サムスンとソフトバンク、自動運転向けレーダー技術開発のイスラエル … – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

ホーム >
サムスンとソフトバンク、自動運転向けレーダー技術開発のイスラエルInnoviz Technologiesに出資——シリーズB調達額は7,300万米ドルに

innoviz-executive-team-1
Innoviz 経営陣

自動運転車用ソリッドステート型 LiDAR(Light Detection and Ranging)技術を開発する Innoviz Technologies が、これまでに発表されていたシリーズ B ラウンドの投資額を7,300万米ドルに拡大した。

イスラエルに拠点を置く同社は9月、Delphi Automotive、Magna International、Naver を含む著名な投資家各社による6,500万米ドルの資金調達を発表している。今回彼らはさらに2つのビッグネームを出資者リストに加え、800万米ドルが資金調達額に追加された。Samsung Electronics のアーリーステージ向け VC ファンド Samsung Catalyst と、SoftBank の韓国における持ち株会社系列の SoftBank Ventures Korea がその2社である。

現在 Innoviz は2つの LiDAR 製品の開発を行っている。高度な自動運転を可能にするオートモーティブ・グレードデバイスの InnovizOne は2019年、InnovizPro は自動運転車を開発中の会社向けに2018年初旬発売予定である。

innovizone
InnovizOne

LiDAR 技術はレーザー光を用いて周辺環境を測定するもので、自動運転車が走行速度を自動調節して混雑した道路を安全に横断するために不可欠である。

SoftBank Ventures Korea のマネージングディレクター兼パートナーである JP Lee 氏は次のように述べた。

Innoviz は、革新技術を用いて世界を変えるという当社の情熱を共有してくれます。

LiDAR は自動運転車が周辺環境を検知する上で極めて重要な技術であり、Innoviz は強い信頼性を持った LiDAR を一般市場に売り出すことにおいて、他の LiDAR 開発者よりはるかに前進していることを証明しています。

2016年設立の Innoviz Technologies は現在合計で8,200万米ドルの資金を調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

———-[AD]———-

―あなたの感動をGalaxyで世界に伝えよう- 平昌五輪開幕まであと3 … – PR TIMES (プレスリリース)

モバイル製品の世界的リーディングブランドであるGalaxyは、2018年2月に韓国・平昌にて開催される冬季オリンピックにてGalaxyユーザーの中から『ピョンチャン2018冬季オリンピック Galaxyリポーター』募集キャンペーンを2017年11月13日(月)より開始いたします。


本キャンペーンは、11月13日(月)から11月30日(木)の期間中に、Galaxy指定商品を国内でご購入された方の中から、抽選で20組40名様に『ピョンチャン2018冬季オリンピック Galaxyリポーター』として熱戦繰り広げられる現地から熱い想いを世界へ発信していただくキャンペーンです。

さらにWチャンスとして抽選で80名様に「ピョンチャン 2018 冬季オリンピック 記念ピンバッジセット(非売品)」をプレゼントいたします。

・オリンピックへの取り組みについて

当社は1988年ソウルオリンピックのローカルスポンサーとしてオリンピック支援を始めました。

1998年長野冬季オリンピック以降は、無線通信分野のワールドワイドパートナーとして、ワイヤレスオリンピックワークス(WOW)やモバイルデバイスなどの無線通信技術を提供し、オリンピックムーブメントに寄与してきました。 

リアルタイムなユーザーの位置情報サービス、双方向なコミュニケーション、そしてサムスンペイなどの革新的な無線通信技術がオリンピックに提供されています。

サムスンは、2016年のリオ、2018年の平昌、そして2020年の東京まで継続して、オリンピックのワールドワイドパートナーとして、その無線通信技術を通じて、世界最高峰のアスリートを応援し、世界中の人々へ感動を共有していきます。

<キャンペーン概要>

名  称 :『ピョンチャン2018冬季オリンピック Galaxyリポーター』キャンペーン

期  間 : 11月13日(月)から11月30日(木)

※キャンペーンのご参加にはご応募が必要です。

 応募詳細は下記キャンペーンサイトをご確認ください。

実施内容 :  期間中に、Galaxy指定商品を国内でご購入された方の中から、20組40名様に「ピョンチャン2018冬季オリンピックGalaxyリポーター」として、Galaxyユーザーを代表し、熱戦繰り広げられる現地から熱い想いを世界へ発信していただく。

