生産現場にIoT拡大 – 佐賀新聞



 IoT技術を導入した日立製作所大みか事業所の生産現場=2017年11月、茨城県日立市
 IoT技術を導入した日立製作所大みか事業所の生産現場=2017年11月、茨城県日立市

 IoT技術を導入した生産現場のイメージ
 IoT技術を導入した生産現場のイメージ

 あらゆる機器をインターネットにつなぐ「モノのインターネット(IoT)」技術の生産現場への導入が進んでいる。製造ラインや従業員の作業状況をデータで見やすくし、従来は気づかなかった生産の無駄を省けるためだ。電機大手も収益源に育てようと顧客メーカーに売り込んでいる。

 「データを分析し、従業員の行動を変革できる」。新幹線の運行システムなどを手掛ける日立製作所の大みか事業所(茨城県日立市)。IoT技術を駆使した現場で担当者が強調した。

 日立のIoT技術は、組み立てる部品にタグを付けて出荷までの情報を読み取り、同時に従業員の作業をカメラで記録する。このデータをモニターで把握し、異常を見つければ、従業員が過去にどう働いたかを動画で振り返って確認する。生産性の向上が期待できるという。

 日立は昨年7月にこのIoT技術の提供を始めた。顧客からの引き合いは多く、昨年4月からの半年間で約140社が大みか事業所を視察した。

 富士通は生産の進行をグラフで表示し、モニターで一覧する技術を提供。製造機器に取り付けたセンサーを通じてデータを取得し、グラフを作成する。この技術を導入したオムロンは、グラフの乱れで無駄な仕事を見つけ、一部製品で生産効率が3割ほど上がった。

 三菱電機もIoTに対応した機器を、半導体関連メーカーなどに販売している。昨年9月中間連結決算では純利益が1311億円と過去最高を更新した。好調なIoT事業の「貢献度は大きかった」(広報)とし、今後の収益の柱に育てたい考えだ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もよく読まれています




コメントを残す