マイクロソフト、文章から本物そっくりの絵を作る画家ボットを開発 – Sputnik 日本 (風刺記事)

スプートニク日本

研究では人工知能の2つの分野を組み合わせることに成功。アルゴリズムはテキスト記述からイメージを生成する機械学習モデルと、生成されたイメージの信頼性を元のテキストを用いて判断するもう1つのモデルから成る。

2016年、同社は写真へのキャプションを付ける「CaptionBot」を開発したが、今回の開発は逆に機能する。テキストを基に絵を生成する。これはより一層困難だという。

絵を描くためにはキャプションの大まかな意味を理解するだけでなく、個々のディティールに注意を向ける必要がある。マイクロソフトのブログには、「注意は人間の概念です。私たちは注意の数学的モデルを構築しました」とある。ニューラル・ネットワークはテキストを個々の単語に分割し、それを具体的な画像の分野と突き合わせる。

ニューラル・ネットワークはまた、いわゆる「常識」を再現する。例えば、以前学習した画像に依拠して、テキストに別の指定がない限り、指定しなくても枝にとまる鳥を描写する。

関連ニュース

ニューラルネットワーク 読解テストで人間を凌駕

ニューラルネットワークに有名人が「出演する」偽ポルノ製作を教え込む

iOS 11の写真/動画形式「HEIF」と「HEVC」。従来とは何が違う? – AV Watch

 アップルがiOS 11搭載のiPhone/iPadなどで採用した新しいファイルフォーマット「HEIF」。現在は採用例が少ないが、iOSとmacOSがサポートしたことで、今後普及が進む可能性がある。「写真のサイズを約1/2に削減できる」というHEIFは、従来のソフトや機器などではそのまま扱えない場合も多いが、9月の提供開始から約3カ月が経ち、対応する機器やサービスも少しずつ増えている。

iPhone XなどiOS 11搭載機器でHEVC/HEIFが採用された

 一方、動画についてもiOS 11からは「HEVC」フォーマットが採用。動画もファイルサイズを“ほぼ半分”に削減できるという。HEVCやHEIFとはどんな技術なのだろうか。機器やサービスの対応状況と合わせて、改めて現状をまとめた。

HEIF/HEVCと、JPEGなど従来フォーマットの違い

 HEVCは、国際電気通信連合(ITU)によって承認された動画圧縮に関する国際標準規格だ。「H.265/MPEG-H HEVC」とも呼ばれ、次世代の動画圧縮規格として、4K、8K映像での利用が想定されており、すでにいくつかの動画配信でも採用されているほか、日本の4K放送やUltra HD Blu-rayで採用されているのもこの方式だ。

macは「High Sierra」からHEVCをOSレベルでサポート

 HEVCはすでにさまざまな場所で使われており、MPEG-2に対してはデータ量が1/4に、H.264に比べると圧縮率が40%向上し、iOSのカメラでは2倍の効率になるという。つまり、同じ画質であれば2倍の容量を保存できる(撮影可能な時間が増える)ようになる。

 これを実現するために、HEVCでは新たなイントラ予測やインター予測、変換ブロックサイズ画素適応オフセットなどといったさまざまな技術を導入しており、それにともなってエンコーダーパワーが必要になる反面、高効率の動画圧縮を可能にしている。

 このHEVCの技術を活用しているのが「HEIF」(High Efficiency Image File Format)だ(ちなみにアップルのイベントなどによれば、発音は「heef」(ヒーフ)となるようだ)。このHEIFもISO/IEC 23008-12が割り当てられた国際標準規格であり、画像ファイルフォーマットとして位置づけられている。

 HEIF自体はファイルフォーマット(コンテナ)であり、その画像の圧縮方式には複数の技術が規定されている。圧縮方式にHEVCの技術を使った場合、ファイルの拡張子は.heicになり、iOS 11(iPhone 7/7 Plus以降、iPad Pro 10.5インチ、第2世代iPad Pro 12.9インチ)やmacOS High Sierra(10.13以降)ではこの方式が採用されている。H.264を使えば.avci、その他の方式を使うと.heifになる。圧縮効率は、JPEGに対して平均で139%の高効率になるという。

