グーグルがAI全力投入で挑む「ハードウェア革命」の未来図 – Forbes JAPAN

グーグル「Pixe」(Photo by Spencer Platt / Gettyimages)

2014年の初め、当時グーグルのCEOだったラリー・ペイジはハードウェア事業からの撤退を表明し、モトローラを中国のレノボに29億ドルで売却した(数十億ドルの価値があるとされるモトローラの特許は、グーグルが引き続き保有している)。

「スマートフォン市場は競争が非常に厳しく、勝ち残るためにはデバイス開発に関する全てが揃っていることが重要だ」とペイジは当時述べていた。

そして2016年、グーグルは「Pixel」をリリースし高い評価を得た。また、「グーグルホーム」を発表し、スマートスピーカー市場にも参入を果たした。

グーグルは、今度こそはハードウェアとコンシューマ・エレクトロニクス事業に長期的にコミットする覚悟のようだ。先月には、約10億ドル(約1130億円)でHTCのスマートフォン事業の一部を買収し、Pixelの開発に携わった2000人の技術者を獲得した。その2週間後には、サンフランシスコで開催したイベントで新型Pixelやスマートスピーカー、AI搭載のカメラやイヤホン、新型Chromebook、VRゴーグルなど数多くのハードウェア製品を発表した。

「時間が掛かるかもしれないが、我々はグローバルなコンシューマ・エレクトロニクス企業になることを目指したい」とグーグルでハードウェア事業の責任者を務めるリック・オスターロー(Rick Osterloh)は筆者とのインタビューで述べた。

しかし、なぜ今になってハードウェア開発に本腰を入れる決意をしたのだろうか。グーグルはその理由を明らかにしていないが、筆者は、競合他社に勝る製品をようやく開発できるようになったことが理由だと考えている。

グーグルのハードウェアが競合製品よりも優れていることに異論を唱える人は多いだろう。確かに、今月発売される「iPhone X」はスマートフォン史上最高の性能を誇り、アップルが12月に発売する「ホームポッド」も、グーグルの「Home Max」を含むあらゆるスマートスピーカーの中で最も音質が優れていると伝えられる。

また、グーグルの小型カメラ「Clips」が、GoProに勝るかどうかは不明だ。ハードウェアには一長一短があり、分野によってアップルやサムスン、LG、GoProがグーグルを上回るのは事実だ。

AppleとFoxconn、役員同士がiPhone Xの生産問題のさなか面会 – iPhone Mania

iPhone X
 
iPhone Xの組み立てを独占的に行なっているFoxconnの会長のテリー・ゴウ氏と、Appleの最高執行責任者(COO)のジェフ・ウィリアムズ氏が、今月末台湾で面会することが報じられています。

iPhone Xの生産問題のさなかの面会

Foxconn会長のゴウ氏とAppleのウィリアムズCOOは、iPhone Xの3Dセンサーモジュールの構成要素のひとつであるドットプロジェクタの生産問題のまっただ中で面会することになります。
 
ウィリアムズ氏は、iPhoneのCPU製造を担うただ唯一の企業であるTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co.,)の30周年記念行事に立ち会います。

3Dセンサーモジュールの生産問題はまだ解決していない?

iPhone Xの3Dセンサーモジュールの組み立てを請け負うのは、Foxconnの傘下にあるシャープと、LGエレクトロニクスの部品製造部門のLG Innotekです。
 
Apple製品関連の情報通として知られるKGI証券のミンチー・クオ氏は、3Dセンサーモジュールの歩留まりの低さ(不良品の数の割合の多さ)は改善に向かっているとの見解を発表しました。
 
しかしながら、シャープ役員によると、3Dセンサーモジュールの歩留まりの低さは確かに改善したものの、満足できるレベルにはまだ達していないとのことです。
 
3Dセンサーモジュールの歩留まりは、サプライヤーがフル稼働でiPhone Xを大量生産できるようなレベルには10月末まで達することができない、とシャープ役員は続けます。

一体何が話し合われるのか?

