東芝「救済」で分かった深刻な利益相反 – 日経ビジネスオンライン

銀行の株式保有を禁止せよ

2017年10月20日(金)

10月24日に開催される東芝の臨時株主総会で、金融機関はどのような判断を下すのか。(写真は6月28日に開かれた定時株主総会)

監査法人の「不適正意見」を無視した東証

 上場廃止の危機に直面していた東芝に、東京証券取引所が救いの手を差しのべた。「特設注意市場銘柄(特注銘柄)」と「監理銘柄」に指定していた東芝株を10月12日付けで「指定解除」したのだ。

 長年にわたる粉飾決算、原子力子会社の巨額損失の発覚と経営破綻、有価証券報告書の提出遅延や監査法人からの異例の「限定付き適正」意見など、次から次へと問題が持ち上がった東芝だが、東証は「同社の内部管理体制等については、相応の改善がなされた」と認定した。監査法人は内部統制について「不適正」とする意見を出していたが、東証はそれをあっさり「無視」した格好である。

 東証の後ろには金融庁や霞が関、あるいは政治の「意向」があるのは明らかで、東証はそれを「忖度」して結論を出したのだろう。なにせ、上場廃止かどうかを決める東証の自主規制法人の理事長は元金融庁長官の天下り指定ポストなのだ。

 しかし、なぜ当局者たちは、そこまでして東芝を守ろうとしているのだろうか。東芝の社員を守るためか。東芝が持つ技術の流出を避けたいからか。それとも「東芝」という老舗の看板を残すためなのか。

 いずれも表面上は、東芝救済の理由とされている。だが、本当にそうなのか。

 東芝という看板、つまり「東芝ブランド」はすでに東芝だけのものではなくなっている。東芝は2016年、白物家電の子会社だった「東芝ライフスタイル」の80.1%の株式を中国の家電大手である美的集団(広東省)に売却した。その際の契約で、美的集団は白物家電に「東芝」ブランドを世界中で40年間使えることとした。つまり、TOSHIBAとラベルが付いている洗濯機でも、実は美的の製品ということになる。

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

東芝前社長西室泰三辭世英業達表達悼念 – DIGITIMES


東芝(Toshiba)前社長與前會長西室泰三於18日過世,與東芝關係緊密的英業達,董事長卓桐華表達悼念之意。卓桐華表示,英業達1986年要做手提電腦與手機產品,獲東芝全力…

本文限「科技」會員閱讀,請登入會員,或歡迎「申請加入會員」!
會員登入

服務加入辦法
若想立刻加入付費會員,請洽詢

客服專線:
+886-02-87125398。
(週一至週五工作日9:00~18:00)

東芝前社長西室太三辭世英業達表達悼念 – DIGITIMES


東芝(Toshiba)前社長與前會長西室泰三於18日過世,與東芝關係緊密的英業達,董事長卓桐華表達悼念之意。卓桐華表示,英業達1986年要做手提電腦與手機產品,獲東芝全力…

本文限「科技」會員閱讀,請登入會員,或歡迎「申請加入會員」!
會員登入

服務加入辦法
若想立刻加入付費會員,請洽詢

客服專線:
+886-02-87125398。
(週一至週五工作日9:00~18:00)

東芝與SK 海力士達成快閃記憶體代工關係,恐與威騰恐漸行漸遠 – 科技新報 TechNews



根據外電報導,日本科技大廠東芝(Toshiba)將可能與南韓記憶體大廠 SK 海力士(SK Hynix)在快閃記憶體代工業務方面達成合作關係,此舉將意味著過去與威騰電子(Western Digital)的合資企業恐已走到盡頭。

報導指出,近期威騰電子與東芝之間有關快閃記憶體業務代工廠的更多細節談判已陸續浮出水面。其中,2017 年東芝正在日本四日市擴建 Fab 6 工廠,以求增加其 3D NAND 記憶體的產量。預計在下一年度中,東芝的 3D NAND 快閃記憶體產量將達到四日市工廠總量的 90%。東芝對此表示,Fab 6 的擴建由該公司獨立投資。不過,威騰電子認為,其與東芝方面的合資條款顯示有權參與該項投資,因此就以此向法院申請強制介入。