 HEIFの高効率はHEVC技術に基づくものだが、HEIFの特徴はさまざまな情報を内包できるという点だ。広く使われているJPEG形式は圧縮方式にJPEG技術を使い、ロスレス圧縮としてはTIFFを使う。メタデータはExifで規定されており、サムネイル画像を内蔵することもできる。

 それに対してHEIFは、圧縮方式はHEVC、ロスレス圧縮もHEVCを用い、メタデータとしてExif、XMP、MPEG-7を内包できる。Exif規格によってExifタグをJPEG内に埋め込むことはできるようになっているが、HEIFでも同様に埋め込みが可能。今まで別ファイルとして保存されていたXMPのようなファイルも埋め込めるようになる。

 ほかにも、1つのファイル内に複数の画像やアニメーションなどを内包するマルチピクチャ機能や、トリミングやオーバーレイ情報、透明度、サムネイル画像も含むことが可能だ。

 こうした多彩な情報を1ファイル内に保存できるので、さまざまな可能性が存在するのがHEIF。例えばiOSでは、320×240のサムネイル画像、Exifが内包されており、さらに写真と同時に短時間の動画を記録するライブフォトの動画も1ファイル内に保存できる。現時点でも、連写画像、HDR画像と通常の画像、ポートレートでのボケや光の情報など、1ファイルに収めて便利な機能は色々ある。編集情報をファイル内に保管して非破壊編集をする、といったことも可能だ。

 HEIFの特徴は、圧縮技術の進化による高効率に加え、さまざまな情報を内包して画像をさらに活用できるという点だ。画像ファイルフォーマットとして一般的なJPEGに対して、同じ画質でファイルサイズを削減できるというメリットに加え、連写画像を1ファイルにまとめたり、アニメーションGIF・通常の動画を静止画と同じ1ファイルとして保存したりもできる。HEIFの公式サイトでは、1つの画像を表示すると複数の画像のサムネイルが表示され、さらにサムネイルを選ぶとそのフルサイズの画像を表示する、といった例や、1ファイルに連写画像と動画を内包し、ファイルを開くとそれらを表示する、というようなフォルダ的な使い方が紹介されている。

 このHEIFをいち早く使えるようにしたのがiOSとmacOSだ。iOSの場合、[設定]から[カメラ]→[フォーマット]を選択し、[高効率]を選ぶことでHEVCとHEIF(拡張子heic)の利用が可能になる。HEVCでは効率の向上に加えて4K・60fps、1080p・240fpsの撮影が可能になる。なお、iOS 11からはこの[高効率]がデフォルト設定になっているので、特に設定をしていなければHEVC/HEIFを使うようになっている。

iPhoneの設定からカメラを選択

フォーマットを選ぶ

高効率を選ぶとHEIF/HEVCで撮影される

ファイルを扱う上での注意点は?

 撮影されたHEVCの動画やHEIFの画像は、iOS同士やmacOSであればそのまま保存して利用できる。A9以上のチップを搭載するiOS端末、第6世代以上のIntel Coreプロセッサを搭載するMacであればハードウェアデコードが、それ以外はソフトウェアデコードに対応する。

 現状の問題はそれ以外の機器だ。Windows、Androidは現状でHEVC、HEIFに対応しておらず、そのままでは再生・表示ができない。Windows 10の場合、最新の「Fall Creators Update」にした上でWindows Storeから「HEVC Video Extension」をインストールすればHEVCに対応する。必須要件に第7世代Intel Coreプロセッサが必要となっており、やや環境が限られるが、標準の「映画&テレビ」アプリなどで再生できる。

現状でHEIFに対応している数少ないWindowsソフト「XnView」で画像を表示。なぜかホワイトバランスがJPEGとHEIFで異なっているが、画像の品質はほとんど差が分からない

