任天堂がしっかり、「スイッチ」増勢で18年3月期営業利益は2.2倍を予想 – 株探ニュース



市場ニュース

戻る

2017年04月28日09時20分

【材料】任天堂がしっかり、「スイッチ」増勢で18年3月期営業利益は2.2倍を予想

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより

 任天堂7974>がしっかり。27日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想を発表しており、売上高7500億円(前期比53.3%増)、営業利益650億円(同2.2倍)、純利益450億円(同56.1%減)を見込む。市場予想平均の営業利益1050億円前後を下回ったことから、朝方は売りが先行したものの、好業績を素直に評価する動きが株価を下支えしているようだ。 3月に発売した「ニンテンドースイッチ」が好調な滑り出しとなったことに加えて、同時発売の「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」の好調や、4月の「マリオカート8 デラックス」、6月の「ARMS」、7月の「Splatoon2」の発売も「ニンテンドースイッチ」の勢いの持続に寄与する見通しだ。また、新たなゲームアプリ投入で、スマートデバイス事業の拡大も図るとしている。なお純利益は、前期に米大リーグ・シアトルマリナーズの運営会社の持ち分売却益などを計上した反動が響き大幅減益を見込む。

 17年3月期決算は、売上高4890億9500万円(前の期比3.0%減)、営業利益293億6200万円(同10.7%減)、純利益1025億7400万円(同6.2倍)だった。期中平均為替レートは前期実績が1ドル=108円38銭、1ユーロ=118円79銭で、18年3月期の想定レートは1ドル=105円、1ユーロ115円としている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)




【関連記事・情報】


こんな記事もよく読まれています




コメントを残す