macOS High Sierra 10.13.2が公開、セキュリティを強化 – iPhone Mania



macOS High Sierra 10.13.2

 
Appleは現地時間12月6日、macOS High Sierra 10.13.2を公開しました。重大な脆弱性への対処を挟んだ、前バージョンから約1カ月ぶりのアップデートとなっています。

セキュリティ強化とバグ改善が中心

macOS High Sierra 10.13.2は、開発者向けベータの段階から外観上の目立った変化のない、セキュリティ強化とバグ修正が中心のアップデートとみられていました。
 

macOS High Sierra 10.13.2

 
今回のアップデートに合わせて、iTunes 12.7.2も公開されており、同時にダウンロードおよびインストールが可能です。
 
Appleによるリリースノートには、セキュリティ強化とバグ修正以外に、サードパーティ製USBオーディオ機器との互換性向上、プレビューアプリでのPDFファイルのVoiceOver改善などが記されています。

重大な脆弱性への対処を挟んでのアップデート

前バージョンにあたるmacOS High Sierra 10.13.1が公開された10月末から、約1カ月ぶりでのアップデートとなりました。
 
その間に、パスワードなしでシステム全体にアクセスできる、管理者以上のrootユーザ権限を取得できる脆弱性が発見され、直後に、対応するパッチが公開されています。
 
なお、パッチ公開後に10.13から10.13.1にアップデートした場合は、脆弱性の残ったバージョンがインストールされてしまう問題が指摘されていましたが、Macを再起動することで対処可能です。

 
 
Source:MacRumors
(hato)





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す