360°カメラ「Insta360 ONE」のAndroid対応アダプタが登場。Insta360シリーズのクリスマスセールも実施中 – VR Inside



昨年の「VR元年」以降、360°画像あるいは360°動画を撮影する360°カメラは、一部の撮影機材マニアだけではなく広くVR愛好者が手にするポピュラーなものとなった。そんな360°カメラのなかでも「Insta360 ONE」は、iPhoneに接続して撮影することによって画像の編集から配信まで可能なまさに「小さな優れもの」だ。このカメラが新たにAndroidに対応することがわかった。さらに、Insta360カメラシリーズのセールも実施中である。

Insta360 ONEのイメージ画像

ついにAndroid対応アダプタが登場

Insta360 ONEをAndroidスマホに接続するアダプタ画像

Insta360 ONEをAndroidスマホに接続するアダプタ

360°カメラ「Inata360 ONE」は、非常に小型なカメラである。というのも、GoProのようなアクションカメラのように、ユーザの激しいアクションを撮影できるようにコンパクトに設計されたからだ。

ユーザの様々な撮影シーンに対応するために、同カメラには以下のような多様なアクセサリが用意されている。

  • ・三脚
  • ・ドローン接続用カメラマウント
  • ・固定運動ヘルメット
  • ・防水ケース
  • ・自撮り棒&Blurtoothリモコン
  • ・強力吸盤

さらに、同カメラはiPhoneに直接接続して使うことも可能なのだ。

Insta360 ONEをiPhoneに接続した画像

以上のように多様な撮影に対応した同カメラは、Androidスマホには対応していなかった。しかし、ついにAndroidに接続するためのアダプタの販売がスタートしたのだ。同アダプタは、同カメラを開発・販売しているInsta360の公式サイトから$29(約¥3,300)で購入できる。

なお、Android対応専用アプリは、まだリリースされていない。おそらくは近日中にリリースされるだろう。

「Insta360 ONE」とは

「Insta360 ONE」はiOS端末あるいはAndroid端末に接続して360°の全方位で楽しめるパノラマ映像や写真を撮影できる360°カメラで、重さはわずか82グラムとコンパクトながらに4K画質、フレームレート120fpsでの撮影に対応し、非常にパワフル。普通のビデオカメラとしても360°カメラとしてもハイスペックを誇っている。

同カメラは「バレットタイム」撮影にも対応。「バレットタイム」とは映画『マトリックス』で主人公のネオがのけぞって敵の弾丸を避けるシーンに使われたことでも有名な撮影技法で、見ている人はまるで超能力で時を止めているかのような感覚で映像を楽しめる。

さらに強力な手ぶれ補正機能も実装されており、GoProのようにドローンやバイクに乗ったヒトの頭に着けたり、小型アクションカメラとしても使っても鮮明な画像を撮影することができるのだ(上の動画参照)。

以上のような「Insta360 ONE」は、CES 2018でイノベーションアワードを受賞した。

Insta360シリーズのクリスマスセールが実施中

Insta360 ONEはInsta360カメラシリーズのひとつで、このシリーズには使用目的やユーザ層に応じて多数のカメラがラインナップされている。現在、同カメラシリーズのカメラが2017年クリスマスセールを実施している。そのセールの内容は、以下の通りである。

なお、セール中のカメラはInsta360の公式ストアから購入できる。

カメラ名 主な特徴 通常価格 セール価格 ディスカウント率
1Insta360 Pro 8K画質が撮影できるプロ仕様の360°カメラ $3499(約¥400,000) $3359(約¥380,000) 4%
Insta360 ONE 汎用性の高い360°カメラ $299(約¥34,000) $269(約¥30,000) 10%
Insta360 Nano iPhoneに接続して使用することに特化したモデル $199(約¥22,600) $159(約¥18,000) 20%
Insta360 Air スマホに接続して撮影する同カメラシリーズ最小モデル $129(約¥15,000) $99(約¥11,000) 23%
Insta360 Proを使用している様子の画像

Insta360 Proを使用している様子

360°カメラは新たなソーシャル・ツールとなるか?

以上のように、現在ではスマホに接続して撮影するコンシューマー向けの360°カメラならば、安いものでは2万円もしないのだ。とはいうのも、例えばインスタグラムに360°画像をアップするのがトレンド、というような話はまだ聞かない。360°カメラは、まだ「当たり前」のものとは言い難いのが現状だ。

しかしながら、FacebookをはじめとしたSNSの多くはすでに360°画像と動画のシェアに対応している。360°カメラが普及する下地は整っているのだ。これからに期待しよう。

ソース:VRFocus





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す