情報筋は面会の内容については触れていませんが、AppleとFoxconnの役員同士がiPhone Xの生産問題について話し合う可能性は大いにあるといわれています。
 
AppleのウィリアムズCOOは台湾でのTSMCの記念イベントで、紛争中のQualcommのスティーブン・モレンコフ最高経営責任者(CEO)とも面会せざるをえないことが伝えられており、両者の動向に注目です。
 
 
Source:Nikkei Asian Review
Photo:perzon seo/Flickr
(lexi)

LG、ありのままを再現する新画質モード「technicolor エキスパート」 | マイ … – マイナビニュース

LGエレクトロニクス・ジャパンは10月中旬から順次、テレビ製品の2017年モデルに新たな画質モード「technicolor エキスパート」を追加すると発表した。ソフトウェアアップデートによって利用できるようになる。さらに、立体音響フォーマットであるDolby Atmos(ドルビーアトモス)のTrueHDコーデック、およびMAT2_PCMコーデックにも対応する。これにより、HDMI接続による立体的なDolby Atmosのサウンドを楽しめる。

まるで壁に張り付いた絵のように見える有機ELテレビ「OLED W7P」

technicolor エキスパートは、technicolor社のカラーオプティマイズ技術によって、映像をよりオリジナルに近い画質で映し出すモード。SDRか、HDRの入力信号で利用できる。

technicolor エキスパートが追加されるのは以下の機種。

  • OLED W7Pシリーズ(OLED 77W7P / OLED 65W7P)
  • OLED E7Pシリーズ(OLED 65E7)
  • OLED C7Pシリーズ(OLED 65C7P / OLED 55C7P)
  • OLED B7Pシリーズ(OLED 65B7P / OLED 55B7P)
  • SJ8500シリーズ(65SJ8500 / 60SJ8500 / 55SJ8500)
  • SJ8000シリーズ(55SJ8000 / 49SJ8000)
  • UJ7500シリーズ(43UJ7500)

Dolby AtmosのTrueHDコーデック、およびMAT2_PCMコーデックに対応するのは以下の機種。

  • OLED W7Pシリーズ(OLED 77W7P / OLED 65W7P)
  • OLED E7Pシリーズ(OLED 65E7)
  • OLED C7Pシリーズ(OLED 65C7P / OLED 55C7P)
  • OLED B7Pシリーズ(OLED 65B7P / OLED 55B7P)

Note8は一括12万円台 ドコモ2017年冬モデルの価格をチェック – ITmedia – ITmedia


ニュース


» 2017年10月20日 06時00分 公開



ドコモの2017年冬モデルが発表された。12月までに発売される機種の価格が分かったので、一括・実質価格をまとめた。一括価格が最も高いのは「Galaxy Note8」だった。


[田中聡,ITmedia]





 NTTドコモの2017年冬〜2018年春モデルが発表された。早いものでは10月下旬から販売されるが、気になるのが価格。ここでは一括価格と、月々サポート(24回分)を引いた実質価格をまとめた。いずれも税込。

ドコモ価格
ドコモの新モデル

一括価格

  • Galaxy Note8 SC-01K……12万6360円
  • Xperia XZ Premium SO-04J(新色)……9万3960円
  • Galaxy Feel SC-04J(新色)……3万6288円
  • Xperia XZ1 SO-01K……8万6184円
  • AQUOS Sense SH-01K……3万456円
  • Xperia XZ1 Compact SO-02K……7万7760円
  • MONO MO-02K……2万5272円
  • arrows NX F-01K……8万8128円
  • M Z-01K……未定
  • V30+ L-01K……未定
  • Disney Mobile on docomo DM-01K……未定
  • JOJO L-01K……未定
  • らくらくスマートフォン me F-03K……未定
  • dtab F-03K……未定
  • arrows Tab F-02K……未定

実質価格(新規、機種変更)

