エイサー、10cm幅のスリム筐体を採用したスタンダードデスクトップ – ITmedia




ニュース


» 2017年11月14日 16時12分 公開



日本エイサーは、省スペース筐体を採用するデスクトップPC「Aspire X」シリーズの販売を開始する。






 日本エイサーは11月14日、省スペース筐体を採用するデスクトップPC「Aspire X」シリーズを発表、11月16日に販売を開始する。

photo
Aspire Xシリーズ

 本体幅100mmのコンパクト筐体を採用したデスクトップPCで、搭載CPUの異なる4種のモデルを用意した。ラインアップは、Celeron J3355/メモリ4GB/1TB HDD搭載の「XC-730-F14F」、Core i3-7100/メモリ4GB/1TB HDD搭載の「XC-780-F34F」、Core i5-7400/メモリ4GB/1TB HDD搭載の「XC-780-F54F」、Core i7-7700/メモリ8GB/2TB HDD搭載の「XC-780-F78G」を取りそろえている。

 いずれもOSはWindows 10 Home 64bit版を導入。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ4万3000円前後/6万8000円前後/7万5000円前後/10万円前後だ(税別、以下同様)。


 またエイサーは、15.6型液晶搭載のスタンダードノートPC「Aspire ES 15」「Aspire E 15」シリーズの新モデルを発表、11月22日より順次販売を開始する。

 いずれも15.6型液晶ディスプレイを採用したノートPCで、Aspire ES 15シリーズは1366×768ピクセル表示対応15.6型液晶/Celeron N3350/500GB HDDを搭載。Aspire E 15シリーズは、1366×768ピクセル表示対応15.6型液晶/Core i5-7200U搭載の下位構成モデルと、1920×1080ピクセル表示対応15.6型液晶/Core i7-7750U搭載の上位構成モデル(それぞれに1TB HDDモデルと256GB SSSDモデルを用意)を取りそろえた。カラーバリエーションはAspire ES 15が計3色、Aspire E 15シリーズは2色展開となっている。

photophoto
Aspire ES 15シリーズ(左)、Aspire E 15シリーズ(右)

 予想実売価格はAspire ES 15シリーズが5万円前後、Aspire E 15シリーズが8万5000円前後〜12万円前後だ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す