 それ以外でもWindows 10やAndroidでは外部アプリをインストールすることで利用可能になるが、特にHEIFのサポートは完全ではない。

HEIFとJPEGのファイルサイズの差。撮影する画像によっても異なるが、大きく差が出る場合も

こちらはHEVC(左)の場合。ファイルサイズはほぼ半減している

 もちろん、WebサイトやSNSでHEVC、HEIFファイルをそのまま利用するのも難しい。そのため、iOSでも外部にファイルを転送する場合にHEIFをJPEGに自動で変換する機能を搭載している。Windows PCとiPhoneなどを接続して写真を表示させた場合、iPhoneの設定画面で[写真]の[MACまたはPCに転送]の項目が、[自動]になっているとJPEG変換の画像、[元のフォーマットのまま]を選択するとHEIF形式のファイル(HEIC)が表示される。

iPhone設定画面の[写真]で、[元のフォーマットのまま]を選ぶと、PCなどからHEIFが取り出せる

 ほかには、フォトストレージサービスの「Googleフォト」、オンラインストレージの「Dropbox」が対応。各アプリやサービス内であればHEVC、HEIFファイルを表示できる。また、バッファローのフォトストレージ「おもいでばこ」でも、HEIFファイルの保存、表示が可能だ。

容量不足解消に有効、今後の採用拡大に期待

 HEIFやHEVCは、iOSとmacOS内で使う限りは便利なフォーマットだ。より高画質の動画像を、より少ないストレージ容量で撮影できるようになるため、画像や動画をたくさん撮影する人にとって便利。SNSで使うなど、一般的な使い方であればフォーマットを意識する必要もないので積極的に活用していいだろう。

 問題は非対応アプリやサービスで、撮影したものをそのまま使いたい場合や、オンラインストレージにそのままファイルを保存してWindowsなどで利用したい場合に不便になるという点。現状は、各OSやサービスの対応を待つしかない。

 HEVC、HEIFは国際標準規格であり、iOSが対応していることは今後の普及も期待できるのは間違いない。AdobeはPhotoshop CCやPremiere ProでiPhoneで撮影したHEIFやHEVCを扱えるとしているが、筆者の手元の環境(Windows 10 Fall Creators Update+最新版Photoshop CC)ではHEIFを読み込めなかった。どうやら現状ではmacOS版のみのサポートのようだ。

 また、iOS版Lightroom CCアプリは、HEIFファイル読み込み時にJPEG変換してしまうなど、ほかの環境で扱おうとすると途端に面倒になる。DropboxやGoogleドライブはそのままHEIFファイルを転送しているようだが、OneDriveアプリやケーブル接続でのPC転送ではJPEG変換が入ってしまう。普及まで(もしくは廃れるまで)の過渡期のこととはいえ、せめてSNSやメール以外はHEIFをそのまま転送できるようにiOS自体にオプションが欲しいところだ。

 とはいえ、一般的な用途であればHEIFでも問題ない。ストレージの容量不足に悩んでいる人は、これを機にHEIF/HEVCにしてもよさそうだ。

具現化するMSのAI戦略–有償ハンズオンを全国展開へ – ZDNet Japan

 日本マイクロソフトは1月18日、定例の人工知能(AI)に関するラウンドテーブルを都内で開催した。今回のテーマは2017年12月にMicrosoftが発表した「Everyday AI」と、国内における深層学習に対する取り組み。また、2017年5月に発表したPreferred Networksとの協業に関する進捗を明らかにした。

深層学習の有償ハンズオンを全国展開へ

 MicrosoftとPreferred Networks(PFN)は2017年5月に深層学習分野において、国際的な戦略的協業を結んだことを発表している。それから約半年経った2018年1月、日本マイクロソフトは、これまでの進捗状況と今後の展開を明らかにした。

 当時は深層学習に関する開発事例や最新技術動向を発信するコミュニティ「DEEP LEARNING LAB(DLL)」の設立を発表したが、これまで全国12回開催した勉強への参加数は約1700人に達し、「かなり勢いのあるコミュニティに成長している」(日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者 榊原彰氏)。

 その一環として、MicrosoftとFacebookが共同開発した「ONNX(Open Neural Network Exchange)」にPFNの深層学習フレームワーク「Chainer」が参加することを発表した。ONNXはCNTK(Microsoft Cognitive Toolkit)やFacebook Caffe2など、各深層学習フレームワーク間で相互運用性を高めるツールであり、「学習と推論を別のフレームワークで実行できる。マルチノード(で構成した仮想マシン)で学習、軽いフレームワークで推論を実行することも可能だ」(榊原氏)。ONNXが充実することで深層学習に携わる技術者は利便性が高まり、部門レベルでは安価な仮想マシンを併用できるため、コストダウンにつながる可能性も高い。