  • Galaxy Note8 SC-01K……7万6464円
  • Xperia XZ Premium SO-04J(新色)……3万9528円
  • Galaxy Feel SC-04J(新色)……3万6288円(月々サポートなし)
  • Xperia XZ1 SO-01……3万6288万円
  • AQUOS Sense SH-01K……3万456円(月々サポートなし)
  • Xperia XZ1 Compact SO-02K……2万6568円
  • MONO MO-02K……2万5272円(月々サポートなし)
  • arrows NX F-01K……3万8232円
  • M Z-01K……未定
  • V30+ L-01K……未定
  • Disney Mobile on docomo DM-01K……未定
  • JOJO L-01K……未定
  • らくらくスマートフォン me F-03K……未定
  • dtab F-03K……未定
  • arrows Tab F-02K……未定

実質価格(MNP)

  • Galaxy Note8 SC-01K……2万6568円
  • Xperia XZ Premium SO-04J(新色)……1万5552円
  • Galaxy Feel SC-04J(新色)……3万6288円(月々サポートなし)
  • Xperia XZ1 SO-01……2万6288円
  • AQUOS Sense SH-01K……3万456円(月々サポートなし)
  • Xperia XZ1 Compact SO-02K……2万6568円
  • MONO MO-02K……2万5272円(月々サポートなし)
  • arrows NX F-01K……2万6568円
  • M Z-01K……未定
  • V30+ L-01K……未定
  • Disney Mobile on docomo DM-01K……未定
  • JOJO L-01K……未定
  • らくらくスマートフォン me F-03K……未定
  • dtab F-03K……未定
  • arrows Tab F-02K……未定

 一括価格と実質価格、ともに最も高いのが「Galaxy Note8 SC-01K」。6.3型有機EL、6GBメモリ、デュアルカメラ、Sペン対応などハイスペック・多機能ぶりを考えると妥当なのだろうが、気軽に手を出しにくい価格帯だ。ただしMNPだと2万6568円にまで割り引かれるので要注目。

ドコモ価格
MNP以外は高額な「Galaxy Note8 SC-01K」

 Xperiaシリーズは「Xperia XZ Premium SO-04J」「Xperia XZ1 SO-01K」「Xperia XZ1 Compact SO-02K」の順で一括価格が高いが、MNPだとXperia XZ Premiumが最も安くなる。

 docomo with対象の「Galaxy Feel SC-04J」「AQUOS Sense SH-01K」「MONO MO-02K」は月額1500円が永年割り引かれるので月々サポートは適用されないが、2年間の割引額3万6000円を一括価格から引くと、AQUOS SenseとMONOは0円未満になる(Galaxy Feelも0円に近い)。3機種とも一括価格が3万円台と安いので、ハイエンド機よりも手軽に購入できそうだ。

 今回、価格を確認できたのは12月までに発売される冬モデルのみで、2画面を搭載した「M Z-01K」やLGエレクトロニクスの「V30+」、ジョジョコラボの「JOJO L-01K」など、2018年1月以降に発売される機種の価格は未定。

 発売時期(発売日)はGalaxy Note8が10月26日、Xperia XZ Premiumの新色が10月27日、Galaxy Feelの新色、Xperia XZ1、AQUOS Senseが11月上旬、Xperia XZ1 Compactが11月中旬、MONOとarrows NXが12月上旬、他は2018年1月以降。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i

LG、同社テレビに新画質モード「technicolor エキスパート」追加 ー 色最適化の技術を活用 – Phile-web

LGエレクトロニクス・ジャパン(株)は、technicolorのカラーオプティマイズ技術を活用した画質モード「technicolor エキスパート」を、2017年モデルのテレビ製品を対象にソフトウェアアップデートにより10月中旬から順次提供開始する。


