iPhone X、操作変更でケース選びに重大な注意点。知らずに地雷を踏まないための予備知識 – Engadget 日本版



細かい事情の説明は後回しで要点だけを圧縮すると、

・iPhone X ではホームボタンがなくなった関係から、明るさや画面回転ロック、画面録画、WiFi On/Offなどを即座に変更できるショートカットであるコントロールセンターが、従来の画面下から上にスワイプではなく、画面右上から下スワイプに変更された。
(通知センターは画面左上側から下スワイプ。要するにノッチ左右で別機能を割り振っている)。

・iPhone X はiPhone 6/7/8 Plus系より画面が縦に長いため、片手操作で画面上から下スワイプはPlusよりも遠い。(画面下、ホームに戻るジェスチャ付近からの距離)

・iOSには画面上端が遠い問題への対策として、表示が下にずれて届きやすくなる「簡易アクセス」機能が以前からある(アクセシビリティから設定)。従来はホームボタンを2度タッチだったが、Xにはホームボタンがないため、画面下端から画面外へ下方向スワイプという新ジェスチャが追加された。

・一方、発売時期に店頭に並ぶカバーやケースは、大半が新iPhoneのサイズやボタン配置図だけを手がかりに、実機で試さずバクチで製造している。地味なアクセシビリティの新規ジェスチャももちろん配慮していない。

参考:
iPhone Xの画面保護フィルム・ガラスは実機で試さず売られている粗悪品に注意

・iPhone X は下のベゼルが細いために、下側も画面近くまで保護するタイプのカバーの場合、指が引っかかって「下に画面外スワイプ」がかなり辛くなる(従来は上下に余白があったため、画面外スワイプがやりやすかった)。

結果、「片手で Plus系を操作するとき便利だった簡易アクセスが事実上使えず、通知だけでなくコントロールセンターもすぐに開けなくなる」場合がある。

雑な図にするとこう。簡易アクセスはiOSの説明によれば「画面の上部を届く範囲に移動させる」機能。

iPhoneは特に日本ではユーザーが多く、分かりにくいジェスチャを駆使して超効率で片手操作する良く訓練されたユーザーもいれば、コントロールセンターも使ったことがなくマイペースで設定アプリから操作する人、だいたいSiri に任せる人まで様々です。

片手でも画面上部に指が届きやすくなる簡易アクセスは、手が小さかったりPlus端末のユーザーには非常に便利な機能ではあるものの、やはり大半のユーザーは存在を知らず両手で操作したり、持ち方を変えて無理やり上部に指を伸ばしていると思われます。

そもそも簡易アクセスを知らない・使わない・両手で使うから不要というユーザーには、iPhone X の操作変更もカバー選びの注意点も縁がない話かもしれません。

しかし「普通のiPhoneより若干大きいだけで、大画面なのに操作しやすい」といわれる iPhone X が、「画面が縦に長くなった影響で実は Plus よりも上に指が届かなくなっている」こと、しかも「親指に近かったコントロールセンターが、その遠い画面上部に引っ越した」ことは使わないと意外と実感できません。

iPhone X は通知とコントロールセンターが遠いこと、簡易アクセスのジェスチャがケースなしでも結構な確率で失敗することを差し引いても、そのほか部分で圧倒的に魅力的な端末なので、機種としては無差別にお勧めできます。しかしもし、Plusは大きすぎて操作しにくいから絶対にイヤ、Xなら小さいみたいだから良いな、というかたは、とりあえず実機を試してみることをおすすめします。

そうだ両手使おう!

速報:iPhone X開封の儀。ホームに戻る、タスクや通知表示はこうなった(動画)





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す