『新幹線変形ロボ シンカリオン』TVアニメ化 来年TBSで放送 – エキサイトニュース



 実在する新幹線がロボットに変形して戦うキッズ向けアニメーション新番組『新幹線変形ロボ シンカリオン』が来年より、TBS系で放送される。

 ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社原案キャラクターコンテンツとして、すでに玩具化や雑誌連載など、さまざまなプロジェクトが展開されていた“シンカリオン”。いよいよテレビアニメーションとして動き出す。

 「漆黒の新幹線」が生み出す巨大怪物体の脅威にさらされた日本。鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下深くに存在する特務機関「新幹線超進化研究所」は、実在する新幹線から変形する巨大ロボット「新幹線変形ロボ シンカリオン」を開発した。その“シンカリオン”と高い適合率を持つ速杉ハヤトら子どもたちが運転士となり、研究所員ら大人たちと力を合わせて強大な敵に立ち向かう。「漆黒の新幹線」の目的とは? 日本の未来がかかった戦いの行方は?

■公式サイト
http://www.shinkalion.com/





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す