える以外にエンドユーザが認識率を向上させる方法はないため、ストレスをためるよりよほど建設的だろう。

Alexaと文字ベースで会話しよう

実際のところ、エンドユーザの立場でmacOSから直接Alexaを”どうにかする”余地は少ない。WEBサーバを用意してクラウドからアクセスできるようにすれば、クラウド上の関数(Lambdaなど)から命令を下すこともできるが、誰にでも勧められるものではない。AWS(Amazon Web Service)などの開発環境や、HerokuといったPaaS(Platform as a Service)はなおさらだ。

第204回でも紹介した「IFTTT(イフト)」は一般ユーザでもじゅうぶん扱えるが、Alexaの場合Google Assistantと比べると機能的に見劣りしてしまう。Alexa Skillsは各国/地域によりできることが制限されており、2018年1月現在では日本語で命令することができないのだ。リマインダーなどiCloudのサービスと連携するアプレットは用意されているものの、積極的に取りあげるほどでもない。

だからといって、実際に試すことが基本コンセプトの当連載としては諦めるわけにもいかない。そこで見つけたのが「AlexaNotificationCurl」。このシェルスクリプトを利用して、Alexaと文字ベースの会話を行おうという算段だ。

AlexaNotificationCurlは、引数に与えられた文字を音声に変換(Text-to-Speech)したうえでAVSのエンドポイントへ送信、その戻り値といえるAlexaの音声(MP3)を再生する。AVSに送信するのが人間の声ではなく合成音声というところがポイントだ。

公開されているシェルスクリプトはLinux用だが、Text-to-Speech用のコマンド「pico2wave」をsayコマンドに置き換えればmacOSでも動作しそう。ほかにも、サンプリングレートと量子化ビット数を16kHz/16bitに変換するための「sox」と、AVSから受け取ったAlexaの音声を再生するための「play」(afplayはパイプ経由で再生できない)という2つのコマンドが必要となるが、Homebrewでsoxパッケージをインストールすれば補えるはず。この目論見のもと作業したところ、Macでも支障なくAlexaと会話できることを確認できた。

$ brew install sox

「alexa.sh」の変更箇所は以下のとおり。sayコマンドをAlex(米国英語を話す男性の声)で実行するよう変えたくらいのもので、他はオリジナルのままだ。あとはCLIENT IDとCLIENT SECRETをAVSの開発者コンソールで取得し、「auth_code.sh」に書き込み実行することでAuthResponseを取得(この辺りの手順はAlexaNotificationCurlのREADMEを参照してほしい)すれば、Alexaとテキストで会話するための準備は完了だ。

pico2wave -w /tmp/pipe.wav "${QUESTION}" | tee pico2wav.wav | sox - -c 1 -r 16000 -e signed -b 16 -t wav - >> multipart_body.txt

↓ ↓ ↓

say -v Alex "${QUESTION}" --output-file=/tmp/voice.wav --data-format=LEF32@22050 
cat /tmp/voice.wav | tee voice.wav | sox - -c 1 -r 16000 -e signed -b 16 -t wav - >> multipart_body.txt

引数を「Hello」として「alexa.sh」を実行すると……「Hi, there」とレスポンスが。「What time is it」とすると、なぜかロンドン時間ではあるが現在時刻を英語で返してくれた。お約束の「Tell me a joke」もバッチリだ(面白さはいまひとつ伝わらないが)。AVSのエンドポイントを日本語のものに変更すれば、日本語対応にすることもできそうだが、それはまた別の機会に。

新・OS X ハッキング!(208) Macで「Alexa」の機能を使う(2) | マイナビ … – マイナビニュース

「MacでAlexa」の2回目は、MacからAlexaへの命令について。音声コマンドはシンプルでわかりやすいが、使いたくない気分のときもあるはず。数年におよぶSiriとの関係がある我々Apple製品ユーザは、音声コマンドが万能ではないことをよく理解しているだけに、肯く向きも多いことだろう。そのあたりを実践的な方法で解決してみよう。

音楽は「Webから命令」が現実的かも

狭義の音声認識に関して言うと、Google Assistantと比較したAlexaのメリットは「認識率の高さ」といえる。これはAlexaとGoogle Assistantにおける処理の違いに由来しており、音声認識エンジンの優劣とは直接関係ないが、用途に応じた”向き不向き”を決めるひとつの原因となっている。

まず、クラウドにおける初動から違う。Google Assistantでは、受け取ったユーザの発話を最初にテキスト化し、それを分析しインテント(音声リクエストの内容を伝えるアクション)として分類する。一方のAlexaでは、最初にインテントとスロット値(インテントの目的/対象)に分類するため、ユーザの発話全体をテキスト化する用途には向いていないが、インテントに発話例をいくつか登録しておけばかなりの精度で認識してくれるのだ。