プレゼント:ピョンチャン2018冬季オリンピック Galaxyリポーター  20組40名

      ピョンチャン 2018 冬季オリンピック 記念ピンバッジセット(非売品)  80名


応募締切 : 11月30日(木) 23時59分 応募完了分まで

※リポーターに選ばれた方には、電話またはeメールにてご連絡させていただきます。

※「ピョンチャン 2018 冬季オリンピック記念ピンバッジセット(非売品)」の当選者の発表は、12月中の発送をもって代えさせていただきます。

※現地レポートの方法を含む行程詳細は、当選者のみにご案内させていただきます。

※リポーターの権利を第三者に譲渡することはできません。

※リポーターの権限を換金することはできません。

キャンペーンサイト :        http://www.galaxymobile.jp/olympics-pyeongchang2018/

【キャンペーン詳細】

<リポート行程>

1日目 : 羽田~金浦到着後、専用車両にてホテル移動。到着後フリータイム。

2日目 : 専用車両にて会場へ移動。試合観戦、VIPラウンジなどの体験レポートを指定の宛先に送信していただきます。

3日目 : ソウル市内観光(現地ガイド付)をお楽しみいただきます。帰途。

※取材プログラムの開催時間によりスケジュールは変動します。詳細は当選者にのみご案内いたします。

※VIPラウンジは一部の日程でご利用いただけない場合があります。

<対象競技>

日程① : 2018年2月8日(木)~10日(土) 開会式

2月9日(金)20時00分~22時00分   会場 : ピョンチャンオリンピックスタジアム

日程② : 2018年2月11日(日・祝)~13日(火) スキージャンプ 女子ノーマルヒル決勝

2月12日(月)21時50分~23時25分  会場 : ピョンチャンオリンピックスタジアム

日程③ : 2018年2月16日(金)~18日(日) フィギュアスケート 男子シングル決勝

2月17日(土)10時00分~14時25分  会場 : カンヌンアイスアリーナ

日程④ : 2018年2月22日(木)~24日(土) フィギュアスケート 女子シングル決勝

2月23日(金)10時00分~14時10分  会場 : カンヌンアイスアリーナ

※種目・日程はお選びいただけませんので、あらかじめご了承ください。

※各種目の開催時間等は変更になる可能性がございます。

 <応募資格>

●キャンペーン期間中(2017年11月13日(月)~11月30日(木))に、Galaxy S8(SC-02J、SCV36)、Galaxy S8+(SC-03J、SCV35)、Galaxy Note8(SC-01K、SCV37)のいずれかを日本国内にて購入された方。

●応募者、および同行者ともに、2018年2月時点でのパスポートの残存有効期間が6か月以上の方。

●サムスン電子ジャパンが指定するリポート日程(2泊3日)に参加し、ご自身のGalaxyを使用した現地レポートにご協力いただける方。

<応募方法>

下記ウェブサイトから専用フォームに必要事項をご入力のうえご応募ください。登録されたeメールアドレスに申込完了通知が届いたら応募完了です。

http://www.galaxymobile.jp/olympics-pyeongchang2018/

※応募は、パソコン、タブレット、スマートフォンからのみ可能です。

※お一人様1回線ご購入につき1回の応募とさせていただきます。

※キャンペーン期間中にご応募いただいた端末のIMEI番号(15桁の端末番号)が必要です。

※以下に該当する場合は対象外となりますのでご注意ください。

   1.結果の連絡までに名義変更、住所変更をした場合。 2.購入対象期間外であったことが判明した場合。

   3.応募時の入力内容に不備がある場合。            4.当選された時点で住所が不明、連絡不能などの場合。

※応募内容確認のため、キャンペーン事務局からご連絡させていただく場合がございます。

■画像素材について『ピョンチャン2018冬季オリンピック Galaxyリポーター』キャンペーン関連画像は、https://goo.gl/Fho7fUよりダウンロード可能です。

●「Galaxy」はSamsung Electronics Co., Ltdの商標または登録商標です。

●その他、記載されている会社名、商品名、サービス名称等は、各社の商標または登録商標です。

Apple’s iPhone X sets new Launch Record while Samsung Obsesses with making new Apple Fan Mockery Ad – Patently Apple

Samsung is always fighting for Apple’s business and the two contracts for OLED displays were massive. Samsung Electronics Vice Chairman Kwon Oh-hyun, one of the company’s three co-CEOs, visited Apple back in June trying to dig up new business, especially for their new 7nm processor. Samsung’s record earnings were in fact only possible because of Apple’s OLED display orders and yet the little thankless weasels just can’t help themselves in mocking Apple, the new iPhone X and their loyal fan base in a new ad titled “Samsung Galaxy: Growing Up.

