10分間「無音」の曲がアメリカで大ヒット、ユーザーは絶賛!その理由は? – iPhone Mania



「A a a a a Very Good Song」 日本 Apple Music
 
約10分間にわたって「無音」の楽曲が、アメリカのiTunesヒットチャートでトップ50入りする人気を獲得し、ユーザーたちからはTwitterで絶賛のコメントが相次ぎ、話題となっています。その理由はiPhoneやiPodに保存した楽曲をカーステレオで聴く場合の動作でした。

10分間無音の楽曲が大ヒット

話題の楽曲はミール・メズラヒィ氏が8月7日付けでリリースした「A a a a a Very Good Song」で、約10分間、ずっと無音状態が続き、最後の数秒間だけ、「曲を変える時間だよ」などと男性の話し声が入っています。
 

 
「A a a a a Very Good Song」は、アメリカのiTunesヒットチャートで49位にランクインしており、ブルーノ・マースやセレーナ・ゴメスといった人気アーティストの作品を上回る人気を獲得しています。
 
「A a a a a Very Good Song」 iTunes チャート
 
この曲が大ヒットしている理由は、iPhoneやiPodに保存した音楽をカーステレオで聴こうとするときの挙動の問題があるようです。カーステレオに接続時、ライブラリ内のアルファベット順で最初にある楽曲を勝手に選択・再生するため、その時の気分に合わない曲が最初に流れてしまう、という問題がありました。
 
「A a a a a Very Good Song」は、Aの後にスペースを入れる組み合わせを5回も繰り返すことで、アルファベット順でトップに来ることを狙っており、約10分間の無音時間に、聴きたい曲を選ぶ時間を提供しています。

 
Twitterでは、多くのユーザーからこのアイディアを賞賛し、実際に使っている様子の写真も添えたコメントが寄せられています。
 

日本でも入手可能、ただし注意が必要

米メディアAppleInsiderは、同様の問題はApple MusicやSpotifyのようなストリーミングで音楽を聴く場合には発生しないことから、まだ保存した音楽を楽しむユーザーが多いことの証拠と言えるだろう、と指摘しています。
 
「A a a a a Very Good Song」は日本のiTunes Storeでは200円で販売されているほか、Apple Musicでも聴くことができます。
 
「A a a a a Very Good Song」 日本 iTunes
 
ただし、日本語版のiPhoneでは、曲名の並び替えの優先順位が五十音>アルファベット>数字となっているので、日本語の曲名をもつ楽曲と併存する場合、「あ」で始まる楽曲が上位に来て、「A a a a a Very Good Song」は曲名リストのトップには来ません。
 
ミュージック 50音
 
同様の効果は、無音の楽曲を録音し、適当な曲名を付けた楽曲をパソコンからiTunes経由で同期すれば実現することが可能です。

 
 
Source:AppleInsider
(hato)




こんな記事もよく読まれています