象印マホービン、マイコンオーブンオースター「こんがり倶楽部」(ET-GM30型)を発売 – マイライフニュース Mylife News Network

 象印マホービンは、表面をサクッと、中はふわっと焼き上げる「サクふわトースト」コースをはじめ、トーストが4枚同時に焼ける「ビッグ&ワイド庫内」や「30分ロングデジタルタイマー」など利便性の高い機能を多数搭載したマイコンタイプのオーブントースター「こんがり倶楽部」(ET-GM30型)を9月1日から発売する。

 同製品は、“おいしいトースト”を求めるユーザーの声に応え、新たに「サクふわトースト」コースを搭載。焦げ目のつかない温度帯でじっくりと焼き上げることで、表面はサクッと軽い歯ざわり、中はふわっとした食感のトーストに仕上げる。また、トースト4枚が同時に焼ける「ビッグ&ワイド庫内」を採用。ピザやグラタンなど、様々な調理シーンで使用できる。さらに、最大30分まで調整可能なタイマーを搭載し、調理に時間を要するメニューにも対応する。

 今回、表面はサクッと、中はふわっと焼き上げる「サクふわトースト」コースを搭載した。トーストを焼き上げる際、マイコンによる温度調節を自動で実施。焦げ目のつかない温度帯に留めることで、サクッと層を厚くする。その後、一気に火力を上げて焼くことで、中身のふわっとした食感は残しつつ、表面はサクッと軽い歯ざわりのトーストに仕上げる。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月1日(金)

象印マホービン=http://www.zojirushi.co.jp

【家電大賞/炊飯器部門】南部鉄器×プレミアム対流の独自性が支持された! ZOJIRUSHI「極め炊き」 NW-AS10 “南部鉄器 極め羽釜”[PR] – GetNavi web (登録) (ブログ)

各メーカーが独自の技術でしのぎを削る炊飯器カテゴリでは、ZOJIRUSHIのNW-AS10が部門賞を獲得。高価格の製品ながら、厚い支持を集めた同モデルの魅力を解説しましょう。

南部鉄器の形状が進化し、激しい釜内対流を実現

炊飯器部門賞に輝いたNW-AS10が最も高評価を受けたポイントは、炊き上がりのおいしさとそれを実現する南部鉄器の採用にあります。GetNavi調理家電担当の青木も、その炊き上がりに太鼓判。

「モチモチかつふっくら感があり、甘み豊か。鋳鉄(南部鉄器)がIHと好相性のため発熱効率が良く(※1)、蓄熱性も高いからです」

20170320_Y14

また、ヒーターの火力は従来モデルの1・25倍(※2)に強化。釜底の形状や角度にまでこだわり、釜内に激しい対流を起こすことで米の芯まで熱と水を浸透させます。

「炊飯中のお米の撹拌はふっくらおいしいごはんを炊くカナメ。羽釜の性能も火力もより向上した本機の部門賞受賞は納得です!」(青木)

※1:NW-AS10型(南部鉄器)の発熱効率82.7%(電波法に定める電磁調理器の高周波出力測定方法にて測定) ※2:ZOJIRUSHI従来品(平成27年NP-W型かまどヒーター80W)と、NW-A型(かまどヒーター100W)との比較

南部鉄器と激しい対流で よりふっくらと炊ける!

20170320_Y13SPEC●炊飯容量:0.5〜5.5合●内釜:南部鉄器 極め羽釜●サイズ/質量:約W305×H245×D400㎜/約11.5kg

ZOJIRUSHI

圧力IH炊飯ジャー 「極め炊き」

NW-AS10 “南部鉄器 極め羽釜”

オープン価格

発熱効率が良く(※1)、蓄熱性の高い南部鉄器の羽釜を搭載。最大1450Wの大火力と1.5気圧の高圧力に加え、釜底に角度をつけるなど羽釜の形状も見直し、よりふっくらと甘いごはんが炊き上がります。ボタンを軽く押すと本体のふたが自動で閉まる機構も採用。