When have we ever seen massive lineups anywhere in the world with eager Samsung fans waiting to get their hands on their latest smartphone model. Never with a capital ‘C’. If you type the query into Google: “lines of Samsung fans waiting to buy their latest smartphone” you get this. No such photo is available, nada, nyet, zip. 

2 chicago apple store

Knowing now that the iPhone X is going down in the history books as the best selling iPhone in history out of the gate must have Samsung’s executives banging their heads against the wall as they watch their anti-iPhone ads over and over again wondering how the world doesn’t see their greatness over Apple.

Samsung keeps making these anti-iPhone ads year after year. A definition of insanity is: doing the same thing over and over again and expecting different results. Well, at least we can verify that their management is crazy.  

 

Some of the lyrics of this lame brain ad: “I used to be spellbound in your arms …. With all of your conniving ways you’ve lost your charm … and I’m moving on.” You wish!

Admittedly I did get a tiny chuckle out of their madness when they invented a make-believe ‘iPhone X Notch haircut’ for an Apple fan as noted in our cover graphic. Perhaps in the not-too-distant future Apple will carve a large notch out of Samsung’s profits by dropping them as a supplier to return the humor. 

10.1 Bar - News

About Making Comments on our Site: Patently Apple reserves the right to post, dismiss or edit any comments. Those using abusive language or negative behavior will result in being blacklisted on Disqus.

「Samsung DeX」で「マチキャラ」はどうなる? – ITmedia Mobile – ITmedia




 既報の通り、サムスン電子ジャパンは11月1日、「DeX Station(デックスステーション)」を主要なWeb通販サイトを通して発売します。

 DeX StationはGalaxy S8/S8+と同時に発表されたクレードルで、両機種をデスクトップPCのように使えるS8/S8+の新機能「Samsung DeX」を使うために必須のものです。

 筆者は先日、Samsung Electronics本社で取材を行うために韓国に渡航しました(参考記事)。その際に、手持ちの「Galaxy S8 SC-02J」で使うために韓国版のDeX Stationを購入してしまいました。価格は16万ウォン(約1万6000円)で、国内版の想定販売価格とほぼ同じです。

韓国版DeX Stationのパッケージ
韓国版DeX Stationのパッケージ。国内で発売することを知っていたら、ACアダプター的な意味で韓国での購入を見送ったと思われる(日本版と韓国版はプラグ形状が異なる)


DeX Station(収納時)
机に据え付けたDeX Station,机にDeX Stationを据え付けた図


DeX Station(展開時)
本体を取り付ける時は、このように背もたれ兼冷却ファンを持ち上げる


DeX Station(接続時)
DeX StationにSC-02Jを据え付ける。DeXモード中は、スマホの画面は消灯する

ドコモ向けのスマホといえば「マチキャラ」

 SC-02Jは“NTTドコモ向け”のGalaxy S8です。ドコモ向けのスマホといえば、マチキャラです。筆者はドコモオリジナルの「メイドのメイちゃん」がお気に入りで、ホーム画面で常時表示しています。

ホーム画面
筆者のスマホのホーム画面には常に「メイドのメイちゃん」がいる

 ここでふと思ったのです。DeXモードでマチキャラはどうなるのかと。

結論:マチキャラは出てくるが制約あり

 結論から言ってしまうと、DeXモード利用中にもマチキャラは出せますが、現時点では制約がいくつかあります

 まず、マチキャラの動ける範囲が限られています。具体的には、デスクトップ左側の405×720ピクセル程度の範囲内でのみ、マチキャラを動かせます。

マチキャラの動かせる範囲
マチキャラを動かせるのは赤枠の範囲内のみ。外には飛び出せない

 次に、接続のタイミングによってはマチキャラが過剰に大きく表示される場合があります。巨大なマチキャラも嫌いではありませんが、若干威圧感があるような気もしなくはありません。