SJ8500シリーズやOLED W7Pシリーズなど、2017年モデルのテレビ製品を対象にアップデート

「technicolor エキスパート」は、オリジナル映像に近い画質を追求してより正確な色表現を目指したという、technicolor社のカラーオプティマイズ技術を活用した画質モード。SDRおよびHDRの入力信号にて利用可能とのこと。


technicolorのカラーオプティマイズ技術を活用

対象製品は有機EL/液晶テレビの2017年モデル。インターネットおよびUSB経由でのソフトウェアアップデートにより追加可能となる。さらに、同アップデートによりドルビーアトモスの「TrueHD」および「MAT2_PCM」コーデックにも対応する。

対象モデルは以下のとおり。

■新画質モード「technicolor エキスパート」追加

<有機ELテレビ>

・OLED W7Pシリーズ(OLED 77W7P / OLED 65W7P)

・OLED E7Pシリーズ(OLED 65E7P)

・OLED C7Pシリーズ(OLED 65C7P / OLED 55C7P)

・OLED B7Pシリーズ(OLED 65B7P / OLED 55B7P) ※一部流通限定モデル

<液晶テレビ>

・SJ8500シリーズ(65SJ8500 / 60SJ8500 / 55SJ8500)

・SJ8000シリーズ(55SJ8000 / 49SJ8000)

・UJ7500シリーズ(43UJ7500)

■ドルビーアトモス『TrueHD』および『MAT2_PCM』コーデック対応

<有機ELテレビ>

・OLED W7Pシリーズ(OLED 77W7P / OLED 65W7P)

・OLED E7Pシリーズ(OLED 65E7P)

・OLED C7Pシリーズ(OLED 65C7P / OLED 55C7P)

・OLED B7Pシリーズ(OLED 65B7P / OLED 55B7P)※一部流通限定モデル

ドコモ、高品質VR対応スマホ3種を発売 キャンペーンも実施 – Mogura VR

株式会社NTTドコモは、グーグルの高品質VRプラットフォームであるDaydreamに対応したスマートフォン「Galaxy Note8 SC-01K」「V30+ L-01K」「JOJO L-02K」の提供を発表しました。また、V30+ L-01Kの購入者全員にVRゴーグル「Daydream view」をプレゼントするキャンペーンが実施されます(数量に限りあり)。

グーグルは2016年秋より、一部のAndroidスマートフォンで高品質なVRが体験できるプラットフォーム「Daydream」を展開しています。2017年10月4日に開催されたグーグルの新製品発表会では、2017年モデルであるVRゴーグル「Daydream view」の日本発売が明らかにされていました。Daydreamに対応するスマートフォンはサムスンのGalaxy S8など全15機種。日本発売済の対応スマートフォンは他にもZTE Axon 7、huawei Mate9 Pro、ASUS Zenfone ARなどが存在しています。

Galaxy Note8は有機EL(Super AMOLED)を使用した6.3インチスマートフォン。すでにDaydreamやGear VRに対応しているGalaxyシリーズのフラッグシップモデルとなります。

V30+ L-01KおよびJOJO L-02KはLGエレクトロニクス社製の有機EL(POLED)を使用した6.0インチスマートフォン。こちらもDaydreamに対応しています。「JOJO L-02K」は大人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』30周年を記念したコラボレーションモデルで、原作者である荒木飛呂彦氏描きおろしのデザインや壁紙などを搭載しています。

Galaxy Note8の発売日は2017年10月26日。それ以外の2機種は2018年1月以降を予定しています。

(参考)
・Galaxy Note8 SC-01K 製品ページ
・V30+ L-01K 製品ページ
・JOJO L-02K 製品ページ
・グーグル、VRヘッドセット新型Daydream View、日本でも年内発売

関連するキーワード: DaydreamNTTドコモ

韓経:サムスン「ギャラクシーS8」、米誌で評価1位…iPhone8は4位 – 中央日報

  サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS8」が米国消費者専門誌「コンシューマーリポート」のスマートフォン評価で1位になった。アップルが先月発売したiPhone8シリーズは4、5位だった。