【KEYWORD 01 南部鉄器 極め羽釜】

日本の匠の技が生んだ特別形状

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内釜に岩手の伝統工芸品、南部鉄器を使用。今回さらに羽釜の羽の大型化や釜底に角度をつけることで釜中央部の対流を強化。米を豪快にかき回し、一粒一粒に熱を伝えます。

【KEYWORD 02プレミアム対流】

釜内の激しい対流で甘み大幅アップ

図(図左)一気に火力を上げ、お米を激しく揺らし、多くのでんぷん粒を拡散。(図左2)でんぷん粒のアルファ化が早く進み、甘み成分(還元糖)に変化。(図左3)お米の表面に甘み成分(還元糖)をコーティングする 。(図左4)1.5気圧の追い加圧で、甘み成分(還元糖)を染み込ませます

最大1450Wの大火力により釜内に激しい対流を起こし、1.5気圧の追い加圧で、うまみをお米の中に浸透。従来機種に比べ、ごはんの甘み成分(還元糖)、うまみ成分(アミノ酸)がアップしました。

【User’s Voice】

「ふっくらした食感は、まるでかまどで炊いたよう」(団体職員/33歳・男性)

「親戚の家でこれで炊いたごはんを食べた。自宅のごはんと比較にならないおいしさでした!」(会社員/27歳・女性)

「南部鉄器と大火力でアップした米の甘みに感動」(無職/69歳・男性)

「南部鉄器を使った内釜とは、なんて贅沢な炊飯器!」(自営業/42歳・女性)

「『わが家炊き』機能を使うと本当に自分好みの味に炊ける。保温機能も優秀」(会社員/43歳・男性)

象印マホービン:

圧力IH炊飯ジャー 「極め炊き」NW-AS10 “南部鉄器 極め羽釜”:

【私が解説しました】

GetNavi家電担当 青木宏彰

調理・生活家電の編集担当。炊飯器は高級モデルを中心に様々な製品をテストしている。

【家電 Watchの圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NW-AS10の記事はコチラ】

構成/ゲットナビ編集部 文/平島憲一郎 撮影/高原マサキ(TK.c)

参加児童1500名達成!ZOJIRUSHIユメセンサーキット2017来年度の参加小学校、大募集! – PR TIMES (プレスリリース)

■開催概要
 タイトル  「ZOJIRUSHIユメセンサーキット2017」
 開催時期  2017年4月下旬~9月予定
 開催場所  全国の小学校最大10校
 実施単位  クラス単位
 開催規模  各地区1日2クラス実施 最大20回
 主  催  公益財団法人日本サッカー協会
 後  援  朝日小学生新聞
 協  賛  象印マホービン株式会社
 

                  2016年開催の様子(夢先生:中嶋一貴さん)■募集概要

 応募対象  全国の小学校(開催内容についてのご相談の可能な代表者にてご応募ください。)

       ※離島や遠隔地、また少人数の学校でご希望される場合も、ぜひ事務局にお問合せください。

 募集期間  2017年1月23日(月)~3月3日(金) ※最終日17:00必着

 応募先   ユメセンサーキット事務局

 応募方法  所定の応募用紙にて事務局までFAX(06-6201-9303)か郵送にて申込

       ※応募用紙はHPよりダウンロード、もしくは事務局に電話・FAX・郵送・e-mailにて請求

 選考方法  応募校の中から、主催者が開催校を決定し、発表・通知

 


■協賛社概要
 商号  象印マホービン株式会社
 代表取締役社長  市川 典男
 本社所在地  〒530-8511 大阪市北区天満1-20-5
 創業  1918年
 設立  1948年
 従業員数  649名 平成28年11月20日現在
 ホームページ  http://www.zojirushi.co.jp/■主催者概要

 日本サッカー協会(JFA)