通常サイズ
マチキャラは、通常このサイズで表示されるが……


ビッグサイズ
接続タイミングによってはこうなる。かなり大きいことがお分かりいただけただろうか

 また、マチキャラを使う「iコンシェル」アプリをウィンドウ表示した際に、ウィンドウの位置によってはマチキャラが「取り残されて」しまいます。

通常表示
通常は画面中央下にマチキャラが収まるはずの「iコンシェル」アプリだが……


DeXモード表示
DeXモードでは、アプリウィンドウの位置によってはマチキャラが「取り残される」


しゃべってコンシェル
ちなみに、iコンシェルアプリと同様にマチキャラ(しゃべってキャラ)を使う「しゃべってコンシェル」アプリではこのような問題は起こらない

 さらに、取り外しのタイミングによっては、通常モード復帰時にマチキャラが消えてしまったり、過剰に小さく表示されたりすることもあります。

過剰に小さく表示されたメイドのメイちゃん
過剰に小さく表示されたメイドのメイちゃん

 マチキャラの表示に問題が起こった場合は、いったん別のアプリを全画面で起動した後にホーム画面に戻るか、再度本体を脱着すれば元通りになるはずです。

ニーズは少ないと思うが「全画面で動いてほしい」

 「おり」に囲まれることなく、DeXモードでもマチキャラは自由に動き回ってほしいと、筆者は思っています。ニーズが少ないことは百も承知ですが、DeXモードで自由に動き回るメイドのメイちゃん(マチキャラ)を見たいのです。

 夢がかなう日は来るのでしょうか……?

(※ DeX Stationの詳細なレビューは後日お届けする予定です。お楽しみに!)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

「Samsung DeX」で「マチキャラ」はどうなる? – ITmedia




 既報の通り、サムスン電子ジャパンは11月1日、「DeX Station(デックスステーション)」を主要なWeb通販サイトを通して発売します。

 DeX StationはGalaxy S8/S8+と同時に発表されたクレードルで、両機種をデスクトップPCのように使えるS8/S8+の新機能「Samsung DeX」を使うために必須のものです。

 筆者は先日、Samsung Electronics本社で取材を行うために韓国に渡航しました(参考記事)。その際に、手持ちの「Galaxy S8 SC-02J」で使うために韓国版のDeX Stationを購入してしまいました。価格は16万ウォン(約1万6000円)で、国内版の想定販売価格とほぼ同じです。

韓国版DeX Stationのパッケージ
韓国版DeX Stationのパッケージ。国内で発売することを知っていたら、ACアダプター的な意味で韓国での購入を見送ったと思われる(日本版と韓国版はプラグ形状が異なる)


DeX Station(収納時)
机に据え付けたDeX Station,机にDeX Stationを据え付けた図


DeX Station(展開時)
本体を取り付ける時は、このように背もたれ兼冷却ファンを持ち上げる


DeX Station(接続時)
DeX StationにSC-02Jを据え付ける。DeXモード中は、スマホの画面は消灯する

ドコモ向けのスマホといえば「マチキャラ」

 SC-02Jは“NTTドコモ向け”のGalaxy S8です。ドコモ向けのスマホといえば、マチキャラです。筆者はドコモオリジナルの「メイドのメイちゃん」がお気に入りで、ホーム画面で常時表示しています。

ホーム画面
筆者のスマホのホーム画面には常に「メイドのメイちゃん」がいる

 ここでふと思ったのです。DeXモードでマチキャラはどうなるのかと。

結論:マチキャラは出てくるが制約あり

 結論から言ってしまうと、DeXモード利用中にもマチキャラは出せますが、現時点では制約がいくつかあります

 まず、マチキャラの動ける範囲が限られています。具体的には、デスクトップ左側の405×720ピクセル程度の範囲内でのみ、マチキャラを動かせます。

マチキャラの動かせる範囲
マチキャラを動かせるのは赤枠の範囲内のみ。外には飛び出せない

 次に、接続のタイミングによってはマチキャラが過剰に大きく表示される場合があります。巨大なマチキャラも嫌いではありませんが、若干威圧感があるような気もしなくはありません。