日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者 榊原彰氏

 前述したDLLは、いくつかの深層学習事例も発表した。アイシン・エィ・ダブリュはカーナビゲーションシステムの描画異常検知に深層学習を使用している。例えば不要な文字は2万8800画像分の1、不用なルートが多数表示されるケースは2万1600画像分の1というタイミングで現れるため、人間の目視検査は非常に難しかった。

 同社はPFNの分散深層学習パッケージであるChainerMNをInfiniBand搭載のAzure GPUクラスタを活用することで、効率的に学習を実施している。マネックス証券では、創業以来蓄積してきた文章データを学習素材とした深層学習を実施し、Microsoft Azure上で文章構成ツールを開発。キャンペーン情報など社内外に発信する文章の誤字脱字をチェックし、表記ゆれなどを可視化する。

 このように広まりつつある深層学習だが、DLLは参加費20万円/3日間のハンズオン(体験学習)イベントを実施してきた。日本マイクロソフトの説明によれば、過去10回で150人が受講し、100%の満足度を得たという。このハンズオンを踏まえてDLLは、経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座認定制度(Reスキル講座)」の認定を取得し、「DEEP LEANING LAB “ACADEMY”」として、パートナー経由で全国展開することを明らかにした。受講者は受講費用の7割に対して補助を受けられる。深層学習を開発の現場に用いる際に必要なデータ収集や加工、ニューラルネットワークの展開や業務への組み込みなどを含むトレーニング内容の追加を予定している。

統合失調症 陰性症状に対する注目の後期開発パイプライン|DRG海外レポート – AnswersNews

海外レポート

米国に本社を置くコンサルティング企業Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回取り上げるのは統合失調症治療薬。アンメットニーズの残る陰性症状に対して、2つの薬剤が後期の臨床開発を進めています。

(この記事は、Decision Resources Groupのアナリストが執筆した英文記事を、AnswersNewsが日本語に翻訳したものです。本記事の内容および解釈については英語の原文が優先します。正確な内容については原文を参照してください。原文はこちら

中期~後期の臨床試験で有効性を示した2つの薬剤

慢性精神疾患である統合失調症は、「陽性症状」「陰性症状」「認知障害」という、3つの症状を特徴としている。統合失調症には非常に多くの抗精神病薬が承認されているが、これらは主に陽性症状に有効な薬だ。統合失調症患者の多くは陰性症状に対する有効な治療薬を必要としており、市場には大きなアンメットニーズが残されている

統合失調症の陰性症状に対しては、Allergan/ Gedeon Richter/RecordatiのVraylar/Reagila(cariprazine)と、Minerva NeurosciencesのMIN-101が、中期から後期の臨床試験で良好な有効性を示している。アンメットニーズへの取り組みが進む可能性はあるが、陰性症状での承認と実臨床での使用には疑問が残る。

woman feel depressed and sit on the bed

ドパミンD2/D3受容体パーシャルアゴニストであるcariprazineは、2016年3月に統合失調症治療薬として米国で発売され(販売名・Vraylar)、ヨーロッパでも同じ適応で2017年7月に承認された(販売名・Reagila)。

cariprazineは欧米で特に陰性症状治療薬として承認されているわけではないが、EMA(欧州医薬品庁)の添付文書情報には、陰性症状が優勢な統合失調症患者を対象に欧州で行われた臨床第3相(P3)試験のデータが含まれている。この26週の試験で同剤は、主要評価項目であるPANSS-FSNSにおけるベースラインからの平均変化量が、実薬対照群のリスペリドンよりも有意に大きく(マイナス8.9 vs.マイナス7.4、P=0.002)、副次評価項目にもより大きな改善が見られた。

P3で有効性を示したが 申請書類却下となったcariprazine

Allerganは米国でcariprazineを陰性症状の適応で申請したが、2017年9月、申請内容に不備があり、米FDA(食品医薬品局)から申請書類却下(Refusal to File)の書状を受け取った。同社は申請に盛り込んだ臨床試験データの詳細を開示していないが、米国で行ったプラセボ対照と実薬対照の2つの試験の事後解析でプールしたデータが含まれているとみられる。

陰性症状が優勢な患者の一部を対象に、これらのデータを投与6週時点で解析したところ、cariprazineはベースラインからのPANSS-FSNSスコアの平均変化値で、アリピプラゾールとプラセボと比べて有意に改善した。