  海外メディアによると、コンシューマーリポートが最近、米国市場で販売されているスマートフォンを評価した結果、ギャラクシーS8とギャラクシーS8プラスがそれぞれ1、2位になった。両製品ともに評点は81点で、小数点の差で順位が分かれた。続いてサムスン電子ギャラクシーS7が80点で3位だった。ギャラクシーS7は発売から1年以上経過しているが、依然として好評を受けている。

  アップルiPhone8 PlusとiPhone8も80点を受けたが、小数点以下の差でギャラクシーS7より低い4、5位となった。サムスン電子が最近発売したギャラクシーノート8はiPhone8シリーズより一つ低い6位だった。LGエレクトロニクスのV30は今回の評価に含まれなかった。

  コンシューマーリポートは「ギャラクシーノート8はギャラクシーノート7のリコール事件後に初めて発売されたノートシリーズ」とし「バッテリー問題はなかったが、エッジ(曲面)ディスプレーを適用し、落とした時の衝撃に弱い」と評価した。

  コンシューマーリポートによると、ギャラクシーノート8はiPhone8シリーズとは違い、連続的に落として衝撃を加える「タンブリング」試験を通過できなかった。ギャラクシーノート8は50回連続で衝撃を加えた後に裏面ガラスが割れ、100回連続で落とした後には前面のディスプレーが割れた。コンシューマーリポートはギャラクシーノート8の無線充電機能、高画質ビデオ撮影機能、望遠カメラなどを長所に選んだ。

6型有機EL搭載、 Daydreamにも対応 LGの「V30+」がドコモから登場 … – ITmedia


ニュース


» 2017年10月18日 11時15分 公開



ドコモがLGエレクトロニクスの「V30+(L-01K)」を2018年1月以降に発売する。幅75mのボディーに6型有機ELを搭載。通常+広角のデュアルカメラも搭載している。


[田中聡,ITmedia]


‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i

ドコモが折りたたみ2画面スマホを発表 – Yahoo!ニュース 個人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.英語プレゼンで「勝算はある」

━━ソフトバンク孫社長、Dishに勝つための「スプリント買収提案」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月30日、KDDIに続き、ソフトバンクも決算会見を行った。売上高は3.4兆円、(前年度比6%増)、営業利益は7450億円(前年度比 10%増)の増収増益。2013年度にはガンホー連結化に伴う一時益が約1500億円出ることから国内営業利益は1兆円以上になる見通しだとされ、孫社長は「2013年度にはNTTドコモを抜く」と宣言した。

決算会見後にはスプリント買収に関する説明会が開催された。説明会のあと、珍しく、孫社長の囲みが行われた。

■孫正義社長囲み

2013年4月30日 18時00分頃

ロイヤルパークホテル 3階 ロイヤルホール

━━今回、説明会を開いて、勝算はあるか。

孫社長

「まぁ、理解いただけると思っている」

━━DishのアーガンCEOと孫社長、性格が似ていないか。

孫社長

「部分的には似ているでしょうね。アグレッシブさとか。たぶん、僕のほうがちょっと上品だと思うが」

(★ これ自分の質問。孫さんが上品だとすると、アーガンさんはどれだけ下品なのか。それはそれで気になるな)

━━(プレゼン資料の)端末ラインナップにサムスンやHTCなどがあったが、将来的にラインナップを両社で揃えていったりすることがあるのか。

孫社長

「まぁ、時間の問題でそうなると思う。サムスンは端末とネットワーク機器と両方、スプリントに収めている。それを足すと、スプリントはサムスンの世界一のお客さんだ」

(★ ただ、サムスン電子の端末事業部は、ソフトバンクのことを快くは思っていない。iPhone中心の売り方をしている間は難しいと思う)

━━端末も主力になっていると思うが。

孫社長

「われわれのグループに入ればね。当然、時間の問題でそうなるでしょうね」

━━スプリントの株主に時間をかけて説明していくと言っていたが。

孫社長

「アメリカには今月行くので、主要な株主にはいくつか説明を行いたいと思う」

(★ 4月30日なので、来月のことだと思われる)