根據《日經亞洲評論》報導指出,威騰電子與東芝雙方正在就能否參與 Fab 6 發展的第二輪投資展開談判。東芝記憶體業務總裁 Yasuo Naruke 就威騰電子的投資意向做出表示,指出如果雙方可以一起投資,東芝則能夠充分利用規模經濟的優勢。儘管目前雙方之間存在許多問題,其中包括法律糾紛,但雙方都希望能採取積極的態度儘快地解決這些障礙。

Yasuo Naruke 所指的威騰電子與東芝的法律糾紛,其所涉及的範圍遠超於現在的 Fab 6 投資內容。該法律糾紛主要是因為威騰電子對於東芝出售旗下記憶體業務,給予由美國私募基金公司貝恩資本(Bain Capital)所領軍的 「美日韓聯盟」 提出的訴訟所致。

此外,由於東芝方面認為,未來快閃記憶體的需求將會持續增長,故預計將在其 Fab 6 附近再建造一個新的 Fab 7 快閃記憶體代工廠,而且也預計在日本岩手縣北上市建造另一家代工廠。其中,對於 Fab 7 來說,東芝強調,除非威騰電子在法律糾紛問題上能夠有所讓步,否則威騰電子合資企業將無權使用 Fab 7 工廠。

至於,關於岩手縣北上市的新工廠,東芝也表示,該工廠將獨立於與威騰電子的合資企業之外。這些聲明顯示,東芝在與威騰電子間的法律糾紛尚未完成進一步結果前,積極與威騰電子進行切割的決心。相對的,這些切割也可能影響到威騰電子未來在快閃記憶體業務上的發展。

Naruke 表示,未來東芝與 SK 海力士之間的所有合作關係。都將獨立於與威騰電子合資的四日市快閃記憶體代工廠之外,並且 SK 海力士也不能對四日市代工廠進行投資。此外,Naruke 補充,若與威騰電子的法律訴訟影響了東芝在 Fab 6 廠的擴建投資,則威騰電子也將無法取得由 Fab 6 所生產的 96 層堆疊 3D NAND 快閃記憶體。不過,Naruke 還是強調,在面對與南韓三星的競爭下,雙方還是希望能夠以其他方式達成和解,因為雙方合作終究勝過獨自作戰。

(首圖來源:shutterstock) 

你可能有興趣的文章:



TMC可能提前IPO、市佔拚「2」字頭!SK/蘋果不派任董事 – MoneyDJ理財網

MoneyDJ新聞 2017-10-19 10:29:05 記者 蔡承啟 報導

時事通信社報導,將收購東芝(Toshiba)半導體事業子公司「東芝記憶體(TMC;Toshiba Memory Corporation)」的日美韓聯盟主導者美國私募基金貝恩資本(Bain Capital)日本法人代表杉本勇次18日接受採訪時表示,TMC於全球半導體(NAND Flash)市場的市佔率是有能力自現行的約15%左右水準提高至「2字頭(20幾%的水準)」。

2017年4-6月期間東芝NAND Flash全球市佔率為16.1%、和龍頭廠三星(市佔率38.3%)之間的市佔差距有呈現擴大的傾向。

朝日新聞19日報導,杉本勇次18日接受採訪時表示,收購TMC後、過半數的董事希望能由非東芝出身的人士(東芝外部人士)擔任。杉本勇次指出,不會向參與日美韓聯盟的SK Hynix、蘋果(Apple)請求董事派任事宜,而是會尋找精通半導體的人士擔任。

杉本勇次並指出,收購TMC後,目標是讓TMC於3年後IPO上市,不過上市時間也有可能提前至「2年後」。

另外,每日新聞19日報導,杉本勇次18日接受採訪時表示,若TMC出售案的審查手續無法趕在期限內(2018年3月底前)完成的話,貝恩考慮向東芝本體進行出資,期望藉此避免東芝面臨下市風險。

