スマホの動作が遅いときは、ここをチェック!



遅い原因は何か突き止める

一口に「スマホが遅い」といっても、その症状は以下の3つに分けられます。

  1. インターネットが遅い
    WebブラウザやSNSのアプリなど、ネットに接続するアプリで、データが送られてこない現象です。
  2. スマホ自体の動作が遅い
    全体的に動きが重たく感じるケースです。
  3. 個別のアプリが遅い
    特定のアプリのみが反応しない、といったケースです。

順番に対処法を説明してきましょう。※以下、とくに断りのない場合は、Android端末での操作方法を解説しています。

「インターネットが遅い」の対処法

■通信スピードを確認する
インターネットの速度が遅くなる現象にはいくつかの原因が考えられます。Webブラウザにページが表示されない、YouTubeなどの動画が再生されないなど、ネットのスピードが遅く感じられるなら、まずはスピードテストアプリで実際の速度を計測してみましょう。普段数十Mbps出ているのに、1Mbpsを切るようであれば、何らかの原因で通信速度が遅くなっています。

speedtest

人気のスピードテストアプリ「RBB TODAY SPEED TEST」。iOS用、Android用があり、無料で利用できる。

■データ通信量の制限
ヘビーユーザー、とくに動画やテザリングを利用している人が注意しなくてはならないのが、データ通信量の制限です。たとえば、その月で3GB、7GBなどプランごとに設定された容量を超えると、通信速度が128~200kbps以下に制限されることがあります。いつも容量を超えるようなら、プランの変更を検討しましょう。また、一時的に追加料金を支払うことで回避できる場合もあります。さらに、通信事業者によっては、3日で1GBといった短期間の使用量から制限がかかります。

通信料

Androidでは、「設定」→「データ使用量」で使用量の確認や、一定の容量で警告が通知されるよう設定ができる。

通信料

通信量が一定を超えると通信事業者からお知らせがくる場合もある(画面はKDDIの場合)。

■遅いWi-Fiスポットにつながない
移動中によくあるのが、スマホが公衆無線LANの電波をつかんでしまい、ネットの通信速度が遅くなるケースです。とくに無料のWi-Fiスポットには、かなり速度が遅く、Webすらまともに表示しないものがあります。これを回避するには、設定でそのWi-Fiスポットに接続しないようにする、もしくはWi-Fiでの接続自体をオフにすることです。Wi-Fiをオフにすれば、3GやLTEでつながります。

クイック設定

Androidでは画面を下にスワイプして表示させる「クイック設定」でWi-Fiのオンオフを切り替えられる。

Wi-Fi

Wi-Fiは一度接続すると、次から自動でつながる。遅い公衆無線LANの接続は設定から削除しておこう(画面はiOS)。

ネットが遅いと感じる主な原因は以上の2つではないでしょうか。もちろん、人の多く集まる場所や、時間帯によっても通信速度は変わってきます。とくに、流行りの格安SIM(MVNO)では、大手キャリアに比べて使用している回線が細いため、場所や時間帯により低速になる傾向があります。次のページでは、「スマホ自体の動作が遅い」の対処法を紹介します。





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す