[CES 2018]ソニー,新型スマートフォンXperia XA2シリーズを発表。注目はスペックアップした6インチモデル「Xperia XA2 Ultra」だ – ニコニコニュース



 CES 2018に合わせて,Sony Mobile Communicationsが「Xperia」ブランドの新型スマートフォン「Xperia XA2 Ultra」と「Xperia XA2」の2製品を発表した。世界市場では2018年1月以降に発売予定だ。

 国内でも販売中のXperia XZシリーズは,高いスペックを備えたハイエンド市場向け製品であるのに対して,その下位モデルにあたるXperia XAシリーズは,基本的にミドルクラス市場向けの製品となっている。とはいえ,Xperia XA2 Ultraは,6インチサイズの大型液晶パネルを搭載するなど,見るべき点が少なくない。
 本稿では,CES 2018のソニーブースに展示されていたXperia XA2 UltraとXperia XA2の実機を,スペックともども簡単に紹介したい。

■Xperia XA2 Ultra

 まずは,日本でも注目を集めそうなXperia XA2 Ultraから見ていこう。
 Xperia XA2 Ultraは,世界市場で2017年1月に発表となった6インチ液晶パネル搭載のスマートフォン「Xperia XA1 Ultra」の後継機種である。パネル解像度は1080×1920ドットだ。

 6.3インチサイズで解像度1440×2960ドットという縦長有機ELパネルを採用するスマートフォン「Galaxy Note8」を並べてみると,縦方向のサイズはほぼ同じ程度で,横方向のサイズは若干大きいように見える。
 スペックを比較してみると,Galaxy Note8の公称本体サイズが約75(W)×163(D)×8.6(H)mmなのに対して,Xperia XA2 Ultraは約80(W)×163(D)×9.5(H)mm。数字の上でもGalaxy Note8より大きいわけだ。

 また,Xperia XA2 Ultraは,Xperiaシリーズでは初めて,インカメラがデュアルレンズ仕様になっているのが特徴だ。
 Sony Mobile Communicationsはこのインカメラシステムを「Dual Selfie camera」と名付けているが,片方は約1600万画素の撮像素子と開放F値2.0のレンズを搭載し,光学式手振れ補正機能を組み込んであるとのこと。もう片方は広角撮影用で,約800万画素,開放F値2.4で120度という広い視野での撮影が可能になっているそうだ。
 なお,背面側のアウトカメラは1基だけで,約2300万画素,F値2.0というスペックとなっていた。

 搭載するSoC(System-on-a-Chip)は,Qualcomm製のミドルクラス市場向けSoCである「Snapdragon 630 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 630)。先代のXperia XA1 Ultraは,やや非力なMediaTek製SoC「Helio P20」を採用していたが,Snapdragon 630であれば,現行世代の3Dゲーム用途にも十分使えるものなので,ゲーマーの選択肢に入ってくるだろう。
 なお,メインメモリ容量は4GBで,内蔵ストレージは容量32GBまたは64GBとなっている。

 先代のXperia XA1 Ultraは,国内で正式発売されなかったのが残念だった。SoCの強化により,スペック面でもゲーマーの選択肢に入るようになっただけに,Xperia XA2 Ultraの国内販売に期待したい。

●Xperia XA2 Ultraの主なスペック
・メーカー:Sony Mobile Communications
・OS:Android 8.0(Oreo)
・ディスプレイパネル:6インチ液晶,解像度1080×1920ドット
・プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 630」(「Cortex-A53」CPUコア×8(最大CPU動作クロック未公開)+「Adreno 508」GPU)
・メインメモリ容量:最大4GB
・ストレージ:内蔵(32GB,64GB)+microSDXC(最大容量256GB)
・アウトカメラ:有効画素数約2300万画素,F値 2.0,画角84度
・フロントカメラ(メイン):有効画素数約1600万画素,F値 2.0,画角88度,光学式手振れ補正機能搭載
・フロントカメラ(サブ):有効画素数約800万画素,F値 2.4,画角120度
・バッテリー容量:3580mAh
・対応LTEバンド:未公開
・対応3Gバンド:未公開
・SIMカードスロット:nanoSIM(nanoUIM)
・待受時間:未公開
・連続通話時間:未公開
・無線LAN対応:IEEE 802.11ac
・Bluetooth:5.0
・USBポート:Type-C
・本体公称サイズ:約80(W)×163(D)×9.5(H)mm
・本体公称重量:約221g
・本体カラー:Black,Blue,Gold,Silver

■Xperia XA2

 “無印”モデルとなるXperia XA2は,5.2インチサイズで解像度1080×1920ドットの液晶パネルを採用するスマートフォンだ。外観はXperia XA2 Ultraを5.2インチに合わせて縮小したように見えるが,フロントカメラは,画角120度の広角カメラが1基だけとなっている。

 搭載するSoCはXperia XA2 Ultraと同じSnapdragon 630。ただし,メインメモリ容量は3GB,内蔵ストレージ容量は32GBのみと,やや低いスペックとなっている。

 国内の3大キャリアがXperia XA2を販売するかどうかは微妙だが,適正な価格で国内MVNO各社から登場すれば,安価なXperiaとして,人気を呼ぶ製品となるかもしれない。

●Xperia XA2の主なスペック
・メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
・OS:Android 8.0(Oreo)
・ディスプレイパネル:5.2インチ液晶,解像度1080×1920ドット
・プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 630」(「Cortex-A53」CPUコア×8(最大CPU動作クロック 未公開)+「Adreno 508」GPU)
・メインメモリ容量:最大3GB
・ストレージ:内蔵(32GB)+microSDXC(最大容量256GB)
・アウトカメラ:有効画素数約2300万画素,F値 2.0,画角84度
・フロントカメラ:有効画素数約800万画素,F値 2.4,画角120度
・バッテリー容量:3300mAh
・対応LTEバンド:未公開
・対応3Gバンド:未公開
・SIMカードスロット:nanoSIM(nanoUIM)
・待受時間:未公開
・連続通話時間:未公開
・無線LAN対応:IEEE 802.11ac
・Bluetooth:5.0
・USBポート:Type-C
・本体公称サイズ:約70(W)×142(D)×9.7(H)mm
・本体公称重量:約171g
・本体カラー:Black,Blue,Silver,Pink

リンク:Sony Mobile CommunicationsのXperia XA2 Ultraの製品情報ページ(英語)
リンク:Sony Mobile CommunicationsのXperia XA2の製品情報ページ(英語)

―――――――――――――――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/128/G012871/20180113001/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル:
・HARDWARE Xperia

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.




[CES 2018]ソニー,新型スマートフォンXperia XA2シリーズを発表。注目はスペックアップした6インチモデル「Xperia XA2 Ultra」だ

こんな記事もよく読まれています




コメントを残す