東芝若無法在2017年度內(2018年3月底前)完成TMC出售手續、解除債務超過局面的話,恐將被迫下市。

根據嘉實XQ全球贏家系統報價,截至台北時間19日上午9點50分為止,東芝上揚0.59%至343日圓。

根據東芝9月28日發布的新聞稿內容顯示,TMC將賣給日美韓聯盟所設立的收購目的公司「Pangea」。其中,東芝將對Pangea出資3,505億日圓,Hoya、貝恩也將分別出資270億日圓、2,120億日圓取得Pangea普通股(=取得TMC議決權),東芝和Hoya合計將握有TMC過半(50.1%)議決權。

而南韓SK Hynix也將以融資等形式提供3,950億日圓資金,蘋果(Apple)、Dell、金士頓(Kingston)和希捷(Seagate Technology)等4家美國公司將以取得不具議決權的優先股的形式提供4,155億日圓資金,另外,東芝主要往來銀行也將提供6,000億日圓融資。

東芝並指出,SK和TMC之間在未來最少10年內將設置防火牆、限制SK取得TMC機密情報,且SK提供的融資中部分雖擁有可轉換成股權的權利,不過在今後10年內SK無法取得超過15%的TMC議決權,且SK要行使股權轉換權利時,需先獲得各國獨佔禁止法當局的認可。

*編者按:本文僅供參考之用,並不構成要約、招攬或邀請、誘使、任何不論種類或形式之申述或訂立任何建議及推薦,讀者務請運用個人獨立思考能力,自行作出投資決定,如因相關建議招致損失,概與《精實財經媒體》、編者及作者無涉。


監視委、東芝の有価証券報告書の提出経緯を調査=関係筋 – ロイター

[東京 19日 ロイター] – 証券取引等監視委員会が、東芝(6502.T)の2017年3月期の有価証券報告書の作成の経緯などを調べていることがわかった。関係筋が19日、明らかにした。

東芝は、米原子力子会社(当時)ウエスチングハウスでの巨額損失の認識時期をめぐって、監査を担当しているPwCあらた監査法人と見解が折り合わず、17年3月期の有報の提出期限を延長。8月に有報を提出したものの、あらた監査法人は限定付適正意見をつけた。

有報に限定付適正意見がつくのは異例のため、監視委は提出に至る経緯を調べている。

東芝の不正会計で、監視委は2015年、同社に課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。ただ、現時点で新たな不正の疑いは出てきていないもようだ。

和田崇彦

東芝、15.6型スタンダードノートPC「dynabook T」シリーズの17年秋冬モデル – BCN RETAIL

 東芝クライアントソリューションは10月17日、店頭向けPCの17年秋冬モデルとして、15.6型スタンダードノートPC「dynabook T」シリーズの新製品4機種を10月20日から順次発売すると発表した。

201710181127_1.jpg
シリーズ最上位機種の「dynabook T85/E」

 dynabook Tシリーズは、画面表示の美しさと文字の見やすさ、高音質サウンドと高いパフォーマンスを備えたノートPC。すべての機種に高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質化や利便性を追求している。

 今回の新製品では、写真やインターネット動画などの2Dコンテンツだけでなく、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や、3D動画などの3Dコンテンツの高画質化対応を強化した。とくに、「TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+」は、独自のアルゴリズムを採用した超解像技術「レゾリューションプラス」によって、360度パノラマ動画や3D動画などの画素を補正した上で色補正することで、より自然で美しい画質に向上させる。

 

201710181127_2.jpg
新モデル最多の全4色をラインアップする「dynabook T75/E」

 さらに、360度パノラマ動画や3DCGを実用的に、気軽に楽しむためのソフトも強化して搭載した。「CyberLink PowerDirector 15 for TOSHIBA」と「CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA」は、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や写真の編集を簡単操作でサクサク快適に行える。さらに、DIY(日曜大工)の3D図面が簡単に作成できる「caDIY3D+(30日体験版)」をプリインストールする。

 また、通常1年または2年間のメーカー無償保証期間を延長し、落下、水こぼし、破損、落雷などの損傷にも対応するとともに、保証期間中は何回でも、修理金額の限度額なしで保証する「東芝PCプレミアム保証(POSAカード版)」を11月上旬から店頭で順次販売する。今回、この有償延長保証サービスをPOSAカードで店頭で購入できるようになった。

 

201710181127_3.jpg
東芝PCプレミアム保証(POSAカード版)

