東芝、テレビ事業子会社を売却 「レグザ」ブランドは継続 – ORICON NEWS



東芝の有機ELテレビ「65X910」

東芝は11月14日、テレビ事業子会社「東芝映像ソリューション」株式の95%を、中国のハイセンスグループに譲渡すると発表した。2018年2月末をめどに約129億円で譲渡する見通し。譲渡後も社名は変更せず、TOSHIBA・レグザブランド製品の開発、販売、修理を継続するという。





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す