 正式名称  公益財団法人 日本サッカー協会

 会長  田嶋 幸三

 所在地  〒113-8311 東京都文京区サッカー通り(本郷3-10-15)JFAハウス

 協会創立  1921年

 FIFA加盟  1929年

 AFC加盟  1954年

 ホームページ  http://www.jfa.jp

■後援社概要

 社名  株式会社朝日学生新聞社

 代表取締役社長  脇阪 嘉明

 本社所在地  〒104-8433 東京都中央区築地5-3-2朝日新聞社新館9階

 創立  1967年

 従業員数  98名 平成28年6月現在

 ホームページ  http://www.asagaku.com/

■「JFAこころのプロジェクト」とは

<

p id=”p-iframe-image-16531-3″>
『JFAこころのプロジェクト』は、「子どもたちの心身の成長に寄与したい」という主旨で、日本サッカー協会が2006年2月に立ち上げたプロジェクトです。同11月にはJFA内に「JFAこころのプロジェクト推進室」を設置し、2007年4月より本格スタートを切りました。このプロジェクトは、元日本代表選手、現役Jリーグ選手、なでしこリーグ、JFL、Fリーグの選手、そのOB/OGや、多種目のスポーツ選手の現役、OB/OGなどの協力を得て、彼らを「夢先生」として小学校に派遣し、「夢の教室」と呼ばれる授業を行います。授業では、夢を持つことの大切さを伝えるとともに、助け合うことの大切さや夢に向かって進むくじけない心などについて、ディスカッションをしながら子どもたちと交流を深めます。
※詳細は公式HP( http://www.jfa.jp/social_action_programme/yumesen/ )をご参照ください。

象印、茶碗1杯から炊けるIH&マイコン炊飯ジャー「極め炊き」2機種 – 価格.com


象印、茶碗1杯から炊けるIH&マイコン炊飯ジャー「極め炊き」2機種

2017年1月10日 17:10掲載


NP-GH05 NL-BT05

象印マホービンは、炊飯容量3合の小容量タイプのIH炊飯ジャー「極め炊き NP-GH05」とマイコン炊飯ジャー「極め炊き NL-BT05」を発表。1月21日より発売する。

いずれも、茶碗1杯分から炊ける小容量タイプの炊飯ジャー「はずして洗える内ぶた」フックの色を目立ちやすいオレンジ色に変更し、ふたの取り外し部分を分かりやすくなっている。このほかの特徴としては、上ふた、側面、釜底のヒーターで釜全体を包み込むことで、芯までふっくらとしたごはんを炊き上げる。

また、雑穀米や玄米、金芽米が炊ける「健康米メニュー」を搭載し、栄養価の高い雑穀米や玄米の炊飯も可能。金芽米専用メニューも搭載した。さらに、発酵から焼き上げまで手作りパンが楽しめる「パン(発酵・焼き)」メニューも用意する。

■「極め炊き NP-GH05」

白米炊飯容量0.09〜0.54L(3合)のIH炊飯ジャー。ごはんの甘みがアップする「熟成炊き(白米)」を搭載。時間をかけて米を水に浸し芯までじっくり吸水させることで、米の芯からα化を促進。ごはんの甘み成分の1つである溶出還元糖量をアップさせた。

また、広く浅めの形状「5mmの黒厚釜」を採用することで、蓄熱性を高め、釜の側面まで熱をしっかりと伝える。このほか、ふきこぼれを抑える「大型蒸気口」を採用。ごはんがよそいやすい小さめのしゃもじが付属する。

主な仕様は、消費電力が700W、本体サイズ23(幅)×19(高さ)×30(奥行)cm、重量が3.2kg。ふた開き時の高さが36cm、電源コードが1m(コードリール式)。ボディカラーはステンレスブラウン。

■「極め炊き NL-BT05」

白米炊飯容量0.09〜0.54L(3合)のマイコン炊飯ジャー。従来モデル「NL-BS」より火力を約1.2倍に強化し、激しい対流を起こすことで炊きムラを抑え、芯までふっくらしたごはんを炊き上げられるようになっている。

主な仕様は、消費電力が495W、本体サイズ23.5(幅)×19.5(高さ)×32.5(奥行)cm、重量が3.1kg。ふた開き時の高さが36.5cm、電源コードが1m(マグネットプラグ式)。ボディカラーはブラウン。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

炊飯器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


渋谷駅前/カフェ型情報発信施設で、再開発の未来像を展示 – 流通ニュース

渋谷駅前エリアマネジメントは11月19日、工事が続く渋谷駅前エリアに新たなにぎわいを創出し、訪れる人々にまちの未来像を伝えるカフェ型情報発信施設「Shibuya info βox Supported by ZOJIRUSHI My Bottle どこでもcafe」を、八幡橋南側にオープンした。