 価格はオープン。実勢価格価格は、「dynabook T85/E」が24万円台後半、「dynabook T75/E」が21万円台半ば、「dynabook T55/E」が17万円台後半、「dynabook T45/E」が14万円台半ばの見込み。発売日は、「dynabook T85/E」が11月中旬、他の3機種は10月20日の予定。

東芝、3Dコンテンツの高画質化に対応した15.6型ノートPC「dynabook T … – ITmedia


ニュース


» 2017年10月17日 22時41分 公開



東芝が2017年PC秋冬モデルを発表。15.6型ノートPC「dynabook T」を10月20日に発売する。






 東芝は10月17日、2017年PC秋冬モデルとして、15.6型(1920×1080ピクセル)ノートPC「dynabook T」シリーズ4機種13モデルを発表、10月20日から順次発売する。


dynabook T85/E(サテンゴールド)

 秋冬モデルは3Dコンテンツの高画質化機能が特徴。同社独自の超解像技術が3Dコンテンツに対応したことで、「TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+」上で再生した360度パノラマ動画や3D動画を美しい画質で楽しめるようになった。このほか、「CyberLink PowerDirector 15 for TOSHIBA」や「CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA」など、360度動画/写真を編集するソフトウェアもプリインストールしている。

 基本スペックはモデルによって異なり、CPUが第7世代のCore i7-7500U/Core i3-7100U/Celeron 3865U、メモリが16GB〜4GB、ストレージが512GB SSDまたは1TB HDD、光学ドライブがBlu-rayまたはDVDスーパーマルチという構成。OSは64bit版Windows 10 Homeで、Office Home & Business Premium(PowerPoint 2016搭載)プラス Office 365 サービスも付属する。


天板(モデナレッド)




左側面




右側面

 なお、落下や水こぼし、破損、落雷などでPCが故障した際、保証期間中は何回でも修理金額の限度なしで修理が受けられる「東芝PCプレミアム保証(POSAカード版)」を11月上旬に発売する。

 予想実売価格は、dynabook T85/Eが23万円前後、dynabook T75/Eが20万円前後、dynabook T55/Eが15万円台半ば、dynabook T45/Eが13万円台半ばになる見込みだ(すべて税別)。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i

東芝、3Dコンテンツの高画質化対応を強化した15.6型ノートPC「dynabook T」シリーズ – Phile-web

東芝クライアントソリューションは、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や3D動画、3DCGなどを独自の高画質技術を用いた色補正と超解像技術によって、より美しく鑑賞できる15.6型スタンダードノートPC「dynabook T」シリーズ4機種13モデルを、10月20日から順次発売する。

・「dynabook T85/E」(11月中旬発売、23万円前後)

 カラー:サテンゴールド/モデナレッド

・「dynabook T75/E」(10月20日発売、20万円前後)

 カラー:リュクスホワイト/プレシャスブラック/サテンゴールド/モデナレッド

・「dynabook T55/E」(10月20日発売、16万円台半ば)

 カラー:リュクスホワイト/プレシャスブラック/サテンゴールド

・「dynabook T45/E」(10月20日発売、13万円台半ば)

 カラー:リュクスホワイト/プレシャスブラック/サテンゴールド/モデナレッド
※価格は全てオープン、税抜予想実売価格


「dynabook T85/E」(モデナレッド)

「dynabook T」シリーズは、画面表示の美しさと文字の見やすさ、高音質サウンドと高いパフォーマンスを持つ同社のスタンダードノートPC。高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質映像を自然な色合いで再現するとしている。


「dynabook T75/E」(リュクスホワイト)

写真やインターネット動画などの2Dコンテンツのほか、360度パノラマ動画や3D動画などの3Dコンテンツの高画質化対応を強化。標準搭載する再生ソフト「TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+」は、同社独自のアルゴリズムを採用した超解像技術「レゾリューションプラス」により、360度パノラマ動画や3D動画などの画素を補正した上で色補正することで、より自然で美しい画質に向上させた再生が可能という。

また、dynabook Tシリーズはオーディオブランドのオンキヨーと、シアター音響補正技術を持つAudyssey Laboratoriesと共同で開発した「dynabookサウンドエンジン by Audyssey」を搭載。オンキヨー製ステレオスピーカーを筐体前方に下向きで配置することで、机からの反射による響きを考慮するとともに、リスニングポジションに合わせたチューニングを施している。

