『TULLY’S COFFEE BARISTA’S ICED BREW』タリーズなのに苦くない!? 新機軸・氷水出しコーヒーが登場!

夏に向けてどんどん美味しくなっていく冷たい缶コーヒー。今回はスペシャルティコーヒーショップチェーン「タリーズコーヒー」のバリスタが監修した『TULLY’S COFFEE BARISTA’S ICED BREW』を紹介する。近年流行の水出し(COLD BREW)を超える氷水出しコーヒー。さて、その味わいは?

■よりすっきり、苦味を抑えた汗だく時の一気飲みに適した爽やか系サマーコーヒー!
コーヒーの美味しさは熱い・冷たいがあり、苦味系、酸味系と分かれる。夏が近づいてくると、きりりと冷えたコーヒーがどんどん美味しくなる。近年はペットボトル入りのコーヒーもあるけれど、やはりキンキンに冷えやすいのは缶。中でも自動販売機でがっちり冷やされた缶コーヒーは格別。

ただ自販機にしてもコンビニの棚にしても、缶コーヒーの主流となっているのは圧倒的に酸味系の美味しさを目指したもの。昭和の時代は確かに喫茶店でも酸っぱいコーヒーがメインだったからわかるが、今はカフェが主流の時代。中でもスターバックス以降、タリーズも含めて、エスプレッソを得意とするコーヒーチェーンが台頭して来てからは苦味系が店舗で味わうコーヒーのメインになったはず。

なのに近年キリンが新「ファイア」で苦味系メインに大きく舵を切った以外は圧倒的に酸味系コーヒーが缶コーヒーでは主流。次に来るのは酸味と苦味のバランスのとれたタイプ。みんなそんなに苦いコーヒーは嫌いなのだろうか。


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す