アイリスオーヤマ、両側に操作パネルを搭載した卓上IHコンロ「IHC-TM141」




アイリスオーヤマ、両側に操作パネルを搭載した卓上IHコンロ「IHC-TM141」

2017年12月8日 6:11掲載

アイリスオーヤマは、IHクッキングヒーターの新モデルとして「卓上IHコンロ(対面操作式) IHC-TM141」を発表。12月15日より発売する。

操作パネルを2か所に設けることで、火力調節などを対面で行える卓上IHコンロ。鍋や焼き肉などコンロを囲んで食事する場合、どこに座っていても容易に火力調節でき、ふきこぼれの場合でも、パネル側に手を伸ばすことなく迅速に対応できるという。

また、「1000Wセーブモード」を搭載。コンセントの電気容量が足りない場合など、最大消費電力が1000Wを超えないよう制限して運転することが可能だ。調理中に異常がある場合は、パネルにエラーを表示し、加熱が停止するなどの5つの安全機能を搭載する。

火力調節は、加熱が保温+6段階(80W相当〜1400W)、揚げ物が6段階(150〜200度)に対応。1分〜9時間59分のタイマー機能を備える。

このほか、定格消費電力は1400W。本体サイズは290(幅)×45(高さ)×360(奥行)mm。重量は2.5kg。

市場想定価格は10,800円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!




関連コンテンツ

IH クッキングヒーター関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



こんな記事もよく読まれています




コメントを残す