ニチイ学館とNECが医療・介護分野で業務提携|けあNews by けあとも – けあNews



第一弾の取り組みをスタート

ニチイ学館は、11月10日、日本電気(以下、NEC)と、医療・介護分野における業務提携に双方が合意し、第一弾として、AI(人工知能)を活用した高齢者の介護・自立支援サービス開発に向けた共同研究をスタートしたことを発表した。

個々に最適なケアプラン案を提案

今回の取り組みを通じ、両社は、介護事業者におけるケアマネジャー等、現場スタッフの負担軽減および、より効果的なケアプランを作成できる人材育成の実現を目指す。

通常、ケアマネジャーは個々の高齢者に合ったケアプランを作成する。この作成において、NECの最先端AI技術を用いることで、高齢者の様々なデータを学習・分析。

具体的には、以前からある要介護者に対する入浴介助・通院介助などの身体介護、調理・掃除などの生活支援に向けたケアプランに加え、AIによる根拠をベースに要介護者のより効率的な運動機能改善などを促す「自立に最適なケアプラン」を作成する。

両社の強みを存分に発揮

「健康寿命の延伸」が叫ばれる昨今、より充実した介護サービスが求められている。一方、介護業界では、センサーやウエアラブル機器などのIoTの導入や、AIの活用への期待も大きい。

両社は、今後も互いの得意領域を活かし、地域住民の健康促進、地域包括ケアに向けた取り組みなど、様々な介護・自立支援サービスの開発を進めていく考えである。

(画像はニチイ学館のホームページより)

▼外部リンク

ニチイ学館 プレスリリース
http://www.nichiigakkan.co.jp/up_files/pdf/2355

NEC プレスリリース
http://jpn.nec.com/press/201711/20171110_01.html

キーワード:


介護事業者





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す