Allerganは米FDAとの協議を2017年12月に計画していたが、2018年1月現在、同社はこの協議についてそれ以上の情報は開示していない。追加の臨床試験を行う計画もなさそうだ

Two green pills on the opened palm

精神科医は追加試験の必要性を指摘

注目すべきは、Decision Resources Groupのインタビューに応じた米国の精神科医が、承認を得るには陰性症状を対象としたさらなる臨床試験を行う必要があると考えており、承認を得られるかどうか疑問に思っていることだ。

ただ、インタビューに応じた精神科医の一部は、陰性症状に対するcariprazineの有効性を実臨床で判断するために適応外で処方したことがあると話している。このことは、同剤が正式な適応拡大なしで治療アルゴリズムに組み入れられる可能性を示唆している。

P2で好結果のMIN-101 欧米でP3試験を開始

Minerva Neurosciencesは2017年12月、5-HT2A/シグマ2受容体アンタゴニストでα-1アドレナリン受容体への親和性が低いMIN-101について、12週のP3試験を米国と欧州で開始した。

この臨床試験は、陰性症状が優勢な統合失調症患者と、安定した陽性症状の統合失調症患者を対象に、MIN-101単剤の有効性と安全性をプラセボとの比較で評価するものだ。最も重要な結果は2019年後半になると予想されている。また、長期の有効性と安全性を検討するため、試験期間を非盲検で40週延ばす計画もある。

pixta_31790318_M_R

患者244人を対象に行ったP2b試験では、MIN-101はいずれの用量(32mg、64mg)でも12週時点のPANSS-FSNSがプラセボと比較して有意に低下した。実薬群の陰性症状の軽減は36週にわたる延長期間でも持続し、陽性症状も安定していた。試験中、同剤は良好な忍容性を示し、cariprazineで見られた錐体外経路症状などのドパミン作動性の副作用は報告されなかった。

ただし、非盲検のP2b延長試験(6カ月)で、患者6人に不活性代謝物BFB-520によるQTcFの延長が見られたことは注目される。このためMinerva Neurosciencesは、P3試験ではBFB-520の濃度がより低くなる胃耐性剤形を使うだろう。

MIN-101のP3試験結果は必見

医師は陰性症状で有効性を示した治療薬を歓迎するだろうが、実臨床で必要となる可能性が最も高いのは、統合失調症の陽性症状に有効な補助的な抗精神病薬である。インタビューに応じた専門家らは、MIN-101を陰性症状に対する単剤療法として使うのには懐疑的だ。

cariprazineとMIN-101は今、陰性症状のアンメットニーズを満たす薬剤としては、最も開発が進んでいる。陰性症状が優勢な患者を対象としたP3試験では、症状改善の点でcariprazineとリスペリドンの差は小さかったが、cariprazineは依然、陰性症状を対象とした実薬対照のP3試験で、統計的な有意な症状改善を示した唯一の薬剤だ。

統合失調症では過去、シグマアンタゴニストが開発に失敗している。このことを考えると、陰性症状が優勢な統合失調症に対するMIN-101の有効性を検証するP3試験の結果は必見だ。これによってMIN-101のポテンシャルが明らかになり、陰性症状に特異的な治療薬として発売できるかどうかが分かるだろう。

(原文公開日:2018年1月12日)

【AnswersNews編集長の目】

いまだ高いアンメットニーズがあると言われる統合失調症。既存の抗精神病薬は陽性症状には一定の効果を示すものの、陰性症状や認知機能の低下に対する有効な薬剤が求められています。

日本に目を向けてみると、記事中に出てきたcariprazineは、田辺三菱製薬がハンガリーのゲデオン・リヒターから導入して日本と韓国、台湾で開発を進めていましたが、P2/3試験で主要評価項目を満たすことができませんでした。田辺三菱は昨年、ゲデオン・リヒターとのライセンス契約を解除。パイプラインリストからは削除されました。

グリシン再取り込み阻害薬という新規作用機序で期待されたロシュ/中外のbitopertinも、顕著な陰性症状が持続している統合失調症患者を対象に行ったP3試験に失敗。開発中止となりました。

