【売り】ALBERT(3906):急騰後反落の可能性 – minkabu PRESS



自動運転関連の好材料で2日連続のストップ高

【テクニカル】
テーマ性があり注目されるが、2日連続のストップ高となっており目先の過熱感が出ています。短期移動平均線からの上方かい離も50%近辺まで上昇。ボリンジャーバンドも+3σ(シグマ)をブレイクと一旦は調整が入る局面と考えられます。

【画像分析技術が自動運転技術へ】
5日に、米エヌビディア主催のイベントで自動運転技術に活用できる画像分析技術を公表すると発表し、テーマ性から人気化している。日経電子版でも単眼の可視光カメラで撮影した物体までの距離を推定できるソフトを開発と報じられており、自動運転関連銘柄として注目されます。今後、物色されるテーマと考えられますが短期急騰から目先は一旦の反落の可能性。

【関連ニュース】

伊藤明

伊藤明 (いとうあきら)

株式会社トレーデクス テクニカルアナリスト


こんな記事もよく読まれています




コメントを残す