実際、試作したAlexa Skills(スマートフォンではアプリに相当する拡張機能)では、こちらの発話に対しかなり的確に反応してくれた。発音が似た言葉をインテントに登録しておく必要はあるものの、”発音の揺れ耐性”があるとでもいえばいいのか、ゴニョゴニョとした発話でも意図どおり解釈してくれる傾向がある。

しかし、外国語は事情が異なる。Alexaへの命令に海外ミュージシャンの名前や曲名が含まれる場合、筆者の発音がネイティブスピーカーとほど遠いのか、なかなか認識してくれないのだ。たとえば、Amazon Musicで聴ける「Emerson, Lake & Palmer」の曲を聴こうと、「エマーソンレイクアンドパーマーをかけて」とか「イーエルピーを再生して」と発話しても、「なんだかうまくいきません」で片付けられたり、とんでもない聞き違いをされてしまう。

この問題に対処する現実的な方法は、GUIで命令することだろう。スマートスピーカーにGUIで命令するとは本末転倒な感もあるが、スマートフォンアプリ(iOS/Android OS版「Amazon Alexa」)があるし、macOSの場合WEBブラウザで「alexa.amazon.co.jp」にアクセスすればいい。発音を変える以外にエンドユーザが認識率を向上させる方法はないため、ストレスをためるよりよほど建設的だろう。

Alexaと文字ベースで会話しよう

実際のところ、エンドユーザの立場でmacOSから直接Alexaを”どうにかする”余地は少ない。WEBサーバを用意してクラウドからアクセスできるようにすれば、クラウド上の関数(Lambdaなど)から命令を下すこともできるが、誰にでも勧められるものではない。AWS(Amazon Web Service)などの開発環境や、HerokuといったPaaS(Platform as a Service)はなおさらだ。

第204回でも紹介した「IFTTT(イフト)」は一般ユーザでもじゅうぶん扱えるが、Alexaの場合Google Assistantと比べると機能的に見劣りしてしまう。Alexa Skillsは各国/地域によりできることが制限されており、2018年1月現在では日本語で命令することができないのだ。リマインダーなどiCloudのサービスと連携するアプレットは用意されているものの、積極的に取りあげるほどでもない。

だからといって、実際に試すことが基本コンセプトの当連載としては諦めるわけにもいかない。そこで見つけたのが「AlexaNotificationCurl」。このシェルスクリプトを利用して、Alexaと文字ベースの会話を行おうという算段だ。

AlexaNotificationCurlは、引数に与えられた文字を音声に変換(Text-to-Speech)したうえでAVSのエンドポイントへ送信、その戻り値といえるAlexaの音声(MP3)を再生する。AVSに送信するのが人間の声ではなく合成音声というところがポイントだ。

公開されているシェルスクリプトはLinux用だが、Text-to-Speech用のコマンド「pico2wave」をsayコマンドに置き換えればmacOSでも動作しそう。ほかにも、サンプリングレートと量子化ビット数を16kHz/16bitに変換するための「sox」と、AVSから受け取ったAlexaの音声を再生するための「play」(afplayはパイプ経由で再生できない)という2つのコマンドが必要となるが、Homebrewでsoxパッケージをインストールすれば補えるはず。この目論見のもと作業したところ、Macでも支障なくAlexaと会話できることを確認できた。

$ brew install sox

「alexa.sh」の変更箇所は以下のとおり。sayコマンドをAlex(米国英語を話す男性の声)で実行するよう変えたくらいのもので、他はオリジナルのままだ。あとはCLIENT IDとCLIENT SECRETをAVSの開発者コンソールで取得し、「auth_code.sh」に書き込み実行することでAuthResponseを取得(この辺りの手順はAlexaNotificationCurlのREADMEを参照してほしい)すれば、Alexaとテキストで会話するための準備は完了だ。

pico2wave -w /tmp/pipe.wav "${QUESTION}" | tee pico2wav.wav | sox - -c 1 -r 16000 -e signed -b 16 -t wav - >> multipart_body.txt

↓ ↓ ↓

say -v Alex "${QUESTION}" --output-file=/tmp/voice.wav --data-format=LEF32@22050 
cat /tmp/voice.wav | tee voice.wav | sox - -c 1 -r 16000 -e signed -b 16 -t wav - >> multipart_body.txt

引数を「Hello」として「alexa.sh」を実行すると……「Hi, there」とレスポンスが。「What time is it」とすると、なぜかロンドン時間ではあるが現在時刻を英語で返してくれた。お約束の「Tell me a joke」もバッチリだ(面白さはいまひとつ伝わらないが)。AVSのエンドポイントを日本語のものに変更すれば、日本語対応にすることもできそうだが、それはまた別の機会に。