Macで無線LANが繋がらないときの対処法



無線LANがインターネットに繋がらない

インターネットに繋がらない

インターネットに繋がらない

Macのノートやデスクトップでブラウザを起動したとき、右図のように表示されてしまい、インターネットに接続できないことがある。今回の記事では、Macでインターネットに繋がらないとき、どこをチェックしたらよいかを具体的に挙げていく。

ひとつひとつ試していこう。繋がるはずだ。

チェック1:ハード関連の設定を確認

Macの設定を確認するまえに、Macに繋がっているハードウェアを確認しよう。ここに不具合があると、いくら設定を見直しても繋がらない。

具体的には以下の記事の1ページ目を参照して欲しい。

Windows 10で無線LANが繋がらないときの対処法

チェック2:Wi-Fiは有効になっているか

Wi-Fiが有効になっていないと無線LANで接続することができない。次のようにして確認しよう。

1.ドックから「システム環境設定」を選択する。

システム環境設定

システム環境設定の選択

2.「ネットワーク」を選択する。

ネットワークの選択

ネットワークの選択

3.左の欄から「Wi-Fi」を選択し、もし下図のように「切」になっている場合は、「Wi-Fiを入にする」ボタンを押す。

切りになっている場合

切りになっている場合は、入にしよう。

チェック3:別のSSIDで接続してみる

Wi-Fiが有効(入)になっているのに接続できないときは、とりあえず別のSSIDで再接続してみよう。これで、インターネットに接続できてしまうことがある。もちろん、自分の無線LANルータのSSIDだ。11gと11acが同時に利用できる無線LANルータには、複数のSSIDがある。SSIDは、無線LANルータの本体に記載されていることが多い。

1.「ネットワーク」画面で「ネットワーク名」欄右のボタンを押す。

SSIDの欄を選択

SSIDの欄を選択

2.現在のSSIDとは異なるSSIDを選択する。

別のSSIDを選択

別のSSIDを選択 チェックが付いているSSIDが現在のSSID

チェック4:接続情報を削除して再度作成する

無線LANに一度接続すると、暗号化キーなどの情報が保存され、次回以降は自動的に接続される。この接続情報に何らかの不具合が起き、再接続できないことも考えられる。チェック3まで試して接続できないときは、以下の操作で接続情報を一旦削除し、再度作成して接続してみよう。

1.「ネットワーク」画面で「詳細…」ボタンを押す。

undefined詳細ボタン

詳細ボタン

2.接続を回復したいSSIDを選択してから下の[-]ボタンを押す。

undefinedこれで削除ができる。

-ボタンを押すと確認なくいきなり削除されてしまう。これで削除完了。

次に、接続情報を再度作成する。1..「OK」ボタンを押して先の「ネットワーク」画面に戻る。

2..「アシスタント…」ボタンを押す。

アシスタントの起動

アシスタントの起動

3..アシスタントの起動を確認してくるので「「アシスタント」ボタンを押す。

これを選択

アシスタント起動の確認

4.「続ける」ボタンを押す。

続けるを選択

続けるを選択

5.「AirMac~」を選択してから「続ける」ボタンを押す。

AirMacの選択

AirMacの選択

6.先ほど削除したSSIDを選択してから「パスワード」欄にパスワードを入力して
「続ける」ボタンを押す。パスワードは、無線LANルータの本体に記載されていることが多い。

パスワードを指定する。

パスワードを指定する。

あとは、画面の説明に従って操作すれば完了だ。

チェック5:DHCP機能が有効になっているかを確認

家庭や小規模のオフイスでは、無線LANルータから自動的にIPアドレスを割り振られている場合が多い。その際、以下のようにしてIPアドレスを自動的に割り振るDHCP機能が有効になっているかを確認しよう。なお、ネットワーク管理者がいるようなネットワークの場合は、ほかの方法を利用している場合がある。必ず管理者に問い合わせてから作業して欲しい。

1.「ネットワーク」画面で「詳細…」ボタンを押す。

-------------

前にも押した「詳細」ボタンをここでも利用する

2.上の「TCP/IP」タブを選択し、「IPv4の設定」欄に「DHCPサーバを利用」と表示されているかを確認する。「IPv6の設定」欄は、「自動」のままで問題ない。

----------

この図のようになっていればよい。

以上で接続できるはずだ。

接続できるかどうかは、チェック4の手順3で挙げたアシスタント確認の画面で「診断」ボタンを押しても確認できる。利用してみよう。

診断ボタン

診断ボタンの活用

ここで利用する「診断」は、少々専門的になるが、ネットワークの問題を解析して表示する機能もある。腕に自信のあるユーザは、利用してみよう。





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す