国内では今年1月、大塚製薬の「レキサルティ」(ブレクスピプラゾール)が承認されました。P3試験には、大日本住友製薬のルラシドンや、MeijiSeikaファルマのジプラシドンが控えており、抗精神病薬の開発自体は活発です。

この記事は、Decision Resources Groupのアナリストが執筆した英文記事を、AnswersNewsが日本語に翻訳したものです。Decision Resources Groupは、統合失調症治療の潜在医療ニーズ調査レポート(Unmet Need – Schizophrenia)と、向こう10年の市場予測レポート(Disease Landscape and Forecast – Schizophrenia)を発行しています。レポートに関するお問い合わせはこちら

DRGバナー

JVC KENWOOD HOLDINGS (OTCMKTS:JVCZF) Sellers Increased … – Frisco Fastball


January 22, 2018 – By Adrian Erickson

The stock of JVC KENWOOD HOLDINGS (OTCMKTS:JVCZF) registered an increase of 324.38% in short interest. JVCZF’s total short interest was 527,500 shares in January as published by FINRA. Its up 324.38% from 124,300 shares, reported previously.

It closed at $2.38 lastly. It is down 0.00% since January 22, 2017 and is . It has underperformed by 16.70% the S&P500.

More news for JVC KENWOOD CORP (OTCMKTS:JVCZF) were recently published by: Businesswire.com, which released: “Global Automotive Audio Speakers Market 2017-2021 With Alpine, Bose, Harman …” on December 18, 2017. Reuters.com‘s article titled: “BRIEF- JVC Kenwood fully acquires 76 pct-owned unit Shinwa International …” and published on November 20, 2017 is yet another important article.

Receive News & Ratings Via Email – Enter your email address below to receive a concise daily summary of the latest news and analysts’ ratings with our daily email newsletter.

サンワサプライ、壁埋め込み型のUSB充電コンセントを発売 – MdN Design Interactive

サンワサプライ株式会社は、壁埋め込み型USB充電用コンセント「TAP-KJUSB2AC1GY」(グレー)と「TAP-KJUSB2AC1W」(ホワイト)を発売した。

両製品は、USB給電が可能な壁埋め込み型コンセント。5V/2.4Aの出力が可能なUSBポートを備えており、2ポート合計で2.4Aまでの機器を同時に充電できる。

USBのほかにAC電源も1個付いているため、既設のコンセントと置き換えても不便にならず、スマートフォンやタブレットをアダプターなしで充電できる環境を整えられる。

1兆円が見え始めた富士電機「追い風は続く」(北澤社長) – ニュースイッチ Newswitch

 ―2017年4―9月期連結決算は営業利益や当期利益が過去最高になりました。

 「中国で工場の設備投資が活発で、産業機器向けに当社のパワー半導体の需要が想定以上に伸びた。また工場の自動化などに貢献するパワーエレクトロニクス機器関連も堅調だ。単品ではなく、複数製品を組み合わせてシステム提案して収益拡大を図る取り組みが実を結んできた」

 ―18年も好調を維持できそうですか。

 「国内でも素材から鉄鋼、化学、工作機械まで幅広い分野で、省エネと生産増強の両面で設備投資が動きだしたと感じる。当社への追い風は続くだろう」

 ―IoT(モノのインターネット)関連の投資も目立ってきましたか。

 「当社では自社工場のIoT化の成果を基にソリューションの販売を始めたところだが、需要が本格化するのは少し先ではないか」

 ―発電設備事業は、いまひとつです。

 「国内の太陽光発電市場が落ち込んだ影響を受けた。また顧客の火力発電計画が延期になり、受注が先送りになったのも響いた。ただ国内外に発電需要は確実にあり、それほど悲観していない。利益率の良いサービス事業もまだ伸ばせる」

 ―今後の全社的な成長には海外事業の拡大が欠かせません。

 「重要な経営テーマだ。これまで海外の工場や買収企業は、現地の販売子会社が管理するケースが多かったが、本社の事業本部が直接指揮を執る体制に切り替えた。国内外で一体的に事業戦略を展開し競争力を高める」