━━すでにDishの提案のほうがいいと言っている株主もあるようだが。

孫社長

「一部ですね。ヘッジファンドの一部がそう言っている。ヘッジファンドは常にそう言って値段を上げたいというのがあるだろう。長期保有の機関投資家が圧倒的に多くの株を持っている。長期保有の機関投資家がどう判断するかがカギになる。そこをしっかりと、今回の説明をベースに理解を深めたいと思う」

━━株主総会の日程は決定なのか。

孫社長

「6月12日前後になるといわれている。我々もそのように理解している」

━━アーゲンCEOと会うという予定はないのか。

孫社長

「会う必要はないのではないか」

━━アーゲンCEOと手を組むという可能性はないのか。

孫社長

「その必要性は感じていない」

━━Dishが買収を仕掛けてきた最初の印象はどうだったか。

孫社長

「6月からこの買収のプロセスを始めて、もうじき1年になる。しかも、短い期間で合意をしたが、お互いに渡りに船だった。いまスプリントのマネジメントと我々のマネジメントが密接に行き来をしている」

━━この時間は、アメリカでは真夜中になるため、英語でメッセージを出しても伝わらないのではないか。

孫社長

「アメリカの場合、会見をひとつの部屋でやるよりも電話会見が大半。一応、日本時間で今晩、向こうの朝の時間帯に米国のメディアにも、(電話会見を)やろうと思う。主要な機関投資家にも(説明を)するつもりだ。

米国のメディアには日本に支社があり、立派なジャーナリストがいる。そういう人を通じて、世界中に発信できる。米国の担当記者も、今晩、明日にかけて質疑応答をやっていく。プレゼンはネットで動画で見られる。質問は個別のインタビューに答えていく」

(★ 「立派なジャーナリスト」と言ったときに、WSJらしき女性記者に孫社長が目配せしていたのが、印象的だった。日本のジャーナリストはバカにするくせに、こういうときは外国メディアのジャーナリストを持ち上げるんだね)

━━中国・ファーウェイに対する脅威論がアメリカにあるが、具体的な話は出ているのか。

孫社長

「中国の機器メーカーであるファーウェイやZTEは、アメリカのナショナルセキュリティで(問題視されており)、今回の許認可のプロセスでだいぶ聞かれた。我々もしっかりと配慮していくとコメントした。(それにより)ソフトバンクに対して、ナショナルセキュリティに関しての不安は全く聞かなくなった」

━━日本国内ではファーウェイの基地局が使われているが。

孫社長

「日本ではそんなに問題になっているという認識はない。少なくとも、アメリカでは号似れば郷に従え、と思っている」

━━今後、端末やネットワーク機器はスプリントと共同調達になるのか。

孫社長

「その方向で考えている。日本のメーカーも海外に売れるチャンスが一気に広がる」

(★ すでに両社に供給している京セラは、結構、チャンスがあるような気がする)

━━もう、どこか動かれているメーカーがあるのか。

孫社長

「まぁまぁ、話を始めているところ」

━━Dishからの買収提案があったあとも、スプリントとのミーティングは続いているのか。

孫社長

「もちろん、毎週やっています。今日もやったばかり」

━━その会合で、Dishの話は出たりするのか。

孫社長

「マネジメントは粛々とやっている。合意している内容を予定通りの日付で完結させたいと。スプリントのCEOであるダン・ヘッセも正式にこの間の決算会見で、7月1日で予定通りに終わるとコメントしている」

(★ 現場ではきちんと準備が進んでいるようで。ホント、Dishは邪魔でしかないようで)

━━今回もアメリカ市場でのM&Aで対抗買収の動きは想定されていたのか。

孫社長

「常にね、大きな買収には対抗が出てくるものだと思っている。粛々と進めている。サプライズではない」

━━共同調達が進んでいくと、中国機器メーカーが日本でも調達されにくくなる可能性はあるのか。

孫社長

「日本の場合は様子を見ないとわからない」

━━スプリントでは、ネクステルの終了に伴う顧客流出が続いているが、どう思うか。

孫社長

「ネクステルのお客さんは、見た目の数はどんどん減っているし、6月で終了なので、残った最後のお客さんも終了。アクティブなお客さんはすでに移っていますし、そういう意味では、大きな影響はない」