通常サイズ
マチキャラは、通常このサイズで表示されるが……


ビッグサイズ
接続タイミングによってはこうなる。かなり大きいことがお分かりいただけただろうか

 また、マチキャラを使う「iコンシェル」アプリをウィンドウ表示した際に、ウィンドウの位置によってはマチキャラが「取り残されて」しまいます。

通常表示
通常は画面中央下にマチキャラが収まるはずの「iコンシェル」アプリだが……


DeXモード表示
DeXモードでは、アプリウィンドウの位置によってはマチキャラが「取り残される」


しゃべってコンシェル
ちなみに、iコンシェルアプリと同様にマチキャラ(しゃべってキャラ)を使う「しゃべってコンシェル」アプリではこのような問題は起こらない

 さらに、取り外しのタイミングによっては、通常モード復帰時にマチキャラが消えてしまったり、過剰に小さく表示されたりすることもあります。

過剰に小さく表示されたメイドのメイちゃん
過剰に小さく表示されたメイドのメイちゃん

 マチキャラの表示に問題が起こった場合は、いったん別のアプリを全画面で起動した後にホーム画面に戻るか、再度本体を脱着すれば元通りになるはずです。

ニーズは少ないと思うが「全画面で動いてほしい」

 「おり」に囲まれることなく、DeXモードでもマチキャラは自由に動き回ってほしいと、筆者は思っています。ニーズが少ないことは百も承知ですが、DeXモードで自由に動き回るメイドのメイちゃん(マチキャラ)を見たいのです。

 夢がかなう日は来るのでしょうか……?

(※ DeX Stationの詳細なレビューは後日お届けする予定です。お楽しみに!)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

韓国サムスン電子、CEOが退任 – AFPBB News

【10月13日 AFP】韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)は13日、権五鉉(クォン・オヒョン、Kwon Oh-Hyun)最高経営責任者(CEO)が退任すると発表した。同社は事実上のトップである副会長の李在鎔(イ・ジェヨン、Lee Jae-Yong)被告らが関わった贈収賄スキャンダルの立て直しに苦慮している。

 同社の声明で権氏は「前例のない危機に直面する中、変化の激しいIT業界での挑戦にうまく対応するには、新しいスピリットを持った若いリーダーシップの下で新たなスタートを切る時だと考えている」と述べた。

 権氏はサムスン電子の副会長と取締役会議長も務めている。(c)AFP

Appleは折り曲げ可能な有機液晶ディスプレイをLGと共同開発、2020年以降に「フォルダブルiPhone」が登場か – GIGAZINE





iPhone XのOLEDパネルの生産を一手に引き受けるSamsungが2018年に折りたためるスマートフォンを発売すると発表して注目を集めており、「Appleもフォルダブル(折りたためる)iPhoneを登場させるのでははないか」と注目が集まっています。そんな中、実はAppleはLGと手を組んで折りたたむことが可能なOLEDパネルを開発する体制を整えていることが報じられています。

더벨 – 국내 최고 자본시장(Capital Markets) 미디어
http://www.thebell.co.kr/front/free/contents/news/article_view.asp?key=201710100100002080000119

Apple Working With LG Display on Future Foldable iPhone – Mac Rumors
https://www.macrumors.com/2017/10/11/apple-lg-foldable-iphone/

業界関係者の話として韓国のニュースサイトThe Bellが伝えたところによると、AppleがフォルダブルiPhone開発のパートナーとして選んだのは、サムスン系でiPhone Xのディスプレイを生産している「Samsung Display」ではなく、「LG Display」(LGD)だったことが明らかになっています。その理由については、GalaxyシリーズなどのAndroidスマートフォンを開発・生産しているライバル企業のSamsung Electronicsに情報が漏れることを嫌ったものだとの見方が有力視されています。

複数のディスプレイ業界関係者の話としてThe Bellが伝えたところによると、LGDは近い過去の段階でAppleから折りたたみ可能なOLEDパネルの開発について打診を受け、社内に開発を担当するタスクフォースを設けて対応にあたりはじめたとのこと。また、LGグループの部品会社「LGイノテック」も折りたたみ可能なOLEDパネルに必要なフレキシブルプリント回路基板(FPCB)の開発タスクフォースを設けていることが伝えられています。

Appleがこのディスプレイを用いたフォルダブルiPhoneの発売を目指しているのは、2020年とされています。Appleはこれまで、次世代iPhoneに用いられる主要部品については1年前からパートナー企業と共有して開発を行ってきています。折りたたみ可能なOLEDパネルの業界ではSamsung Displayが最先端を進んでいるとみられており、Appleもその技術を使いたいことは想像に難くありませんが、Appleが求めるOLEDパネルのフォームファクタがライバル陣営に漏れることをAppleが嫌い、LGDに協力を打診したものとみられています。2020年というターゲットは、開発に十分な時間を持たせるためのものだとも見られています。

