Safariが優勢 – 11月タブレットブラウザシェア | マイナビニュース – マイナビニュース



Net Applicationsから2017年11月のタブレットブラウザシェアが発表された。タブレット向けブラウザのシェアのデータが公開されたのは、今回が初めて。

2017年11月はChromeがシェアを増やし、Safari、Android Browser、UC Browser、Opera Miniがシェアを減らした。Chromeはデスクトップとモバイルでは60%を超えるシェアを確保しているが、タブレットデバイスでは37%ほどにとどまっている。




順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Safari 52.85% 56.47%
2 Chrome 37.01% 32.69%
3 Android Browser 5.84% 6.70%
4 UC Browser 1.12% 1.19%
5 Opera Mini 1.06% 1.19%
6 Yandex 0.86% 0.76%
7 Firefox 0.39% 0.40%
8 Opera 0.35% 0.29%
9 Baidu 0.31% 0.18%
10 QQ 0.20% 0.12%

こんな記事もよく読まれています




コメントを残す