 ―米国企業を対象に想定し、M&A(合併・買収)の予算として500億円を確保しました。

 「なかなかフィットする案件に出会えない。引き続き検討していくが、無理はしない。まずは確実な自立成長が見込める事業に対する投資を優先したい。自動車の電動化で需要増が期待できるパワー半導体、生産の自動化に欠かせないパワエレシステムなどが対象だ」

 ―16―18年度の3カ年経営計画のテーマは「成長基盤づくり」です。これまでの手応えは。

 「18年度の目標は売上高9000億円、営業利益540億円。これに対して17年度見通しはそれぞれ8700億円、520億円となっており、数値面は想定以上に順調だ。検討中だが、18年度の営業利益目標は数十億円引き上げたいと思っている。一方、海外事業や人材の最適配置といった部分は不十分。引き続き、基盤強化の取り組みは進める」

 ―23年度の創立100周年を見据えた経営計画は。

 「19年度からスタートさせる経営計画は、23年度までの5カ年としたい。18年度の実績を見て中身を詰めるが、売上高1兆円、営業利益率8%にチャレンジしたい」

富士電機社長・北澤通宏氏


(聞き手=後藤信之)

Google Homeよりも本格オーディオ機器っぽい、オンキヨーのスマートスピーカー「G3」 – ケータイ Watch

Google Home(左)とG3

 「スマートスピーカー」と呼ばれるジャンルが盛り上がっている。一見するとただのワイヤレススピーカーのようだが、音声アシスタント機能を搭載していて、音楽の再生、タイマーの設定、ネットワーク対応のLED電球の点灯といったいろいろな操作をしたり、天気や株価などいろいろな情報を調べたりできる、そんなスピーカーだ。

 スマートスピーカーとしては、Google アシスタントが使える「Google Home」シリーズ、AmazonのAlexaが使える「Amazon Echo」シリーズ、そして未発売だがアップルの「HomePod」が有名。これらに加えて、Google アシスタントとAlexaはAPIが公開されていて、サードパーティが対応スマートスピーカーを作ることも可能となっている(電子工作に長けている人なら個人で自作もできるらしい)。

ONKYOのG3。伝統的なスピーカーらしいデザインだ

 サードパーティー製のスマートスピーカーはすでにいくつかのメーカーから登場しているが、今回紹介するのは、スピーカーを知り尽くした老舗オーディオメーカーのオンキヨーによる「G3」(VC-GX30)というGoogle アシスタント対応のスマートスピーカーだ。

 G3の使い方は基本的にGoogle Homeと同じで、スマホ上のGoogle Homeアプリから設定を行なう。設定すればWi-Fi経由でインターネットにつながり、あとは話しかけるだけでさまざまな機能を使えるようになる。

 「ねぇグーグル、明日の天気は?」といったように、ウェイクアップキーワードとコマンドをつなげて話しかけるのがコツだ。Googleアカウントとも連携していて、Googleアカウントのカレンダーに登録した予定を聞くこともできる。また、ネットワーク家電などの対応機器をコントロールしたり、音楽を再生したりもできる。一方で新着メールのチェックやメッセージの送信などといったスマートフォン的なことはできない。

 ほとんどのスマートスピーカー製品は全方向に音を鳴らす無指向性タイプだが、G3は正面に向けて音を鳴らすという、普通のスピーカーのような指向性を持っている。そのため、G3は部屋の真ん中に置くのには向いていないが、壁際に置くには最適なデザインとなっている

 スマートスピーカーをどこに置くかは、その家の間取り次第だ。しかし、たとえば棚の上やベッドサイドなどの壁際は、たいていの間取りで置き場所も電源も確保しやすく、スマートスピーカーを置きやすいのではないだろうか。そうした壁際スマートスピーカーとしては、G3はかなり扱いやすい。一方で広いリビングのど真ん中で運用したいのなら、G3以外の製品を選んだ方が良いだろう。

底面のインシュレーター(足)も本格的な作り。木製ボディで電源内蔵だ

上面のコントロールパネル部はゴムっぽい素材。フローティング構造で、ボディの振動を内蔵マイクに伝えにくくしている

 音質で言うと、G3の低音域を鳴らすウーファーユニットは80mm。約50mmのウーファーを搭載するGoogle Homeと比べると、低音の鳴り方はだいぶ上という印象だ。女声のような中高音もGoogle Homeに比べ解像感が高く、音量を上げても下げても聴きやすく、BGMとして音楽やラジオを鳴らすといった用途にも向いている。