折り曲げられるディスプレイを用いるスマートフォンに関しては、Samsungが2018年にも世界初のフォルダブルAndroidスマートフォンを発表するとも予測されています。一方、LGとAppleが開発するディスプレイは2020年にならないと生産は開始されないとする業界関係者の見方もあり、およそ1年から2年程度の遅れが見られる状態です。

CNN.co.jp : 折りたためるスマホ、韓国サムスンが来年発売か


LGDは、折りたたみ可能なOLEDパネルの試作品を2~3年前に開発に成功している状態。 その後、LGDは製品化に欠かせないパネルの耐久性などの品質を高める開発を進めてきており、最終的には数千万枚という大量生産が開始された際の歩留まり(生産量から不良品を除外した出荷可能な個体の数)が最も重要なポイントになると見られています。

・関連記事
将来のiPhoneは柔軟に曲がるディスプレイを搭載か?iPhoneの部品メーカーが新素材パネルを発表 – GIGAZINE

「次期iPhoneでAppleは有機ELディスプレイを採用する」とシャープの新社長が明かす – GIGAZINE

グラフェンを使ったフレキシブルな極薄の有機ELディスプレイの開発に成功 – GIGAZINE

折り曲げ可能なフレキシブルディスプレイを低価格で実現できる透明電極素材が登場 – GIGAZINE

極薄ペラペラでマグネット貼り付けの「壁紙型55インチ有機ELディスプレイ」が登場 – GIGAZINE

・関連コンテンツ

Appleは折り曲げ可能な有機ELディスプレイをLGと共同開発、2020年 … – GIGAZINE





iPhone XのOLEDパネルの生産を一手に引き受けるSamsungが2018年に折りたためるスマートフォンを発売すると発表して注目を集めており、「Appleもフォルダブル(折りたためる)iPhoneを登場させるのでははないか」と注目が集まっています。そんな中、実はAppleはLGと手を組んで折りたたむことが可能なOLEDパネルを開発する体制を整えていることが報じられています。

더벨 – 국내 최고 자본시장(Capital Markets) 미디어
http://www.thebell.co.kr/front/free/contents/news/article_view.asp?key=201710100100002080000119

Apple Working With LG Display on Future Foldable iPhone – Mac Rumors
https://www.macrumors.com/2017/10/11/apple-lg-foldable-iphone/

業界関係者の話として韓国のニュースサイトThe Bellが伝えたところによると、AppleがフォルダブルiPhone開発のパートナーとして選んだのは、サムスン系でiPhone Xのディスプレイを生産している「Samsung Display」ではなく、「LG Display」(LGD)だったことが明らかになっています。その理由については、GalaxyシリーズなどのAndroidスマートフォンを開発・生産しているライバル企業のSamsung Electronicsに情報が漏れることを嫌ったものだとの見方が有力視されています。

複数のディスプレイ業界関係者の話としてThe Bellが伝えたところによると、LGDは近い過去の段階でAppleから折りたたみ可能なOLEDパネルの開発について打診を受け、社内に開発を担当するタスクフォースを設けて対応にあたりはじめたとのこと。また、LGグループの部品会社「LGイノテック」も折りたたみ可能なOLEDパネルに必要なフレキシブルプリント回路基板(FPCB)の開発タスクフォースを設けていることが伝えられています。

Appleがこのディスプレイを用いたフォルダブルiPhoneの発売を目指しているのは、2020年とされています。Appleはこれまで、次世代iPhoneに用いられる主要部品については1年前からパートナー企業と共有して開発を行ってきています。折りたたみ可能なOLEDパネルの業界ではSamsung Displayが最先端を進んでいるとみられており、Appleもその技術を使いたいことは想像に難くありませんが、Appleが求めるOLEDパネルのフォームファクタがライバル陣営に漏れることをAppleが嫌い、LGDに協力を打診したものとみられています。2020年というターゲットは、開発に十分な時間を持たせるためのものだとも見られています。

折り曲げられるディスプレイを用いるスマートフォンに関しては、Samsungが2018年にも世界初のフォルダブルAndroidスマートフォンを発表するとも予測されています。一方、LGとAppleが開発するディスプレイは2020年にならないと生産は開始されないとする業界関係者の見方もあり、およそ1年から2年程度の遅れが見られる状態です。

