SteamVRがOculus Dashに対応 Riftユーザーの最適化進む – ニコニコニュース



SteamVRの最新ベータ版にて、Oculusプラットフォームのダッシュボード機能「Oculus Dash」がOculus Riftユーザー向けに利用可能になりました。

VR空間でデスクトップ画面を操作したり、フレンドリストやストア画面へスムーズにアクセスしたりと、より使いやすい没入型メニューを提供します。

より直感的なメニュー画面

SteamVRはPC向けゲームのプラットフォームSteamでVRデバイスのサポートを行います。

HTC ViveやOculus Riftなど複数のVRヘッドセットに対応しています。

新たに公開されたSteamVR最新ベータ版では、Oculus RiftユーザーがOculusのプラットフォームに限定されていたOculus Dashのアプリ内レンダリングが、Steamでも適切に行われるようにサポートされました。

Oculus Dashとは、Oculus Riftのコアアップデート2.0にて実装された、新しいダッシュボード機能です。ゲーム内でメニュー画面がオーバーレイ表示され、Oculus Touchで直感的に操作できることが売りです。

DashではOculusプラットフォームのフレンドリストやストアページなどへ簡単にアクセスできるほか、バーチャルデスクトップ機能によりデスクトップのアプリケーションをVR内でそのまま操作することもできます。

本機能はこれまでホワイトルームによって代替されていましたが、今回のアップデートからOculusアプリと同じように、SteamVRでもOculus Dashの機能が扱えるようになりました。

https://www.youtube.com/watch?v=SvP_RI_S-bw

よりオープンなVRプラットフォームへ

Oculus Dashは、SteamVRの最新のベータ版を適用することですぐに利用することができます。

SteamVRのベータ機能を有効化するには、Steamのライブラリからツール>SteamVRを右クリックし、プロパティ画面のベータタブから設定を行ってください。

本機能はOculus Rift専用であるため、SteamVRでもRiftユーザーのみ使用できます。

http://www.moguravr.com/steam-vr/

(参考)
SteamVR Beta Adds Support for Oculus Dash / Road to VR(英語)
https://www.roadtovr.com/steamvr-beta-adds-support-oculus-dash/

Mogura VRは、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す