趣味は鉄道模型! 埼玉新都市交通のイメージキャラ「丸山はやみ」が … – 乗りものニュース



埼玉新都市交通の運転士をイメージしたキャラクター「丸山はやみ」が、デビューしました。鉄道や鉄道模型が好きという設定で、今後さまざまな関連イベントが開催されます。

名前の由来は、丸山駅と東宮原駅

 埼玉新都市交通(埼玉県伊奈町)の運転士をイメージしたキャラクター「丸山はやみ」が2018年1月11日(木)、デビューしました。

180111 musume 01
2018年1月11日にデビューした「丸山はやみ」(画像:埼玉新都市交通)。

「丸山はやみ」は、トミーテックなどが展開する「鉄道むすめ」という、実際の鉄道事業者の制服を着たキャラクター。鉄道や鉄道模型が好きで、休日は鉄道の博物館や鉄道模型の専門店によく通っているという設定。埼玉新都市交通として初めての「鉄道むすめ」です。

 なお、名前の由来は丸山駅(同)と東宮原駅(ひがしみやはらえき、さいたま市)の一部逆さ読みから。

 デビュー記念として、埼玉新都市交通は2月10日(土)から記念1日フリー乗車券(大人1枚700円台紙付、限定1000枚)を発売。今後、ヘッドマークの掲出などさまざまなイベントプログラムが予定されています。

【了】




この記事の写真一覧


こんな記事もよく読まれています




コメントを残す