[ニコニコ超会議2017]15万4600人が来場 ネット来場者は50万人減で減少傾向続く



「ニコニコ超会議2017」の会場の様子

 動画配信サイト「ニコニコ動画」(ニコ動)の大規模イベント「ニコニコ超会議2017」が29、30日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催され、2日間で昨年の来場者数(15万3000人)を上回る約15万4600人が来場したことが分かった。イベントの様子は、同サイトからも視聴可能で、会場からの公式生放送を視聴した「ネット来場者数」は約506万人となり、15年から200万人以上下回った16年の約554万9000人から、さらに50万人近く下げた。

 「ニコニコ超会議」はニコ動の大規模イベントで、「ニコニコのすべて(だいたい)を地上に再現する」をコンセプトに、音楽やアニメ、ゲーム、政治、スポーツなどさまざまなジャンルを網羅。イベントの模様は動画でも中継された。

 今年は、昨年に続いて歌舞伎俳優の中村獅童さんとバーチャルシンガーの初音ミクが“競演”するイベント「超歌舞伎」が行われたほか、タレントのビートたけしさんや小池百合子東京都知事、歌手の小林幸子さんらがイベントに登場。「進撃の巨人 シーズン2」や「けものフレンズ」など人気アニメの体験型アトラクションも設置され、行列ができていた。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す