前述のTOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+は、WAV/FLAC/DSDなどのフォーマットをサポート。ハイレゾ音源サイト「e-onkyo music」と連携が可能で、ハイレゾ音源の購入から再生までをスムーズに行うことができる。

また、360度パノラマ動画や3DCGに対応するソフトも強化して搭載。「CyberLink PowerDirector 15 for TOSHIBA」および「CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA」は、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や写真の編集が簡単な操作で行える。ほか、DIY(日曜大工)の3D図面が簡単に作成できる「caDIY3D+(30日体験版)」をプリインストールする。


「dynabook T55/E」(プレシャスブラック)

「dynabook T45/E」(サテンゴールド)

OSは「Windows 10」をプリインストール。T85/T75/T55には第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載するほか、ブルーレイディスクドライブを備える。T45はDVDスーパーマルチドライブ搭載モデルとなる。

価格.com – 東芝、360度パノラマ&3D動画対応 15.6型ノート2017年 … – 価格.com


東芝、360度パノラマ&3D動画対応 15.6型ノート2017年秋冬モデル4機種

2017年10月17日 17:10掲載

東芝は、ノートパソコンの2011年秋冬モデルとして、「dynabook T」シリーズの15.6型スタンダードモデル4機種を発表。10月20日より順次発売する。

いずれも高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質化や利便性を追求した15.6型(1920×1080ドット)スタンダードモデル。

また、写真やインターネット動画などの2Dコンテンツだけでなく、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や3D動画・3DCGまで、独自の高画質技術を用いた色補正と超解像技術によって、より美しく鑑賞できる。

具体的には、「TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+」は、独自のアルゴリズムを採用した超解像技術「レゾリューションプラス」により、360度パノラマ動画や3D動画などの画素を補正した上で色補正することで、より自然で美しい画質に向上させて再生する。

さらに、360度パノラマ動画や3DCGを実用的に、気軽に楽しむためのソフトウェアも強化して搭載。「CyberLink PowerDirector 15 for TOSHIBA」・「CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA」は、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や写真の編集を簡単操作でサクサク快適に行える。

さらに、DIY(日曜大工)の3D図面が簡単に作成できる「caDIY3D+(30日体験版)」をプレインストールしており、話題のコンテンツを見る・作る楽しさを提供する。

本体サイズは共通で379(幅)×23.7(高さ)×258(奥行き)mm、重量が約2.4kg。インターフェイスがUSB3.0×2、USB2.0×2、HDMI出力×1。

■T85/E・T75/E 2017秋冬モデル 15.6型 フルHD液晶・指紋認証

主な仕様は、CPUが「Core i7 7500U」、メモリーが16GB DDR4(「T75/E」は8GB)、ストレージが512GB SSD、光学ドライブがブルーレイドライブ。OSは、64bit版「Windows 10 Home」を採用。「Office Home & Business Premium(PowerPoint 2016搭載)プラス Office 365 サービス」をプリインストールする。指紋センサー(Windows Hello対応)対応、加速度センサー搭載(「T75/E」のみ)。ボディカラーはサテンゴールド、モデナレッド、リュクスホワイト(「T75/E」のみ)、プレシャスブラック(「T75/E」のみ)。

市場想定価格は「T85/E」が24万円台後半、「T75/E」が21万円台半ば。

■T55/E・T45/E 2017秋冬モデル 15.6型 フルHD液晶・指紋認証

主な仕様は、CPUが「Core i3 7100U」(「T45/E」はCeleron 3865U)、メモリーが4GB DDR4、ストレージが1TB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。OSは、64bit版「Windows 10 Home」を採用。「Office Home & Business Premium(PowerPoint 2016搭載)プラス Office 365 サービス」をプリインストールする。指紋センサー(Windows Hello対応)対応、加速度センサー搭載。ボディカラーはサテンゴールド、モデナレッド(「T45/E」のみ)、リュクスホワイト、プレシャスブラック。

市場想定価格は「T55/E」が17万円台後半、「T45/E」が14万円台半ば。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

ノートパソコン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト