破損覚悟のIntel Compute Stick大改造実験



特集記事

破損覚悟のIntel Compute Stick大改造実験

今回の特集はCore m版スティックPCの油没だ。 「Atom版15台を使っておもしろいことをしてもらえれば、Core m版スティックPCを油沈してもいい」とのことなので、第1回と第2回では、Atom版を用いて楽しいことをするわけである。第3回はCore m版の空冷での検証、第4回ではいよいよ油没に挑戦する。

2016年10月27日 12時00分更新



  • Core m版スティックPCには油没冷却がとても効果的!!

    2016年10月27日 12時00分

    第4回は、いよいよ油没冷却になる。今回は、価格的に覚悟が必要になるIntel Compute Stick STK2M364CCを油没冷却の対象としている。



  • Core m版スティックPCをファンレス運用! アイドル時でも不安になる熱さ

    2016年10月26日 12時00分

    第3回は、Core m版スティックPCこと、「STK2M364CC」の基本情報を収集していく。また、各種ベンチマークなども計測している。



  • Atom版スティックPCを精製水と無水エタノールに浸す

    2016年10月25日 12時00分

    始動編2としては「どうなってもいいスティックPC」がいくつかある状況を利用して、気になる液体での冷却をチェックすることにした。



  • スティックPC複数台を使って普段できない実験にチャレンジ

    2016年10月24日 12時00分

    「Atom版15台を使っておもしろいことをしてもらえれば、Core m版スティックPCを油沈してもいいですよ」ということなので、まずはスティックPCを用いて楽しいことをするわけである。


こんな記事もよく読まれています




コメントを残す