神パフォーマンス? 放送事故? 「FNS歌謡祭」の平手友梨奈(欅坂46)がスゴ過ぎて話題に



12月6日、フジテレビにて放送された特別番組「2017 FNS歌謡祭」。人気アーティストが一同に集結し、自身の楽曲披露だけではない様々なコラボ企画が特徴的。中でも特に、平井堅さんと欅坂46平手友梨奈さんによるコラボの演出が「スゴ過ぎる」と話題を呼んでいる。

2人が披露したのは、平井堅さんの楽曲でドラマ『小さな巨人』の主題歌である『ノンフィクション』。「人生は苦痛ですか?」「何のために生きてますか?」「僕はあなたに ただ 会いたいだけ」など、強いメッセージ性を持った歌詞が印象的な曲である。

番組内でのコラボは、平井さんが熱唱し、その後ろで平手さんが歌詞を表現するダンスを行うというものだったのだが、制服姿で踊りまくる平手さんの姿に視聴者は騒然。学校の机に突っ伏している平手さん、紙をビリビリと破き、立ち上がり、カバンを抱きしめ、最後にはカバンをかぶりそこに紙吹雪が舞う……という、コンテンポラリーダンスの様な振り付けで、平手さんの表現能力の高さが伺える演出であった。

Twitter上では、

・てち(平手さん)のダンス本当にすごい……
・鳥肌たちました!
・すごい表現力。現代を代表する女の子

などと、欅坂46ファンを中心に絶賛のコメントが相次いだ。

一方で、

・家族で見ててなぜか気まずかった
・すごいけどちょっとひいてしまったw
・これ、大丈夫……?

と、衝撃を隠せない人も多かった様で、平手さんがイベント等を度々体調不良で欠席することにちなみ、「こういう事やらせから病むんだよ」「一人に負担かけすぎ」という意見も多かった。





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す