証券取引アプリ「One Tap BUY」米国ETF「まるごと米国株」開始



「米国(S&P500株価指数関連)ETF3銘柄」の取り扱いを開始

2017年12月07日 14時15分更新

文● 山口/ASCII

 One Tap BUYは12月6日、iOS/Android向け証券取引アプリ「One Tap BUY」において、「米国(S&P500株価指数関連)ETF3銘柄」の取り扱いを開始すると発表した。

 日本株ETF「まるごと日本株」に引き続き、米国株ETFを導入して「まるごと米国株」として提供開始する。相場が上がったら儲かる「SPDR(スパイダー) S&P500 ETF」、相場が上がったら3倍儲かる「Direxion Daily S&P500 Bull 3X ETF」、相場が下がったら3倍儲かる「Direxion Daily S&P 500 Bear 3X ETF」の3銘柄を取り扱う。

 One Tap BUYの米国株は、24時間365日約定するという。ETFの導入により、米国市場が閉場している日本の昼でも、何か経済イベントが発生すれば、より積極的にリスクを取ったり逆にリスクヘッジしたりする手段を提供できるとしている。





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す