<Shibuya info βox>
Shibuya info βox

渋谷駅前エリアマネジメントは、「遊び心で、渋谷を動かせ。」をコンセプトに、渋谷駅前でまちづくり活動「SHIBUYA+FUN PROJECT」を展開する一環。

今回、象印マホービンの協賛のもと、2017年6月30日まで、カフェを開設する。

<施設配置図>
施設配置図

工事期間中も、まちの賑わいを維持し、渋谷の魅力を駅前から発信する「SHIBUYA+FUN PROJECT」では、ハチ公前広場に屋外広告を掲出し、持続可能なエリアマネジメント活動の展開について検証する社会実験など、さまざまな取り組みを官民連携で推進している。

<展示イメージ>
展示イメージ

情報発信の新しい試みとして、工事中の敷地に仮設コンテナを設置し、多様な人々の交流の拠点づくりを目指す。

施設をサポートする象印は、2006年から展開する「マイボトルキャンペーン」の一環で、全国に給茶スポットを開設し、さまざまなイベントでも期間限定の給茶スポットを展開している。

その経験を活かし、施設で「渋谷のまちをクリーンに」をテーマに、マイボトルを持参した人に特別価格で飲料を提供し、環境対策に取り組む。

渋谷から新しい「!」を起こす「!(驚きと遊び心)」のある情報(i)を発信することをテーマに、まさに工事が行われているその場所で展開することで、来街者や地元の人、行政や事業者の交流を通じ、まちづくりへの関心や未来の渋谷に対する期待感を醸成する役割を担うことを目指す。

施設概要
実施期間:11月19日~2017年6月30日(予定)
年末年始12月27日~1月5日を除く
営業時間:平日8時~20時、土日祝12時~20時

■SHIBUYA+FUN PROJECT
http://shibuyaplusfun.com/

おもしろポット大集合展 – ジャパンデザインネット

象印マホービン株式会社が運営する「まほうびん記念館」では、多種多様な“卓上ポット”を紹介する企画展「おもしろポット大集合展」を開催する。

本展では、まほうびん記念館で所蔵しているものや、国内まほうびんメーカー各社からの協力を得て、楽しいポットを一堂に集めて紹介する。

カタチや色柄、素材、機能、多岐にわたる法人からの要請で製造したオリジナル商品など、100年以上続く日本でのまほうびん製造の歴史の中で、実にさまざまな卓上ポットが作られてきた。その中から厳選した卓上ポット60本からは、それぞれの時代背景まで垣間見ることができる。一堂に集まったおもしろポットをご覧いただきたい。

※本展は事前予約制。詳細は公式ホームページをご覧ください

渋谷駅の未来を伝えるカフェ、期間限定オープン マイボトルで割引きも – 乗りものニュース

渋谷駅の未来を伝えるカフェ、期間限定オープン マイボトルで割引きも | 乗りものニュース








大規模な再開発工事が行われている渋谷駅周辺。その未来像を伝えるカフェが、期間限定でオープンしました。マイボトル持参で割引きも行われます。


カフェ利用なしでも見学可能

 周辺で大規模な再開発工事が進んでいる渋谷。その未来像を発信するというカフェ型の情報発信施設「Shibuya info βox Supported by ZOJIRUSHI My Bottle どこでもcafe」が、2016年11月19日(土)から期間限定でオープンしました。

工事中の敷地にコンテナを仮設し、設けられた「Shibuya info βox」(写真出典:東急電鉄)。

 場所は、渋谷駅新南口近くの八幡橋南側(東京都渋谷区渋谷3丁目23)。「遊び心で、渋谷を動かせ。」をコンセプトに、渋谷駅前でまちづくり活動「SHIBUYA +FUN PROJECT」を展開している一般社団法人 渋谷駅前エリアマネジメントが、象印マホービン協賛のもと出店したものです。

