カメラ充電器、10万個回収=強度不足で感電の恐れ-富士フイルム – 時事通信



 は12日までに、デジタルカメラ用充電器「AC-5VF」を自主回収し、無償交換するとホームページ上で公表した。対象製品は約10万個で、根元部分の強度が不足し壊れやすく、破損した状態で使用すると感電の恐れがあるとしている。
 同社は国内での破損などの事例を6件確認しているが、感電事故は現時点で報告されていないという。回収する製品は、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-A3」やコンパクトカメラ「FinePix XP90」など7機種の充電器。2016年5月~17年5月に製造された。問い合わせ先は、フリーダイヤル(0120)313446。(2018/01/12-18:14)

【経済記事一覧へ】 【アクセスランキング】





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す