CNN.co.jp : 折りたためるスマホ、韓国サムスンが来年発売か


LGDは、折りたたみ可能なOLEDパネルの試作品を2~3年前に開発に成功している状態。 その後、LGDは製品化に欠かせないパネルの耐久性などの品質を高める開発を進めてきており、最終的には数千万枚という大量生産が開始された際の歩留まり(生産量から不良品を除外した出荷可能な個体の数)が最も重要なポイントになると見られています。

・関連記事
将来のiPhoneは柔軟に曲がるディスプレイを搭載か?iPhoneの部品メーカーが新素材パネルを発表 – GIGAZINE

「次期iPhoneでAppleは有機ELディスプレイを採用する」とシャープの新社長が明かす – GIGAZINE

グラフェンを使ったフレキシブルな極薄の有機ELディスプレイの開発に成功 – GIGAZINE

折り曲げ可能なフレキシブルディスプレイを低価格で実現できる透明電極素材が登場 – GIGAZINE

極薄ペラペラでマグネット貼り付けの「壁紙型55インチ有機ELディスプレイ」が登場 – GIGAZINE

・関連コンテンツ

サムスン、Windows MR対応のヘッドマウントディスプレイ「Odyssey」 – Phile-web

Samsung Electronicsは、マイクロソフトと提携し、「Windows Mixed Reality(MR)」に対応するヘッドセット「Samsung HMD Odyssey」を発表した。米国では予約受付が開始されており、米国、中国、韓国、香港、ブラジルでの発売が予定されている。価格は499ドルで、日本での発売については明かされていない。


「Samsung HMD Odyssey」

Windows MRはマイクロソフトが提唱するプラットフォームで、複合現実(MR)とは拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を含めたものと説明されている。Windows MR対応機は本体にモーションセンサーを搭載する点、通常のVRヘッドセットよりもスペックの低いPCで動作するといった点が特徴となる。

ディスプレイは3.5インチ/1,440×1,600解像度のAMOLED(有機EL)ディスプレイをデュアルで搭載。リフレッシュレートは最大90Hzに対応し、視野角は110度。サラウンドサウンドを実現するヘッドホンおよびボイスコマンド用のアレイマイクはAKG製を採用している。

Samsung、「Windows MR」の「HMD Odyssey」を499ドルで発売へ – ITmedia

ニュース

» 2017年10月04日 07時33分 公開



Samsungが、Microsoftの「Windows MR」搭載のMR(複合現実)ヘッドセット「Samsung HMD Odyssey」を499ドルで年内に発売する。米国ではDell、Lenovo、HP、AcerのHMDと共に10月3日から予約受付を開始した。


[佐藤由紀子,ITmedia]


 韓国Samsung Electronicsは10月3日(現地時間)、米Microsoftがサンフランシスコで開催したMR(複合現実)関連イベントで、MicrosoftのMRプラットフォーム「Windows MR」搭載のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Samsung HMD Odyssey」を発表した。

 odyssey 1
Samsung HMD Odyssey

 米国では同日予約受付を開始した。価格はサードパーティー製HMDとしては最高(台湾ASUSのものの米国での価格はまだ不明だが)の499ドル(約5万6000円)。年内に米国、中国、韓国、香港、ブラジルで発売の予定だ。日本での販売については不明。

 3.5インチ(1440×1600ピクセル)のAMOLED(アクティブマトリクス有機EL)のデュアルディスプレイ、傘下のHarman Internationalの「AKG」ブランドのヘッドフォン、アレイマイクを搭載する。MR HMDは数社から既出だが、ヘッドフォン統合型はこれが初めてだ。

 odyssey 2

 Microsoftのモーションコントローラが付属する。視野角は110度。

 odyssey 3

 サードパーティー製の「Windows MR」HMDとしては既に、「Dell Viser」(350ドル、コントローラを付けると400ドル)、「Lenovo Explorer」(350ドル/400ドル)、Acer製品(300ドル/400ドル)、HP製品(329ドル/429ドル)、ASUS「HC102」(499ユーロ)が発表されている。

 米国ではHC102以外の製品の予約を同日から受付開始した。

 odyssey 4

 Microsoftは同日、17日のWindows 10のFall Creators Updateに合わせて2万本以上のMRアプリを公開することも発表した。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i