スポンジの食感が最高! ご飯とみりんを使った“米ティラミス”(日経トレンディネット)



 ご存じティラミスはコーヒーとリキュールを染み込ませたチーズケーキの一種。1990年頃にブームとなり、その頃に知った人も多いのではないだろうか。今ではイタリア料理の食後のデザートとして定着しているティラミスだが、これをご飯で作ってみた。スポンジには玄米を、クリームには白米を使うのがポイントだ。

【関連画像】完成した米ティラミス。みりんで大丈夫なのか? 心配したが味はまさにティラミスだった

●<材料(3人分くらい)>

○ ココアスポンジ

 卵白 1個分

 砂糖 20g

 薄力粉 20g

 炊いた玄米 30g

 ベーキングパウダー 小さじ1/2

 ココア 大さじ1

 サラダ油 適量

○ マスカルポーネ米クリーム

 米 1/4カップ

 牛乳 1カップ

 卵黄 1個分

 砂糖 大さじ5

 マスカルポーネ 70g

○ コーヒー液

 インスタントコーヒー 大さじ1

 お湯 70ml

 みりん 小さじ2

 ココア 適量

スポンジの食感が最高!

 口に入れたときに感じる香りと味は、ティラミスそのもの。言われなければ、お米が入っていることには気がつかないはずだ。玄米が入っているためスポンジの食感もいい。コンビニのティラミスよりもスポンジの割合が大きく、ケーキ感がある。スポンジとクリームの比率を変えると、また違った味わいになるだろう。

(文/小口覺)

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています




コメントを残す