━━iPhoneはあまりスプリントで売れている印象がないのだが。

孫社長

「いや。予定通り順調に売れています」

━━(スプリントのiPhoneに対して)ソフトバンク流のテコ入れなどはしないのか。

孫社長

「我々の傘下に入ったら、いろんなことをやりたいと思う」

━━Dishから提携を求められたらどうするか。

「今の段階で複雑なことは考えない。dishはいままでどこかの会社と提携して、ジョイントベンチャーやパートナーで何かいい経験があったとは聞いていない。すべて、最後はパートナーと訴訟合戦で終わっていると聞いている。余計なことは僕の口から言うべきではない」

(★ 競争相手の悪口をいうなんて、どこかの都知事みたいだな)

■取材を終えて

ソフトバンクとスプリントはすでに毎週のようにミーティングを重ねており、本当に7月1日に向けて粛々と準備していたのだと思う。Dishからの提案があっても、現場では何事もなかったようにミーティングは継続しているようだ。

Dishからの提案により、買収金額というよりも、アメリカでは「日本企業に買収されて本当にいいのか」という感情論で、結果が左右される気がしなくもない。

個人的には、アクの強い孫社長とアーゲンCEOが手を取り合い、二人でジョイントベンチャーを作ってスプリントを買収すればいいと思う。それであれば、ソフトバンクのモバイル事業におけるノウハウと、Dishのコンテンツ調達力が生きてくるはずだ。孫社長は「いまのところ考えていない」というが、あながち、現実的な落としどころのように思うのだが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4. 先週と今週のリリース&ニュース

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週、膨大に出されるキャリアやメーカーからのプレスリリースや、話題のニュース記事をピックアップ。ニュースとしての重要度とともに、キュレーションしていきます。

■4月29日(月)

特になし

■4月30日(火)

祝日のため、なし

■5月1日(水)

ソフトバンクモバイル、人事について

<重要度★>

http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2013/20130501_01/

営業系で、組織体制が変わったってかしら。

■5月2日(木)

「docomo NEXT series Ascend D2 HW-03E」を発売

<重要度★★★>

http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2013/05/02_00.html

ようやく発売にこぎ着けた感じ。もうすぐ夏モデルが発表後すぐに発売になるので、何とかそれまでに間に合わせたというのが正しいかな。

「KDDI グローバルM2Mソリューション」の提供に関するTelenor Connexionとの提携について

<重要度★★★>

http://www.kddi.com/corporate/news_release/pdf/20130502.pdf

日本だと、どういった企業が導入するのか気になるところ。ぱっと思いつくのは重機メーカーなんだけど。

山形県における融雪等の影響に伴う支援について

<重要度★★>

http://www.kddi.com/corporate/news_release/pdf/20130502a.pdf

お見舞い申し上げます。

■5月3日(金)

祝日のため、なし

今週は大型連休のためか、リリースはほとんどありませんでした。残念。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5. 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月に突入し、来週からは夏モデル発表会に突入します。

まず、最初は5月7日にソフトバンクモバイルが行います。夏から秋にかけて、iPhoneの新型が発表されると噂される中、どんなAndroidを投入してくるのか。興味津々であります。

当日夜21時には、ニコ生で番組として「ソフトバンク夏モデル発表会を60分で振り返る」を放送します。ぜひお楽しみに。

今月は「ニコ生」強化月間として、NTTドコモ発表会&Google I/O、KDDI発表会などもニコ生番組として解説予定です。そちらもご期待ください。

■ソフトバンク夏モデル発表会を60分で振り返る

2013年5月7日21:00開演

http://live.nicovideo.jp/gate/lv136559097