B&O Play、完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」に新色チャコールサンド




B&O Play、完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」に新色チャコールサンド

2017年12月7日 11:20掲載

完実電気は、「B&O Play」ブランドより、完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」の新色として、「チャコールサンド」の発売を開始した。

補聴器やヘルスケア分野で培ってきた「NFMI(Near-Field Magnetic Induction/近距離磁界誘導)ペアリング技術を採用し、ペアリング中のドロップアウトを最小限化して、安定した接続性を確保するというBluetoothイヤホン。今回発売する「チャコールサンド」は、女性にも適した、ゴールドのラインを施したモデルとなる。

仕様面では、独自設計の5.7mm径ダイナミックドライバーを装備。4サイズのシリコンイヤーチップに加えて、MサイズのComply Sportイヤーピースが付属する。機能面では、タッチコントロールに対応した。

このほか、Bluetoothのバージョンは4.2、対応コーデックはAACをサポート。本革の充電ケースが付属し、フル充電で最大2回分の充電が可能(充電時間は約2時間)。イヤホン本体サイズは23(幅)×20(高さ)×25(奥行)mm、重量は右側が約7g、左側が約6g。充電ケースの本体サイズは73(幅)×47(高さ)×33(奥行)mm、重量は約45g。

直販価格は32,900円。

■関連リンク

【新製品ニュース】B&O Play、NFMIペアリング技術採用の完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!




関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



こんな記事もよく読まれています




コメントを残す