 象印マホービンは、2006(平成18)年から「マイボトルキャンペーン」の一環として全国に給茶スポットを開設するなどしており、この「Shibuya info βox」でも、マイボトル持参者へ飲料を特別価格で提供。環境対策に取り組むといいます。テイクアウトのレギュラーコーヒー、氷温熟成珈琲、有機栽培紅茶セイロン、ルイボスティーが、マイボトル持参で100円引きです。

 ドリンクのほか「プレミアムブラウンバウム」(680円)、「月替わり 自家製スイーツ」(500円)といったデザートメニューも用意されます(価格はすべて税抜き)。

 施設では、パネルや動画を用い渋谷駅中心地区の未来像や基盤整備の紹介が行われており、カフェを利用しない人も見学できます。営業時間は平日が8時から20時、土休日が12時から20時で、期間は2017年6月30日(金)までの予定です(12月27日から1月5日までを除く)。

【了】





















この記事の写真一覧






関連記事

最新記事

“; $(_target).append(_result); } } if ( t>9 ){ return false } else if ( n==”/”||n.match(//[1-9]//)||n==”/archive/”||n==”/column/”||n==”/hotnews/” ){ return true } else { if(_label===’iine’) { _result=’

  • ‘; } else { _result=’
  • “; } $(_target).append(_result); t++; } }); } }); });
    }





  • 象印マホービン おいしいランチを提供するアンテナショップをオープン – 電通報

    「南部鉄器 極め羽釜」は、同社独自の羽釜形状の内釜に、岩手県の伝統工芸品・南部鉄器を使用し、甘み豊かでふっくらしたごはんの炊きあがりを追求した製品。

    初日に行われた試食会で、市川典男社長は「日本のメーカーは、いいモノをつくるのはとてもうまいが、さらに、使って幸せを感じるようなモノづくりをしなければと考えている」と同社のコンセプト「ちょっといいコト、ちゃんといいモノ。」について触れながら、「調理器具でおいしさを伝えするのは難しいが、おいしいごはんを食べて感じる幸せに向けて、コト・モノづくりをしていきたい」とあいさつした。

    第一事業部の山根博志部長は「実験室や自宅でこの炊飯器を使い、最高においしいごはんが炊けると自負している。食事には雰囲気も大切なので『象印食堂』で外食を楽しんでほしい」と話した。

    みんなを幸せにするご飯の力 – asahi.com

     近著に『一汁一菜でよいという提案』を上梓(じょうし)し、現在雑誌やテレビで活躍中の料理研究家、土井善晴さん。土井さんは「私たち日本人の主食であるご飯には、みんなを幸せにする力が備わっている」といいます。今回尾野真千子さんと共演する象印マホービン圧力IH炊飯ジャー『南部鉄器 極め羽釜』のCM撮影現場に浜田敬子元アエラ編集長が潜入し、土井さんとお二人で語りあいました。

        ◇

     「先生の最新刊『一汁一菜でよいという提案』を読んで、少しほっとしました。毎日、『今日は何を作ろう』と頭を悩ませる必要はないよ、と書かれていて」「ご飯とみそ汁。それで、十分なんですよ」

     二人の対談は、こんなやり取りから始まった。

     「うちの家は3人家族なんですが、1回の食事で食べる量は一合。ご飯は大好きなんですけど、あまり量は食べないんです」「それはおかずがたくさんありすぎるからとちゃいますか。うちの親戚の100まで生きたおじいちゃんは、晩年まで夫婦で毎日一升炊いてました」「そんなに!」「そうなんです、昔はご飯をしっかり食べていたんです。正しい配膳って手前にご飯とみそ汁を置くでしょう。それはご飯とみそ汁が食事の中心だからです。ご飯をまずしっかり食べる。茶わんにしっかりと盛られたご飯があったら人は満足する。見た目からも、身体がこれでもう十分と認識するからです」

     土井さんは、そもそもご飯を毎日食べても飽きないのは、ご飯は、お米とお水、つまり自然のものからだけで出来ていて、人工的な味付けをしていないからだという。それは自然を見て飽きることがないのと同じこと。「お米は自然の恵み、余計なことをせずに、本来備わっているおいしさを引き出す手順をふむだけで、おいしいご飯に炊きあがります」人の手を恣意(しい)的に加えていないものは、身体にもいい、身体にもいいものはおいしいものとして身体に記憶される。だから食べ飽きないのだと。

