マイクロソフト、「セキュリティ インテリジェント レポート」を公開 – SecurityInsight



マイクロソフトは10月13日、2017年上半期を対象とした第22版「セキュリティ インテリジェント レポート」を公開し、その内容のサマリーを発表した。その概要は以下のとおり。

マイクロソフトでは、年に2回「セキュリティ インテリジェント レポート」を発行し、ソフトウェアの脆弱性、エクスプロイト、マルウェア、そしてウェブベースの攻撃を中心とした、世界の脅威の現状に関する詳細なデータと洞察を提供している。今回の最新版では、エンドポイントとクラウドの両面における脅威のデータを分析し、100か国以上の市場のプロファイリングを行なった。また、組織が、脅威に対する保護、検知、対応をより適切に行なうためのベストプラクティスとソリューションについても提供している。

今回のレポートにおける特徴は以下の3点となっている。

1.世界中のさまざまな場所でランサムウェアが、さまざまな影響をもたらしている。

2017年Q1アジア地域におけるマルウェア遭遇率(危険性が最も高い国から低い国順)
1.バングラデシュ 2.パキスタン 3.カンボジア
5.モンゴル 4.インドネシア 6.ミャンマー
7.ベトナム 8.ネパール 9.タイ
10.フィリピン 11.スリランカ 12.中国
13.インド 14.ミャンマー 15.台湾
16.韓国 17.香港 18.シンガポール
19.オーストラリア 20.ニュージーランド 21.日本

アジアの21か国の中で、日本はランサムウェアの遭遇率が最も低くなっている(2017年3月に0.012%)。米国は0.02%で、欧州における遭遇率が世界の中でもとりわけ高率で、以下の国々では世界の平均よりも高くなっており、日本の0.012%という値が世界のどの国と比較しても圧倒的に低いことがここからも分かる。

チェコ共和国(0.17%)、イタリア(0.14%)、ハンガリー(0.14%)、スペイン(0.14%)、ルーマニア(0.13%)、クロアチア(0.13%)、ギリシャ(0.12%)


2.組織がますますクラウドへの移行を進めるにつれて、クラウド上のユーザーおよび企業アカウントに対する、攻撃の頻度と複雑性が高まっている。
・マイクロソフトのクラウド上のユーザーアカウントに対する攻撃は300%増加。
・悪意のあるIPアドレスから試行されたサインインの数は44%増加。
※いずれも前年同期比(2016年第1四半期から2017年第1四半期)

3.Microsoft Azure などのクラウドサービスが、仮想マシンなどのサービスを悪用しようとする攻撃者の定常的なターゲットとなり、このような攻撃が世界中で起きている。
 

関連リンク

セキュリティ インテリジェント レポート





こんな記事もよく読まれています




コメントを残す