 G3をBluetoothスピーカーとして使うことも可能だ。しかし、iOSデバイスにつないだとき、なぜか遅延が発生し、Androidスマホをつないだときにも接続がやや不安定になることがあった。動画視聴時やゲームプレイ時のスピーカーとしてはちょっと不向きかも知れない。G3はスマホ内蔵スピーカーが苦手な低音に強いので、ここはちょっと惜しいポイントだ。

 また、当たり前ではあるが、モノラルスピーカーなので、音の拡がりはヘッドホンやステレオスピーカーに劣る。ほかのスマートスピーカーも同じではあるが、今後はサウンドバー型のスマートスピーカーなんかも見てみたいものだ。

 G3はオンキヨー製というだけあって、高音質が売りのスマートスピーカーだ。指向性があるので、部屋の隅に置いてBGMとして音楽やラジオを流すのに向いている。価格は2万5000円前後(税抜)と、Google Homeより1万円ほど高いが、音質にこだわる人には価値のある差だ。モノラルなのでじっくり音楽を楽しむのには向いていない面もあるが、音質にこだわる人は選択肢のひとつに入れておきたいモデルだ。

製品名 販売元 価格
スマートスピーカーG3 オンキヨー 2万5000円前後(税抜)

設楽悠、日本記録更新狙う!2・25東京マラソン招待選手発表 – サンケイスポーツ

東京マラソンでの目標タイムを示す計時板を指し、健闘を誓う設楽悠太=東京・丸ビル

東京マラソンでの目標タイムを示す計時板を指し、健闘を誓う設楽悠太=東京・丸ビル【拡大】

 東京マラソン(2月25日、産経新聞社など共催)の招待選手が22日、発表された。海外からは前回優勝者のウィルソン・キプサング(35)=ケニア=らを招待。国内からはハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠太(26)=ホンダ=や青学大で箱根駅伝を沸かせた神野大地(24)=コニカミノルタ=らが出場する。東京都内で記者会見した設楽悠は「ファンの皆さんが一番楽しみにしているのは日本記録の更新」と目標を掲げた。

日電機業者開發AI新服務從製造業跨足金融業界 – DIGITIMES

日電機業者開發AI新服務 從製造業跨足金融業界

  • 賴琇菱

日立嘗試以AI進行企業媒合適配篩選實驗。日立製作所


日本電機業者活用人工智慧(AI)技術,開發提升銀行業務效率的相關服務。過去電機業者在AI相關技術多著眼於工廠生產相關支援服務,並多以製造業為主要客戶對象。隨著AI技術進展,電機業者也將服務範圍擴大到金融業界,甚至今後可望進一步開發出適合其他產業的相關服務。

據SankeiBiz報導,日立製作所(Hitachi)將與山口銀行合作進行實證實驗,以AI進行分析該行往來企業用戶中潛在商務合作對象,協助進行企業媒合。具體而言,日立將從山口銀行取得企業用戶的事業內容資料,輔以帝國Data Bank的信用調查資訊,找出適合日立的鐵道車輛製造工廠的合作對象。

不過,這項實驗當前的首要任務,便是導出影響企業媒合成立與否的條件因素。依據這些條件為地方企業進行積分評比,作出企業媒合提案。另一方面,銀行要想推出此類商務媒合服務,必須充份掌握客戶企業的需求,更需要相當多的經驗及技術去為客戶企業篩出最佳選項。日立方面也坦言,透過本次實證實驗,檢討未來展開商業媒合服務的可行性。

三菱電機(Mitsubishi Electric)則是開發出以相機拍攝消費者向銀行提出的文件資料,再以AI進行判斷,篩選出填寫不完善案件的文件過濾系統。這套系統能將文件確認的作業時間大幅縮至5分之1。此外,三菱電機也著手開發自動辨識文件種類、進行分類的機器手臂。

無獨有偶,東芝(Toshiba)也為橫濱銀行等6家銀行,建構與財產繼承相關的AI線上語音諮詢服務。消費者可以透過語音服務獲得解答,減少實際來行的次數,銀行服務窗口業務亦能更有效率。東芝今後也將陸續投入貸款、保險等銀行業務項目的服務。