テレビクルーを引き連れて、冬の熱海猫を再訪問!



荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”
第500回

2017年03月18日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

見上げるとそこに猫。なんと気持ちよさそうな日向ぼっこのk時虎である(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)
見上げるとそこに猫。なんと気持ちよさそうな日向ぼっこのk時虎である(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 実は、冬の寒い日、テレビ番組のロケを熱海で行ったのである。

 以前、この連載で掲載した熱海の漁港猫の写真を見たテレビ局から話があり、熱海での猫撮影の様子を撮影されたのだ。

 今回はその話。

 さすがにテレビ収録中にカメラが壊れたとか落としたとかバッテリー切れたとかは恥ずかしいので、万全を期してオリンパスの前のフラッグシップモデル「OM-D E-M1」と、富士フイルムのハイクラスモデル「X-T2」のミラーレス一眼2台体制。

 こういうときレンズを共有できる同じマウントのカメラを2台って人が多いと思うけど、違うテイストのカメラを用意したくなるのはまあ性格の問題か。

 ひとりでふらっと猫を撮りにいくときとは違い、数人のテレビカメラを持ったスタッフが一緒だと猫も目線がキョロキョロと定まらない様子。そうだよねえ。

 その漁港はスタッフから「こんなとこにほんとにあるんですか?」という声があがるような場所にある。私有地なので勝手には入れないのも猫的には良い場所だ(もちろんあらかじめ許可をとっております)。

 漁港に入るといきなり軒の上に猫(冒頭写真)。

 そこにいるとわかってても最初の1匹に出会うまではドキドキしますな。

 冬の日差しが当たって気持ちいいのか軒の上に2匹の猫が。いや2匹とも上を向いてると思ったら、上にも2匹隠れてた。

 耳だけしか見えてないけど猫の視線を追うとわかる。

日向ぼっこのその上でまたさらに日向ぼっこ。晴れた冬の日はここに限りますな、といいたくなる感じである(2017年1月 富士フイルム X-T2)
日向ぼっこのその上でまたさらに日向ぼっこ。晴れた冬の日はここに限りますな、といいたくなる感じである(2017年1月 富士フイルム X-T2)

 気になったのは、以前訪れた時にいっぱいいた子猫たち。あのときはちょうど子猫がたくさん生まれてて、とてもフォトジェニックだったのだ。

 彼らは無事オトナになったろうか。ちょっと心配したんだが、もしかして、このふさふさのミケ系猫は昔子猫だったアイツじゃないか?

何匹も集まった中にひときわ貫禄のあるふさふさ三毛を発見。帰宅して写真をチェックしたら、「そういえば以前撮った子猫に三毛っぽいやヤツがいたぞ」と思い出した(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)
何匹も集まった中にひときわ貫禄のあるふさふさ三毛を発見。帰宅して写真をチェックしたら、「そういえば以前撮った子猫に三毛っぽいやヤツがいたぞ」と思い出した(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 って言われても困るよな。当時この連載で掲載した写真をここでもう一度。撮影場所は同じ漁港だ。

 なんか似てません? よく見ると左前足に茶色がはいってたり、鼻の右側が少し黒かったり、おでこが茶色のハチワレぎみで少し黒がまじってたり。

 顔つきが変わってすっかり貫禄を身につけちゃってるけど、同じ猫なんじゃないかと思う。でなければ、兄弟か親子だ。

昔この連載で掲載した漁港の子猫。顔つきは大きく変わったが模様に共通点が多い。もしかして同一猫?(2011年8月 パナソニック LUMIX DMC-G3)
昔この連載で掲載した漁港の子猫。顔つきは大きく変わったが模様に共通点が多い。もしかして同一猫?(2011年8月 パナソニック LUMIX DMC-G3)

 だとしたらうれしいですな。無事生き延びてて。

 何しろ漁港である。桟橋を自由に行き来するのである。

 漁港のおじさんに「猫は海に落ちたりしないの?」と聞いてみると、「ああ、よく落ちるみたいだよ」と言う。

 え、大丈夫なんだろか。

 すぐに這い上がってくるけど、冬のように寒い日はそれで死んじゃうこともあるようだ。漁港の人も常時猫を見てるわけじゃないので、近くにいないときに海に落ちたりされたら助けようもないしね。


猫的には広いし、人もほとんど来ないし、縦横無尽に駆け回れるし、時には捕ったばかりの魚ももらえるしで楽しい環境なのだな。見てる方はヒヤヒヤするけど(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)
猫的には広いし、人もほとんど来ないし、縦横無尽に駆け回れるし、時には捕ったばかりの魚ももらえるしで楽しい環境なのだな。見てる方はヒヤヒヤするけど(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 まあそんな放任されてる環境が猫的にも気楽でいいんだろう。


ペロっとした瞬間。X-T2の良さのひとつは猫目線での縦位置撮影をしやすいことなのだ。逆光の舌はピンクがきれいである(2017年1月 富士フイルム X-T2)
ペロっとした瞬間。X-T2の良さのひとつは猫目線での縦位置撮影をしやすいことなのだ。逆光の舌はピンクがきれいである(2017年1月 富士フイルム X-T2)







この連載の記事


こんな記事もよく読まれています




コメントを残す