月額課金制になった1Passwordを導入してパスワードを完璧に管理する技



柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」
第244回

2017年03月08日 12時00分更新

文● 柳谷智宣


 ウェブサービスのアカウントの管理をメモ帳やエクセルで行なっていたり、同じメールアドレスとパスワードを使い回している人は、いつかどこかで不正アクセスや情報漏洩の被害に遭う可能性が高い。できればパスワード管理専門のアプリやサービスを活用することをお勧めする。今回は、老舗サービスの一つ「1Password」を使ってパスワードを管理する技を紹介しよう。

パスワード管理サービス「1Password」でスマホでもPCでもウェブサービスに簡単サインインする!

月額2.99ドルのサブスクリプションプランを導入した

 2016年8月、定番のパスワード管理サービス「1Password」は、個人向けのサブスクリプション型サービスを導入した。「1Password」はアプリ買い切り型のサービスを提供しており、スタンドアローンでの動作が可能だった。加えて、Dropboxと連携することにより、マルチデバイスで利用できた。筆者も一通りのアプリを購入して使っていた(「iPhone必須アプリ! ID・パスワード管理「1Password」を徹底解説」参照)のだが、「1Password」が月額課金制を導入したというので興味津々。現在のところは、乗り換える必要はなかったのだが、半年ほど様子を見ていたら「1Password」は完全にサブスクリプション推しになっていたので、乗り換えることにした。

 価格は、2.99ドル/月で、ファミリープランが4.99ドル/月となる。個人プランは、一人のユーザーで利用でき、WindowsやMac、iOS、Androidのマルチプラットフォームに対応。ウェブアクセスやオフラインアクセスが可能で、1GBのストレージも付く。ファミリープランはこれらの機能に加え、アカウント情報を共有したり、それぞれのユーザーの権限を管理したりできる。筆者はとりあえずは自分だけが使うので、個人プランを選んだ。

 登録は、PCだけでなくスマホからでもOK。「1Password」アプリを起動し、メールアドレスを入力。そこに届いたコードを入力して認証し、名前やマスターパスワードを登録すれば使えるようになる。



アプリを起動したらサブスクリプションの購入を行なう メールアドレスを入力する



メアドに届いたコードを入力する 氏名を入力する



マスターパスワードを入力する マスターパスワードを再入力して確認する



Touch IDのオンオフを選ぶ 「1Password」を使う準備ができた







この連載の記事


こんな記事もよく読まれています




コメントを残す