1000馬力のR31で海外ドリフト界に進出!【東京オートサロン2018】 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)



  • 2018/01/12
  • Dee’s Club
このエントリーをはてなブックマークに追加

R31HOUSEだからR31を展示していても当たり前。驚くことはないと思うんですが、今回のR31ではいつもとちがう試みに挑戦。おそらく世界初となる、ドリフトするための1000馬力エンジン搭載のR31だったのです!

しかもドリフトといっても視野に入れているのは国内競技ではなく、海外のイベント。2年にいちどオーストラリアで開催されるスカイラインナショナルズ内でドリフトするために作ったそうです。

ドライバーを務めるのはこれまた異例な21才の蕎麦切広大さん。ラジコンドリフト歴が8年で、R31HOUSEのワークスラジドリフターとして活躍していた彼ですが、ドリフト歴はまだ半年。それでもラジコンの経験を活かしてメキメキ上達中。

マシンもドライバーも意欲的な今年のR31HOUSEによるプロジェクトに期待しましょう!

海外でチューニングベースとしてよく使われるRB30エンジンをベースに3.4リットルへ排気量アップ。ギャレット製タービンをモーテックで制御することで1000馬力を実現したそうです。切れ角アップ対策のサイクルフェンダー加工もしてありますね。

「レギュレーションに縛られないように自由に作った」という室内はとてもレーシーな仕上がり!1000馬力の出力に耐えるためにミッションはG-Forceの4速マニュアルに換装されています。

角度を付けたドリフトができるように、フロントの足まわりはシルビアに流用。切れ角アップナックルなどのドリフト用パーツもオリジナルだそうです。




自動車業界の最新情報をお届けします!


こんな記事もよく読まれています




コメントを残す