     「本当においしいものとは、ご飯やみそ汁のように、食べ終わった後にほっとするような心地よさを、身体全体に与えてくれるものなんです」

     最近は、テレビや雑誌で工夫を凝らした様々なレストラン料理や料理レシピが紹介されている。土井さんは、それらの多くはハレの料理であり、日常の料理にはそれほど凝ったものをつくる必要はないという。

     「日常がつつましいからこそハレが楽しいわけです。毎日、悩まず、工夫なしにつくれて、飽きずにずっと食べられる。その中心がご飯なんです」

     「私もそうですが、みなさん献立は毎日変えて品数もなるべく多く……という思い込みがあって、それで悩んだり、おっくうになって料理をしなくなってしまう人もいます。でもそれでは本末転倒ですね」と浜田元編集長。

     「ご飯とみそ汁を基本に、余裕があるときに魚を焼いたり、芋の煮っ転がしをつくったり、楽しんで料理をすればいいと思いますよ。毎日繰り返す基本があるからこそ、その先に新しい発見や驚き、そして喜びが生まれる。料理は責任感や義務感でするものではなく、長く続くように無理せず楽しくするのが一番」

     「私たちは料理を難しく考えすぎていたのかもしれません。もっとシンプルに、基本に戻って考えることが大事なんですね。先生は〝家庭料理の初期化〟という言葉も使われていますが、今はあらゆるものが複雑になり、選択肢が増えすぎて、どう生きていけばいいかわからないという人もいるようです。ご飯とみそ汁、身体が心地よいと思える、いつでも戻ることができる生活の基本をもっていると、複雑な世の中で自分を見失わないのかもしれませんね」と浜田元編集長。

     「食はすべてのはじまりで、生きることすべてにつながっています。だからご飯とみそ汁というのは、自分らしい幸せな人生を生きることにもつながるんです。とくに子どもの心と体、生きる力を育む家庭料理は大事ですね。改まって食育などと言うよりも、まずは家の台所でご飯を炊く姿を子どもたちに見せること。そこから子どもたちは多くを学びます。台所って思った以上に学びの場なのです。そして豪華な食事より、毎日、ごく普通に食べているものを心から〝おいしい〟と思える。そのような喜びのある毎日って、人間にとって一番の幸せなんとちゃいますか」日本人とご飯、その関係は3000年にも及ぶという。その長い付き合いを通し、ご飯は日本人の生活に対する感受性を育んできたのかもしれない。

     土井さんの言葉を聞いていると、無性にごはんとみそ汁が食べたくなる。「いつも朝ご飯はパンなのですが、明日の朝ご飯、ご飯を炊いてみようかなと思います」「そうそう。無理せず、気張らずね」

     今回撮影した『南部鉄器 極め羽釜』のCMでは、みんなを幸せにするごはんの力、土井さんはどう語っているのだろうか。

    (文・関川隆 写真・小林キユウ)

        ◇

    土井さん出演のCMは、テレビ朝日系列 フィギュアスケート中継にて限定OA(予定/一部地域を除く)
    [放送日]10/29(土)・10/30(日)・11/13(日)
    “感動体験!南部鉄器極め羽釜”ページにて随時公開
    https://www.zojirushi.co.jp/syohin/ricecooker/kando_hagama/

    宿泊施設向け低消費電力の多言語表記ケトルを発売 象印マホービン – インバウンドナビ

    象印マホービン株式会社は宿泊施設に向けた多言語表記による電気ケトルを発売する。

    11月1日より発売する当商品(CK-CH08)は訪日外国人観光客からの需要に備え、製品本体の操作パネル、並びに機能説明に日本語と英語を採用した。付属しているクイックガイドにも操作方法を日本語・英語にて記載しており、外国人がストレスなく利用できる為の対応が施されている。

    象印マホービン新商品

    価格は税別12,000円で、ワット数は600Wと低消費電力となっている。

    メルマガ登録スマホ